人気ブログランキング |

週末ローマ旅行 2018 水道橋公園へ!

* ローマ水道橋公園の地図と解説PDFダウンロードは、この次の記事に »

9月末は3度目のローマへ!
a0060003_04193457.jpg

週末の激安チケットがあったので、3度目のローマに行って来た!
何度でも行きたいピゼリア・アイマルミさん、前回できなかったナヴォナ広場でのお茶、あーちすとが見るべきパンテオンの内部の再訪…もしたいので、利用することに。

何せ安いチケットなので、2泊とはいえ夕方着いて最終日はお昼の便、という慌ただしさ。(だから安いんだけど)でもまー上記の3箇所だけだから良いか…と思っていたのが甘かった。。

a0060003_04273324.jpgローマは本当に果てしない古代文明の宝庫。インスタグラムを見ていたら、フォローしてる方がアピア街道の更に奥の「水道橋公園」というところの写真を投稿されていた。
ここは古代ローマに造られた11本のローマ水道のうち6本が当公園内を通過しており、さらに16世紀に造られたフェリクス水道を加えれば『7本の水道』が公園内を通過している。wiki「水道橋公園」ギッド・デュ・ルタールにも地球の歩き方イタリア編にも出てなかったので存在さえ知らなかった。(ローマ編にはあり)
この雄大な写真を見たら、行かないという選択はない!ということで、ここもコースに。プライベートメッセージで行き方を伺い丁寧に教えていただいた。

SNSは批判する人もいるけど、ポジティブに使えば、素敵な出会い、思いもかけなかった出会いが見つかる場所だなーと再認識。

15h30発の飛行機なので、うちでゆっくりランチしてから出発。シチリアの時は4h30起きだったので、ゆっくりって良いなー。地中海の上を通り、フィウミチーノ空港に到着!


a0060003_03535588.jpg
前回のようにトラステベーレ地区の宿なので(今回はB&B)やはりテルミニまで行かないで途中のトラステベーレ駅で降りる。30分ほど。赤と緑の券パンチ機がなつかしいーー。

a0060003_03535594.jpg
早速48時間乗り放題券を入手。坂道にあるトラムのトラステベーレ駅もなつかしーー。近いうちまた来よう…と思ったのがすでに2014年のこと。嬉しすぎて、現実と思えない。

今回お世話になったのはB&BのG&G Trastevereさん。前回と同じところにしようとしたら、値上がりしてた ^^;
でも、結果ここの方が3駅だけど中心に近く、さらに便利だった。

いつも思うのだけど、ローマのトラムは混んで揺れるバスよりずっと快適なのに、あまりガイドブックで紹介されていなくて残念。
ローマにはトラムが数本走っている。主に中心の周囲を走るので、観光客にはあまり利用の機会がないが、それでもトラステベーレからチルコマッシモ(カラカラ浴場がある)、コロッセオ、サンジョバンニ門(4大バジリカのひとつ、サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂がある)に行く3番線、トラステベーレから中心のヴェニツイア広場(フォロ・ロマーノ、フォロトライアーノ、少しあるけばコロッセオも)まで行く便利な8番線がある。

トラム、地下鉄、バスを網羅した地図が全然みつからなくて、とりあえず
地下鉄と国鉄の各駅とトラム(駅名はなし、線のみ)の地図は見つけたので早速DL »
トラムのみの地図も »
バスのみの地図。中心地の外も網羅している »
我々は最初に行った時にトラムのファンになり、それで2度目も今回もトラステヴェーレ地区に宿をとった。中心からは少し離れるけど、頻繁にくるトラムのお陰で移動は快適!おまけに前回はなんらかの理由でバス運行だった3番線も、今回は全線トラムに。

a0060003_03535526.jpgトラムに乗ってG&G Trastevereに着くと、ムム、ここは一つの住所で中庭に複数の建物が立っている…そしてG&G Trastevereの表示はない…実にイタリアだー、と思ったが幸い管理人さんがいたので予約証を見せると、なにやら誰かに電話を。ほどなくして、明るく人懐こいアントニオさんが現れる。部屋まで案内してもらい、鍵をもらう。部屋はBooking.comの写真通りきれいで、そして、広い!!今までローマのホテルといえば狭いところばかりで、首都だし仕方がないと思っていたが、これはうれしい驚き。

