最近の・・・dernierement・・・

タグ:ヴェネツィア ( 6 ) タグの人気記事

イタリア旅行 - ヴェネツィアからラヴェンナへ:乗換駅で走った !!

a0060003_1414556.jpg楽しかったヴェネツィアも最終日がやってきた。午前中ペギーグッゲンハイム美術館とピノのプンタ・デラ・ドッガーナ現代美術館に。
この辺りはヴェニスの南岸の先端で海がグルっと見渡せる高級住宅地ぽい地区。キレイでゴミひとつ落ちていなく、犬の散歩のスィニューラも革靴でバッチリお洒落。

a0060003_1421481.jpgグッゲンハイム美術館はペギー・グッゲンハイムさんのコレクションを展示したもの。彼女はヴェネツィアの街がいたく気に入り死ぬまでここで過ごしたのだそう。そういえば前日の海洋史博物館に彼女の威厳あるプライベート・ゴンドラが展示されてたっけ。ここの美術館は庭以外撮影禁止なので、中の様子はサイトで »



プンタ・デッラ・ドッガーナ美術館は、まさに南岸の先端に!
素晴らしい見晴らしなので、皆「カエルを持った少年」の前で記念撮影してる。
a0060003_1424122.jpg

入り口は裏側
a0060003_143842.jpg

ここの美術館も撮影禁止なので、中の様子はサイトで »

a0060003_1435229.jpg最後にホテルの近所の安くて美味しいピザを。
ここのは本当に美味しかった…。で、一枚2.5ユーロから! 紙のように薄くさっくり感ともちもち感が同居した不思議な食感。写真はチョリソとポテトのピザ。
同僚のイタリア人に「ヴェネツィアで安くて美味しいピザ屋を見つけた」と言ったら、「え?ヴェネツィアで?!運が良かったね」と驚かれた。



a0060003_1443775.jpg初日のハラハラもあったので、かなり早めに駅に着く(結局ハラハラしたのだが。。。)。
外国の駅の売店っていつも楽しい。


私達が乗ったローカル線。中はローカル線とはいえなかなかキレイ、車輛によっては冷房も入ってた。
a0060003_1445851.jpg


なんだか時間になっても発車しない。アナウンスもない。。
ま〜ここはイタリア、バカンス中だし些細な事は気にすまい…と思ってたら12分ほど遅れていきなり動き出す。で…車窓に目をやると…
a0060003_1452075.jpg

こ、この右端のホームって、映画「旅情」でK・ヘップバーンとR・ブラッティが別れたとこじゃない!!??(ラスト5分から)

ここでまた「ラーラーラララーララー♪」とテーマ曲が頭をよぎるのであった。しかし、演技上手いなぁ、K・ヘップバーン。
…恋人との永遠の別れの見送りに遅れてくるイタリア人男に、30分後の自分のプチ・トラブルを予知する先見性は私にはないのであった。。。

さようならヴェネツィア、またいつか!!!
a0060003_1455643.jpg


…と、感慨にひたって15分後くらい、いきなり線路上で止まり10分ほど動かない。その間、アナウンスはなし。乗り換えはエステ家の統治のもとフィレンツェと並び栄えた世界遺産の街、フェッラーラ。乗り換え時間が45分あるのでチラっと見学しようかと思ってたが。。。ちょっと微妙か、と思い始める。

その後動き出したけど今度はパドーヴァという駅で止まりっぱなし。。。イタリア語のみのアナウンスがあったら、ヤング達がブーイングとヤケクソっぽい拍手を! 前に座っていたアンジェリナ・ジョリー似の美女に英語で事情を聞くと「この列車はトラブルが生じ、いつ再出発するかわからない」との事。

降り始める人達もいたけど、ちょっと待っていたら再び放送。美女が「45分以上の遅れよ」と言って、スーツケースをもって降りるので、我々も下車。(今にして思うと、イタリア人の外国語の出来なさ加減を思うと、前の美女が英語を話せたのはすんごいラッキーな事だった)

