人気ブログランキング |

2018年、夏の想ひ出 8月+9月初め編

8月の想ひ出
8月は恒例の近場、ノルマンディーのトゥルーヴィルに。
a0060003_23311477.jpg
やはりお約束の海産物の正味、と小舟でトゥルーヴィル からドーヴィルへ移動。
a0060003_23311483.jpg
ビーチは、今年は何となく恒例のドーヴィルではなくトゥルーヴィルに行ったが、なんだか狭い感じ。地図で見ると同じくらいなのだが。
教訓 → 海産物はトゥルーヴィル、ビーチはドーヴィル!


今年はジャポニスム2018の年で、あちらこちらで展覧会が開催されているが、そのうちの「深み Fukami」展に。ロスチャイルド館と聞いたことのない場所だったが、何と何度も前を通り「やけに塀が高いなー」と思っていた場所だった。塀の横から誰でも入れる広い庭があり、今まで知らなくて損していた。会場もゴージャス!
ほとんどの作品が撮影禁止であった。ごく一部のみOK。
a0060003_23311501.jpg


9月上旬の想ひ出
昨年のMさんに触発されてエトルタに!
天気予報がピカピカ晴天を知らせるので、前日に思いついて強行。
パリからバスで3時間半(往復7時間!)滞在時間は4時間半であったが、思ったよりも距離が短くて、両方の崖を登ることが出来た。

バスで行ったのだけど、パリからエトルタまで直通なので便利だった。お約束のおにぎり。
近代ビルの並ぶデファンスからどんどん田舎へ。美しい古港で有名なオンフルールも通り、ちらっと見られて得した気分!
ノルマンディー大橋を初めて渡る〜
a0060003_23311446.jpg
バス停に着いて海方向に歩くと、10分ほどでアヴァル 崖とアモン崖が左右にある海岸に出る。
a0060003_23311464.jpg
Mさんに伺っておいて良かったが、向かって左のアヴァル崖 は海岸線がジグザグなので、アヴァル崖からも有名な奇岩が近くから見られる。これもMさんからの情報で、上りは海沿いでなく丘側の田舎道だとまったりして、坂道も海側よりずっとなだらかで、楽に登れた。
a0060003_23311512.jpg
奥深いところまで散歩が楽しめる。晴天の日曜日とあって、結構離れたところまで、なかなかの人出だった。
a0060003_23311447.jpg
ゆっくりと見た後、 思ったよりも時間が余り、アモン崖の方も駆け足で登ることが出来た。
アヴァル崖とアモン崖は思っていたよりずっと近く、1キロほど。
やはり両方見てこそのエトルタじゃ!家族の者はアモン崖の方は下で待っていたが。。アモン崖から観るアヴァルの奇岩。
a0060003_23390588.jpg

帰りに買ったカマンベールも地元のシードルも美味しかった!!
翌日は筋肉痛だったがMさんによるとお約束だそう。。
何にしても良い情報を沢山くださったMさんに感謝!


Commented by mo8_a29 at 2018-09-10 11:14
この夏も 充実した旅で良かったね!
特に最後の旅はいいな~
バスで3時間半かける価値あるねぇ~ WIKIでみたんだけど何やらモネだとかクールベだとかが描いた海岸のようで美しいね!空と海との青さが同じくらいだって本当?? ハイキングが楽しげな道があるようで・・・日本だったら あそこまで自然に残っていない自然。ダイナミックな場所は、危ないからってすぐ柵を作るから__のんびりした気持ちにはならないよ。
お仕事の合間だったろうから・・・ますます素晴らしいわ~~
Commented by j-suguita at 2018-09-10 17:15
おぉMoグさん、ありがとう!
バスも広々で、一番前の運転手横の席がとれたので、景色も十分堪能しましたー。
空の方は完全な青、海はややターコイズよりで濃いかなぁ?
> 危ないからってすぐ柵を作る
そうそう、やはりここは自己責任の大人の国だから。
なお、半年の産休代理の仕事は先週終わって、いまノンビリしてるところー。
by j-suguita | 2018-09-10 04:42 | 想ひ出 | Comments(2)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31