荷物をおいて、早速恒例のピゼリア、Ai Marmiさんにー。
a0060003_03535505.jpg

ここの、戦前からの食堂…な雰囲気がたまらん!
a0060003_03535624.jpg

席についても、嬉しすぎて、現実と思えない。。
ピザもたまらん!!薄いのにモチモチ感もあり、ここのピザは世界遺産に指定されるべき!!!
いつものようにスープリ(アランチーノ、ご飯のコロッケ)とズッキーニの花のフライを。ピザも前回と同じマリナーら(チーズなし、トマトソースのみの超シンプルピザ)とソーセージとキノコのピザ。
イタリア料理は軽い。おかげで、デザートも頼めた!パンナコッタとチーズケーキ。
a0060003_03535659.jpg

食後は前回のリベンジ、ナヴォナ広場へ!ゆっくり噴水と彫刻を楽しみ、ローマらしい裏道でカッフェを。
a0060003_03535604.jpg

翌日は、ティベリーナ島を歩いて渡る。ローマらしい街角。
a0060003_07060598.jpg

そして、そのまま徒歩でパンテオンへ。
a0060003_04022211.jpg

2回目だけど、てっぺんの開いた天窓にあらためて驚き。
a0060003_04022239.jpg


a0060003_04022349.jpgバルベリーニ駅までの通り道にトレヴィの泉があるので「また来られますように!」とコインを放る。


そして、バルベリーニ駅から15駅目のスバウグスタ駅へ!
a0060003_04022394.jpg

なんと奇跡的に、イタリアなのに地下鉄構内に地上の地図がある!!!
駅近くのパン屋さんでピザを頼む。安くて美味しい!!!
a0060003_04022322.jpg

歩いて10分ほどで水道橋公園へ。クラウディア水道橋がみつけられなかったらどうしよう…などという心配は杞憂であった。この威風堂々とした遺跡、見逃しようが無い。入口から見える古代の土管を超え、ゆっくり歩くと見えて来る。7-8分ほど。
a0060003_04044881.jpg

威風堂々のクラウディア水道橋
a0060003_04193457.jpg

隅から隅まで見たかったが、とても無理なので中心部を鑑賞。
(追記:その後、実は、ほぼ北端まで行っていて、2/3くらいは見たのが判明。。地図をもっていなくて、計画的に訪れられずザンネン。詳しくはローマ 水道橋公園の地図と詳細、公式サイトで発見!に。
a0060003_04022357.jpg
a0060003_04022318.jpg

16世紀に作られたフェリクス水道橋も。
a0060003_04022497.jpg


ゆっくり鑑賞した後、地下鉄A線でテルミニ駅手前のサンジョバンニ駅で降りてサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂を鑑賞。私の大好きなモザイクの部分は近づけないようになっていてザンネン。まーこれで4大聖堂の3聖堂は訪れたことに。
a0060003_04073626.jpg

サンジョバンニ門は、街の中に古代の門が見事に溶け込んでいて、好きなローマスポットのひとつ。
a0060003_04073685.jpg

そのまま、ガイドブックで目をつけたピゼリアに向かうも、トラステヴェーレは迷路のようなところ…ガイドブックの小さな地図では到底たどり着けなかった…。が、怪我の功名、あ〜ちすとがすごく良いハム、チーズ、ワインの食品店Alimentari F.lli Longhiを発見、ここでローマ土産を買う。そして、斜め前に地球の歩き方おすすめのオステリアIvo a Trastevereがあったので、食品店のおじちゃんに「あそこ美味しいですか?」と聞いたら「Si !」と強くうなづくので行くことに。

a0060003_07502230.jpgタコをミンチにしたスパゲティときのこスパゲティ、ソースはもちろん、パスタ(手作り?またはすごく良い業者から仕入れてる?)が美味しすぎ。