で、乗客たちが車掌を囲んで言い寄っていたが、あ〜ちすとが「ボローニャ Bologna」「セッテ(7)」という単語を聞き取る(仏語ではセット)。七番線まで必死で走り、ボローニャ行きに乗車。で…乗換駅のフェラーラに着いたのは、ラヴェンナ行きが出る5分前。。結構大きい駅なので、微妙〜と思ったがなんと降りたら目の前ホームにラヴェンナ行きが!!安堵して座ってたらイタリア人がパニック状態で「これラヴェンナ行きですか!?」聞いて来た。現地人もパニクってたんだなぁ。

ふーパニクって走ったけど、これでひと安心、あとは各駅停車で終点までゆっくり〜。
途中のまったりした駅は総武線「松尾」駅を思い出させた。
a0060003_2493857.jpg


で、ラヴェンナ到着!!! 
10年来の夢だった町、「RAVENNA」と書かれた駅名パネルを見た時の気持ちと言ったら。。。
a0060003_1464930.jpg

[PR]
by j-suguita | 2011-10-10 02:35 | イタリア旅行 2011 | Comments(6)

イタリア旅行 - ヴェネツィア編:そぞろ歩きの日、意外な出会い、最後の夜

ヴエネツィアも4日目、クラシックな名所はとりあえず行ったので、グッゲンハイム美術館、前々日に道に迷い行けなかったピノの現代美術館プンタ・デラ・ドガーナ(安藤忠雄が改修を手がけた)で鑑賞…と思ったら…

えっ!!!!2館ともこの日が休館日!!!!

初歩的なミス。。。

でもまー、初日から飛ばしてるので、この日はゆっくりそぞろ歩きしよう、という事に。
とりあえず遠目にしか見てなかったサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂を近くから拝む。
a0060003_445654.jpg


その後、ガイドブックに載っていたヴィットリオ・コンスタンティーニさんのスゴく綺麗な魚のガラス細工に心惹かれたので、お店を訪問しようという事に。ヴァポレットに乗って、今度はリアルト橋を水上から〜。
a0060003_4453247.jpg


a0060003_4455549.jpgきっと瀟酒な界隈なんだろうなーと思ったら…なんだか洗濯物とか干してあって、お店も人も庶民的な雰囲気。トラトリアやパン屋さんなど安くて美味しそうなところが並ぶ。ヴェネツィアとは思えない空気。

で、なんだか職人のアトリエが並び仲御徒町みたいなカンジになってきた。こういう道を抜けてシックな界隈に行くのかと思いきや、なんとゴチャゴチャのウィンドウの1つに日本語の「ヴィットリオ・コンスタンティーニ、ガラス作品展」というポスターが貼ってあるではないか!!! 



入ってみると、誠実そうなおじさんがコツコツと作品作りをしている。言い出した私より、あ〜ちすとの方が作品の完成度に大感激。リアルな、それでいて夢のあるヒラメを購入。あ〜ちすが「自分も工芸作家です」と名乗るとヴィットリオさんが色々と解説してくれる。特に、制作中のムール貝の中にオレンジの身が入っていた時は、その職人魂に驚き…。ヴィットリオ・コンスタンティーニさんはイタリア語しか話さないが、コミュニケーションって心じゃのぉーと再認識。
a0060003_6122059.jpg

ガラス作家ヴィットリオ・コンスタンティーニ Vittorio Constantini
www.vittoriocostantini.com

その後もそぞろ歩きを楽しむ。そういや、翌日はラヴェンナに移動する日、先に乗車券買っとくか、ということでヴァポレットで国鉄サンタルチア駅まで。こんなに馴染んだヴェネツィア、明日離れるのかーと思うとちょっと淋しい気持ち。
a0060003_447665.jpg


Trenitailaのホムペで時刻表はチェキ、プリントもしてあったけど午前発の分だけだったので、14h頃のラヴェンナ行があるかを聞く。すると2人で24ユーロの席を勧めてくる。事前のチェックでは60〜70ユーロだったのでヤケに安いな、と思ったらヴェネツィア - フェラーラ Ferrara 間が特急ではなくローカルの急行だった。そういえば特急だとボローニャ Bologna 乗り換えだったような?
でも30分位しか変わらないし(ボローニャからでも、フェッラーラからでも、乗り換え後はラヴェンナまで各駅停車のローカル線なので)安いのにこした事ない…と即決。それが為に翌日パニックで走る事になるとも知らず、、、(汗;
a0060003_5452864.jpg


