王立美術館 at ブリュッセル

ベルギー王立美術館へ。
この日はボシュとの目からウロコの出会いがあった。画集でしか知らなく「元祖オタクやん…」と思っていた私は若かった。実物は全然違うぜ !!!!!!!!
16世紀のものとは思えないモダンな美しさ。 写真だとグロテスクに見える怪奇な生物達もユーモラスでチャーミング。よく「人間の負の部分を描いた…」と評されるが、彼は「人」というしょーもない生き物を欠点も含めて面白がってたのではないか? 細部まで魅入っているうちにすごく時間が経ってしまった。
ここのサイトで作品写真が見られる =>

同様にあまり興味が無かったルーベンスの明るさ・大らかさにも感銘。なにしろ作品がでっかい ! 天井が超高い展示室に巨大作品群があっけらかんと展示されてるのが圧巻。パリより北にあるせいか、美術館全体いたるところに天窓があって採光が確保されているのも気持ちよい。
a0060003_2511314.jpg

ミュージアムカフェもガラス張りで明るく、料理もセルフサービスにしてはレベル高し。ベルギー名物の牛のビール煮「カルボンヌ(カルボナード)」を賞味。
a0060003_2513537.jpg

[PR]
Commented at 2010-05-19 08:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Neuyai at 2010-05-19 23:02 x
>実物は全然違うぜ !!!!!!!!
いいですねー。名作のパワーを、ダイレクトに浴びれたれたなんて!!

私も、旅したら、必ず美術館や博物館のホンマもんには、会いに行きます~!何故か、その前に立った記憶は、バッチリ残っています。他のことは忘れるけど。

ボシュって知りませんでした。でも、あはは、もろ聖アントニウスを、使って、人間あざ笑われてると、私も見ました~。
それにしても、すごい霊力的才能。

カフェも素敵ですね。椅子も座ってみたい感じ^^
Commented by j-suguita at 2010-05-20 03:52
xコメントさま、
そうでしょう〜、ブリューゲルもあったけど、ボシュの前にはかすんでしまったよ。(もっとも代表作はなかったので、”雪中の狩人”などの実物観たらまた意見変わるかも)
スペイン王のフェリペ2世がボスの絵の愛好者で、プラド美術館に沢山あるらしい。ゆっくり観てみたいね〜。
Commented by j-suguita at 2010-05-20 03:57
Neuyai さま
旅の機会の多い Neuyai さまも、実物に接して画集と全然違う印象だった経験があるのでは? 
うん、ボシュこれが16世紀初頭とは思えないよね〜。逆にクワさんはこれ観て「人間の想像力に世代はない」と思ったそうな。
しかしキリスト教の知識が下地にある方々は、パッと状況が把握出来て良いどすね〜。私は当初アントニウスって聖人なのに誘惑してけしからん、と思ったけど、ググったら「聖アントニウスへの誘惑、誘惑される聖アントニウス」という事なのどすね。
Commented by Neuyai at 2010-05-21 01:40 x
>実物に接して画集と全然違う印象だった経験
もちろん、ここベルギー王立美術館もそうですけど、絵が飾られてる空間が、またすばらしーーーーー!!
しかも、何ですか?真っ赤な壁に、ルーベンスって!!
すごく合ってるし。
Commented by 管理人スギタ at 2010-05-21 06:58 x
>空間が、またすばらしーー
そ、そうやねん! 特に感じるのはコンテンポラリー美術館。あーゆうとこは空間も作品のうちやし〜。日本の百貨店で所狭しと展示されてたヨーゼフボイスは「こんなもんかいな?」って感じだったけど、バーゼルで観たボイスは崇高だった。
Commented by Neuyai at 2010-05-22 00:04 x
日本の百貨店は、お買い物ついでに、買うてぇーーーっ!みたいな作品を展示するくらいにせな・・・。論外ですわん。

間と空間は、日本人こそ、わかってるはずやのに・・。残念。

私は、オスロで見た、ムンクには、しばらく、いや、今でも、うなされます。
Commented by 管理人スギタ at 2010-05-22 07:33 x
Neuyaiさん、オスロも行かはったんですか?
イヤー、うなされそうどすね〜〜〜。ムンクは幼い頃家族があいついで亡くなり、自身も病弱で死の影に脅かされながら成長しはったのね。
改めてググってみたら、パリに留学してゴッホに影響を受けたんやね。
Commented by Neuyai at 2010-05-23 11:21 x
おぉっ!もう次の楽しいエントリーが立ち上がってるっ!!その前に~・・はい、オスロ行ったんです。その時、風邪をこじらせ、えらいことになって、国立病院に担ぎ込まれたんですよ。私まで病弱やったもんで、余計に、美術館で出会ったほんものムンクには、ド肝を抜かれました。今から思えば、本物の前で、超濃い体験を出来たと、感慨新た^^本物は、良いです。うん!
Commented by 管理人スギタ at 2010-05-23 18:22 x
へ〜それは結構重症だったんやね。ずいぶん寒そうやから風邪もひくよね。国立病院のある大都市で良かったね〜。

でもまー、確かにムンク鑑賞には絶好の体調だったかも?
by j-suguita | 2010-05-19 02:53 | アート | Comments(10)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31