ボージョレーヌーボー2009

a0060003_945469.jpg
一昨日はボージョレーヌーボー解禁の夜、ちょうどシックなサン・シュルピス界隈に出る用事もあったので、その後付近のカフェでボージョレーヌーボー一本とハム、パテ、チーズのカナペのセットを賞味。
a0060003_962452.jpg

そこのカフェ、解禁日だというので普段ギャルソンをやってる方が、この晩だけ特別マジシャンに変身して各テーブルで魔術を披露してくれた。
最初にカードを一枚見せて、その後切ったり混ぜたりしてから4枚のカードをランダムに選び、そのうちの一枚が必ず最初のカード…というもの。イヤー、間近で見たけど全然タネがわからんかった!
a0060003_953324.gif


その後サン・シュルピス教会を辺りをプラプラ歩いたら、針金製の素敵な彫刻を発見。
大体公共の場の彫刻ってアカデミックすぎたり、または変にコンテンポラリー狙ってたりであんまり良くないけど、これはとっても可愛かった。特にイソップ物語の狐は思わず頭なぜなぜしちゃったぜ!
a0060003_971443.jpg

[PR]
Commented by Yai at 2009-11-25 00:16 x
自然のめぐみの、食卓ですね。
味も香りも、こっちに届いて来そうです。
今年のボージョレヌーボーの出来はどうなのだろうか?
しかし、マジックを披露してくれるなんて、粋ですね。
そういうサービスを、紳士に淑女に受け入れる空気にも、憧れます^^
Commented by 管理人スギタ at 2009-11-25 06:22 x
ハイ、カフェでゆっくりワイン一本とつまみ…という事は普段あんまりやらないんだけど、(いつもは一杯引っ掛ける程度)この日は特別。

味的にはいつも行く酒屋さんの方が美味しかったかな?
そこは必ずフローラルで女性的な味のを於いてるのです。
でも、ま、カナペとはいえ人が作って持って来てくれるものは美味しい〜。

マジシャン、各テーブルを回って人気者でした。
Commented by YK at 2009-11-26 15:55 x
杉田さ〜〜〜ん!おじゃましてます〜!マジシャンの画像が変化するの楽しいですねえ〜!ボジョレとアペタイザーで乾杯ですか〜!いいな〜。フランス人は、本当に時間を楽しんで過ごしてるって感じで、こっちの忙しない時間の過ごし方とは人生の楽しみ方が違うもんね〜。

で、マジシャンが活躍する事で、チップがいただけるとかあるのですか?ってゆうか、そちらのチップ事情はどんな感じですか?あたしは、こちらでは、20%のチップをあげるようにしています。
Commented by 管理人スギタ at 2009-11-27 08:48 x
おーYKさん、お仕事、一段落しはったん?
フランスに来たばかりのフランス人ののんびりさに呆れたんやけど今では自分ものんびりしてます〜 

映画なんかで見ると米国ではチップの習慣はかなり厳密みたいやけど、
こっちはアバウト。%いうより、人によってすごくちがいますよー。
私なら軽いお食事で2−3ユーロくらい、ちゃんとしたお食事なら5-10ユーロくらいかな?まー、ギャルソンの態度しだい、ってのもあるねー。
全体的にはここ20年でどんどんあげへん傾向になってるようやねー。せちがらくなったかも。
Commented by Yai at 2009-11-28 23:40 x
>ちゃんとしたお食事なら5-10ユーロくらい