いよいよヴェネツィア最後の夜、さすがピザやフォカッチャではなくトラットリアに行こう、という事で宿のシニューラに評判の良い店を教えてもらい、久しぶりにハイヒールを履いてお出かけ。こんな素敵な橋沿いのお店で、ヴェネツィア名物のイカ墨料理を堪能するので、あ〜ちすともご満悦。
a0060003_4473097.jpg


顔がひきつってるのは、飲み過ぎたからではなく、お歯黒で口が開けられないから、、、(汗;
チーズのニョッキ、海産物のフライ、イカ墨のスパゲティ、イカの墨煮、すべて美味。パンナコッタはちょっとゆるめでプルルンとしてる。
a0060003_4475262.jpg
Osteria Dona Onesta



ヴェネツィア最後の夜のお散歩。ちょっとセンチな気分に。
a0060003_4481896.jpg

「イタリア4つの町でどこが一番良かった?」と聞かれるけど。それぞれ全然違ってて、まるで4つの国に行ったみたいで答えられんのだが、夜のお散歩が楽しい…という点ではヴェネツィアが1番!
[PR]
by j-suguita | 2011-10-09 04:43 | イタリア旅行 2011 | Comments(4)

イタリア旅行 - ヴェネツィア編:ムラノ島

ドュッカーレ宮殿見学の次はヴェネチアン・グラスで有名なムラノへ。

私は旅行関連のwebサイトの仕事をしてるのだが、いつもヴェニスの写真を買うとき「なんでみんな、こんなん海の色をターコイズに色調処理するの?」と思ってた。

が…しかし…

本当にこんな色なんです!!!!
いやーまいった。普段自分が仕事で使ってた写真の現場を訪れるのは不思議なカンジ。
しっかし、どこから撮っても絵になる場所じゃのぉ。
a0060003_2194829.jpg


この日は降ったり止んだり照ったりで、空と海の色が何ともいえないドラマチックさ。
a0060003_220833.jpg


この時は日も射したのでクルージング気分!
a0060003_2203590.jpg


向こうに山脈が。イタリアって山深いんだなぁ、とあらためて。
a0060003_2205722.jpg


ムラノ島はガラス工芸店が軒並み並ぶパステルカラーの建物が低いので、開放感ある可愛い島。
a0060003_2214275.jpg


a0060003_2221477.jpg島のカフェでヴェネツィア風クッキーを。日本の泉屋みたいな味。チョコチップと、オレンジピールチップが入っていてさっぱりと美味しい。


a0060003_2224325.jpg…で…分不相応な旅行なのだから、買い物は絶対ナシ!と決意していた私であったが…。あまりにも可愛いお皿達にひと目惚れ、つい自分へのプレゼントということに、、、、(汗;


行きは直行の5番線だったが最後の便にギリギリ間に合わなかったので、各駅停船の42番に乗ったら…いやー混むこと、混むこと!
20分くらい余計にかかり、ちょっと疲れた。やはり遊びの人は早めに切り上げんといかんなーと痛感。
a0060003_223490.jpg


a0060003_223281.jpgヴェネツィアの空と海の色は本当に特殊で筆舌に尽くしがたい。
英国人画家ターナーはこの色に魅せられこの地で沢山の水彩画作品を残した、とはあ〜ちすとの解説。


a0060003_223542.jpgやっと着いた〜。向こうにサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂のシルエットが美しく。


ゴンドラのお兄さん達、今日もお疲れさま。
a0060003_2241816.jpg

[PR]
by j-suguita | 2011-10-09 02:42 | イタリア旅行 2011 | Comments(2)

イタリア旅行 - ヴェネツィア編:ヴァポレットに乗って。海洋史博物館、ドュカーレ宮殿

a0060003_18222070.jpgヴエネツィアも3日目、迷ったおかげで徒歩の散策はさんざんしたし、ヴァポレット(水上バス)での移動開始!
幸いホテルはヴァポレットの停泊所「サン・トーマ」のすぐそば。真横の路地を進んで運河方面に。