ゆっくりホテル方面に戻り、カフェを探すも、イタリアの数少ない欠点でパリに比べたらカフェが少なく、なかなか見つからない。幸いワインバー(エノテカ)でコーヒーも出すところがあったので、そこで食後のカッフェを。あ〜ちすとは食後酒のグラッパ。とても良い雰囲気で、もう一泊あったらゆっくりワインを楽しみたいところ。
a0060003_07502315.jpg


帰る朝、フォロ・ロマーノもコロッセオも見てないのはあまりにもザンネンなので、トラムで5駅のヴェネツィア広場に。橋を渡る時のティベリーナ島、いつ見てもナイス。
a0060003_04073611.jpg

カンピドーリョ広場まで長い階段をのぼり、フォロ・ロマーノと遠くに見えるコロッセオを鑑賞!
a0060003_04073764.jpg


a0060003_04073762.jpgローマの起源の狼兄弟の彫刻も健在。



ついでにヴィットリオ・エマヌエーレ二世記念堂の階段も登りサン・ピエトロ寺院の屋根だけ鑑賞!!
a0060003_04073747.jpg


トラムに乗って国鉄トラステベーレ駅まで。途中、橋を渡るときもサン・ピエトロ寺院の屋根が見える。そして空港行きの列車に。
a0060003_04073703.jpg

空港でランブルスコとキャンティレゼルバクラシコを買って帰宅。
(パスタとオリーブ・オイルを買い忘れた…)
あ〜ちすとが見つけたグワンチャーレ(ローマの脂肪分の多いベーコン)でアマトリチャーナを作りランブルスコでいただく。簡単で、我ながら美味しかった!つまみはもちろんローマのサラミ。
そして、イタリア風揚げ夏野菜。卵を使わないタイプ。半カップの小麦粉と半カップのビール(!)におろしチーズとハーブを混ぜて、ジャンボナス一個とズッキーニ2本にぴったりの量だった。天ぷらよりカリっとするし、小麦粉だけで揚げるより衣の付きが良くてナイス!
a0060003_04073712.jpg

前回も2泊だったが、朝出て夕方戻って来たので、同じ2泊でも滞在時間がかなり違う…
やはり、激安とはいえ夕方着、昼発はちょっと忙しすぎ。少しくらい予算追加しても、次回はもう少しゆっくりと行こう…と決めたのであった。
そして次回は、たどり着けなかったDar Poetaさんで評判のポテトとベーコンのピザが食べたい。
トレステヴェーレの地図はグーグルマップで拡大して印刷して持って行くのもマスト!

ところで、帰ってから水道橋公園のことを改めてググったら、色々と気になり、夜も眠れなくなり(笑)検索のドツボにはまることに。
苦労自慢は「ローマ 水道橋公園の地図と詳細、公式サイトで発見!»」にダラダラ書きましたー。




Commented by mo8_a29 at 2018-10-19 23:18
codyさんにしては駆け足な旅だったね!
それにしても、いつもイタリア紀行は楽しみ!とてもいい写真だし 水道橋公園って凄い!水道橋がいくつも交差していて…なんて知らなかったし…そんなにローマの昔の人は建築土木技術持っていて。それはローマン・コンクリートを使っていたのかな?土管もローマン・コンクリートなんだろーか?
すごいな。
イタリア 凄い!!!
Commented by j-suguita at 2018-10-20 08:53
> mo8_a29さん
いやー、今回は特に長くなってしまった!おつきあいありがとう。
しかし、7つ目の水道橋の疑問がクリアになって良かった!!
で、水道橋もローマンコンクリートのようだよ、wikipediaによると。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88#%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%AA%E3%83%B3
鉄筋が入っていないから、鉄の腐食がなく2000年も持つんだねー。
イタリア 凄い!!!
by j-suguita | 2018-10-17 04:06 | プチ旅行 | Comments(2)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31