それ、すごい額ですね。しかも倍もちがってくるなんて。

ギャルソンは、のんびりしてられへんの、違います?
Commented by 管理人スギタ at 2009-11-30 03:33 x
へへ、ちゃんとした食事って年に1−2回かな?
そういうところはギャルソンもキビキビ働くので気分良いです。
20%というのはフランスだったら破格のチップやと思うけど、フランスの従業員は最低賃金法やら社会保障などで保護されてるから、その辺りの違いかも?? (あくまで想像)
Commented by YK at 2009-11-30 12:46 x
へえ〜。そっちはどんどんあげへん傾向ですか〜。こっちは、ここんとこの不景気でもらえたら有り難いって思ってるかなあ?きっと思ってないかも。もらうのが当たり前だもんね。タクシーもヘアーデザイナーも、チップが必要だもん。でも、サービス業は、やっぱりナイスできちんと笑顔でキビキビ働いてもらわないとかなんよね〜。でも、確かにフランスの従業員は、守られてるかも。外食の値段がNYに比べてきっと割高だよね〜。もちろん、NYも、高級なところは、とんでもない値段ですけど、NYでは、安く美味しくがかなうものね〜。
Commented by オーロラ at 2009-12-01 09:49 x
写真を見てるだけで、ボージョレーをいただいた気分になっちゃいますねぇ。それにしても、ワインボトルとグラスを手にしたお方の、幸せそうなお顔…
いいですね!
Commented by 管理人スギタ at 2009-12-01 10:15 x
YKさん
そうそう、フランスの外食は割高っす。せこいサンドイッチが500円くらいするのはかなわんわぁ。「日本だったらコンビニで500円分買ったら大ご馳走になるのに。。」などと思うセコイ主婦な私どすー。NYだったら東京同様安くて美味しいところがあるんやろね?
しかしアメリカのサービス業の方は大変やね〜。逆に言えば笑顔でキビキビ働かん人にはチップもあげなくてかまわんのん?

オーロラさん
やっぱ二人で一本は多過ぎでした。。
来年はグラスワインでおつまみ多め、にしようと思いました〜。
Commented by YK at 2009-12-02 15:46 x
>>>逆に言えば笑顔でキビキビ働かん人にはチップもあげなくてかまわんのん?

かまわんくないよ〜ここはチップ制の社会やから。でも、あきらかにサービスが悪いと思ったら、10%に減らすよ。で、そこで、そのウエイターが学習するかどうかは、本人次第。そういう場所にはこっちも2度と足を運ばないし。でも、アメリカらしいのは、たまにニュースになるけど、たかが、10ドルぐらいの食事にチップに1000ドルぐらい弾む人もいるんよ〜。でも、これはアメリカの文化の象徴かも。やっぱり、ここは、(人種が混ざってる分)お互いにナイスである事が大切だし、感謝の気持ちを形で伝えることをよしとする文化なんかも。
Commented by Yai at 2009-12-02 23:33 x
ハンブルグで、タクの運ちゃんに、行き先告げたら、近すぎて舌打ちされたんで、「ごめんなさいねぇ。荷物重いから」って、説明して、降りるとき、手伝ってくれたけど、「重ぉーーーーーっ!ちっ!」って、また、言われたんで、チップ、どケチった。

京都駅のタクシー乗り場に研修に来てほしい思った。
チップもらわんでも、キビキビやってくれるもん。

10ドルの食事に10000ドルのチップ、よーわかる。
心を満たしてくれて、ありがとーーーーって感じかな。
日本のラーメン屋でも、お好み焼きやでも、訪れた有名人がしそうなことやねー。
あらっ!そーいや、YKちゃん!ここではお初^^。
Commented by 管理人スギタ at 2009-12-03 05:33 x
あ、やっぱ、かまわんくないんね〜〜〜?
>10ドルぐらいの食事にチップに1000ドルぐらい
うーん、こうやって市民レベルで貧富の差の是正が行われているのか??!!
逆にアメリカ人でチップに1000ドル置ける社会階層の人が10ドルのお食事処に行かはるんですかー?その辺りはフランスとの違いかも?こっちの富裕層はメトロさえ乗らはりまへんよ〜。

Yaiさん、
へー、私はドイツ人は良い印象しかなかったけどまぁ〜人によるやねー。
Yaiさんのような天女に舌打ちするとは、えー根性してはりますね。
多分、Yaiさんに限らずみんなからチップケチられて損して生きてはるんでしょうね。
Commented by Yai at 2009-12-03 22:19 x
あやっ!0が1個多かった。1000ドルのチップね。かんにん!

お金が余ってる人は、ありがたがってもらえるリアル場所で、ばらまくほうが、身のため世のため?

ハンブルグは、結構な、人種の、るつぼで、アフリカから、北欧から、イギリスからの人でごったがえしてました。
その運ちゃんは、ブラックの人でしたね~。アフリカ系の方っぽかった。
Commented by 管理人スギタ at 2009-12-04 07:03 x
あやや、Yaiさんは大盤振るまいだな〜と思ったら、間違いどしたか。
ハンブルグは人種のるつぼ、って知りませんでした〜。
何にしても、人に良い印象与えなければチップもはずめないし、
で、ますます不機嫌に…と悪循環にはまってはるんでしょうね。
自分も気をつけよう!
by j-suguita | 2009-11-21 09:09 | グルメ | Comments(14)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30