ところで、前日はタンクトップで「暑ーーーっ!!」と叫んでいたのに、この日は起きたら小雨で寒っ!
長袖Tシャツに薄手セーター、革ジャンで丁度良かった。やはり海側なので天候変わり易いんだなぁ。


停泊所近くには”Vaporetto”と案内が出ている。よーく停泊駅と(急行船、各駅停船があるので)方向と船の番号を確かめて乗るんだけど…何度か間違った。やはり久々の海外旅行で浮き足だってた?
a0060003_18225833.jpg


この自動販売機…カードが使えなかったり、現金が使えなかったり、両方ダメだったり…。大きな声でいえないが、やむを得ずキセル乗船したことも、、、(汗; 
お得な乗船券を(半日券、1日券、3日券、etc...)上手に利用するのがベストなんだけど、買った時間からのカウントなので、あらかじめ観光計画たてておかないと。
a0060003_1823142.jpg


観光客&地元の人の乗る楽しい水上バス。ゴンドラとすれ違ったり(そういや、ゆっくりゴンドラに乗る時間は無かった。。ちなみに料金は一隻につき40分で80ユーロ。どっちにしても微妙な金額だー。)
a0060003_18233561.jpg


まず、海洋史博物館へ。海洋王国の栄華を偲ばせる広大な博物館。ここはほとんど並ばず入れた。
a0060003_18235758.jpg


その後、荘厳で豪奢なドュッカーレ宮殿へ!ここも長蛇の列だったけど、窓口がどこもテキパキしててスムーズに進んだ。
a0060003_1824231.jpg


a0060003_18244945.jpg有名な溜息箸って…恋人同士の逢瀬の場かと思ってたら、全然違うのね。。。終身犯が牢獄に入る前に通り浮き世の見納めをした橋だったとは。。

a0060003_18251479.jpg博物館では拷問道具、噂には聞いていたけど始めて見る貞操帯も展示されていて、、、「人権」とか甘っちょろい事を言ってなかった時代の恐ろしさに目眩が〜〜〜。

ここって案外「業」の深い場所なんだなぁ。


そして白眉、大評議の間。奥のティントレットの作品は世界最大の油絵なんだそうな。ちなみにこれと同じスタイルの1/4くらいの広さの評議の間があり、そっちの方が凝縮されてて更に良かった。
a0060003_18253239.jpg


a0060003_18254955.jpg博物館カフェは当時のまま(または当時風?)でえ〜カンジ。アスパラのリゾットもペンネアラビアータも美味で、ウェイターさんも感じ良く、お菓子はバター控えめサクサクで満足! 
ちなみにトイレはみんな1階で行列してたけど、2階の階段脇にずっと空いてるのがあった。おそうじのシニョーラが列を交通整理してくれてたので、ここもスムーズ。

[PR]
by j-suguita | 2011-10-08 18:52 | イタリア旅行 2011 | Comments(4)

イタリア旅行 - ヴェネツィア編:サンマルコ寺院・アカデミア美術館、迷ってお散歩。

a0060003_5432088.jpgヴェネツィア2日目。水上バス、ヴァポレットにも乗ってみたいけど、ともかく歩いて楽しい街なので、まずは徒歩でサンマルコ寺院に向かう。

ホテル周辺は庶民的でまた良かったのだけど、リアルト橋までの道はセンス良いブティック、綺麗なチョコレート屋さん等が並ぶ気分良い界隈。


アンチックなデザインの公衆電話もナイス。激写するあ〜ちすと
a0060003_704456.jpg

a0060003_544254.jpg途中で、浅草寺の境内みたいな喧噪に出会ったので、なんじゃ?と思ったらここがリアルト橋!!


橋から見た運河
a0060003_659210.jpg

ゆっくり歩いて40分ほどでサンマルコ広場へ到着。華麗で豪華で…海に面してるので何とも言えない開放感。思わず「旅情」のテーマが♪ラーラーラララーララー♪と頭をよぎる。
a0060003_659443.jpg
a0060003_731374.jpg

サンマルコ寺院は長蛇の列、入場まで一苦労〜。
やっと番がきて、タンクトップ姿の私が入ろうとすると、1ユーロ払え、と係のおっさんが。「なんじゃ?」と思ったら、ミニスカ・肩出しは禁止なので1ユーロの簡易スカーフで覆いなさい、という事だった。

中に入り、度肝ぬかれる(今回は度肝抜かれっぱなしだかその第1)。
教会上部全体が金色のモザイクで覆われていたとは!!!
聖堂内は撮影禁止なので、ウィキのCCの写真を転載させてもらいます。
a0060003_54542100.jpg
Creative Commons Attribution-Share Alike 2.5 Generic license.(Author: Ricardo André Frantz)

心が満たされたところで、大運河近くのスタンドでピザ、フォカッチャを買って公園でモグモグ。
この日ヴェネツィアは天候が変わり易く、雲の色、空の色はすごくドラマチック。
a0060003_5461548.jpg

心も胃も満たされたので、ジョルジオーネの「嵐」を鑑賞しにアカデミア美術館に。
若いお母さんが赤ん坊に乳を飲ませいている日常的平和な光景。横にいるのは夫?愛人?または通りすがりの無関係の人?母親は何故か挑戦的に鑑賞者を見据えている…
この不思議な作品は、絵画に「状況の叙述より感覚的魅力」を追求するようになった頃のさきがけ的作品だそうなので、あれこれ解釈するのは野暮なのだろう。でも今のタイミングではどうしても遠くの嵐はFUKUSHIMAにしか見えなかった。。。
a0060003_5465818.jpg

a0060003_5474291.jpgその後欲張ってピノの現代美術館プンタ・デラ・ドガーナに行こうとしたが、迷子になったのでこの日はあきらめ。
現代美術館がある、ってカンジじゃない、生活感漂う町並みになってきて、おかしいな〜と思ったら雨も振って来た。で、地元の高校生がたむろしてるカフェで一休み。カフェのお兄さんに道を聞いたらまったく逆方向だった〜。
カフェの若いご主人、迷った東洋人カップルを気遣ってポテトチップを出してくれておかわりまで勧めてくれた。日本の路地みたいな植木の道も通り却って面白かった。


夜は近所のカフェで海老と夏野菜のスパゲティ(トマトが濃くて美味!)ときのこリゾット、シーフードサラダ、デザートはカタロニア風焼きプリン。2週間もいたら和食が恋しくなるだろうな〜と思ってたがそうならなかったのは時々リゾットを食べたからかも。あ〜ちすともご満悦。
a0060003_5482455.jpg

[PR]
by j-suguita | 2011-10-06 05:48 | イタリア旅行 2011 | Comments(3)

イタリア旅行 - 出発!:ヴェネツィアへ

イタリア旅行まで、まだ2ヶ月…まだ2週間…なんて思ってるうちに、ついに出発当日が!
私は何でも先に先に…が好きな方なのだが…あ〜ちすとは、旅支度がやや遅れ気味、、、(汗;

a0060003_491222.jpgエールフランスの空港バスで行く予定が、こりゃ間に合わん…という事で急遽タクシーに。

土曜なので楽々…と思いきや、ナントこの日は共産党の大集会でパリ市内、環状線とも大渋滞!

幸い運転手が臨機応変に、ラジオの渋滞情報を聞きながら空いてる方面に進んでくれたので、間に合った。いや〜手に汗にぎったなー。





…思えば、今回の旅行、移動は(ほぼ)常に難ありだった。これが、その前哨戦だったのか。。


a0060003_410424.jpg私は旅に出る前にいやというほどガイドブックをチェックするタイプなんだけど、地図でみたヴェネツィア がまったく同じ姿を立体的に表した時はカンドー。まさに魔法の浮き島。


a0060003_4103896.jpg空港は大陸側なので市内に入るには船がロマンチック…というのが定説だけど、船だと1時間20分。バスなら20分。疲れてたのでバスってことに。
AVTO社の空港シャトルバス(乗車券は空港内に売り場がある)で島の入り口、ローマ広場に到着!
なんだかヨーロッパとは思えないほど湿気があって気温も高く、今晩はここで納涼盆踊り大会…と言われても不思議じゃないカンジ。いきなり親近感。



a0060003_23352631.jpgホテルは清潔ながらも古ぼけていて、シャワー付き洗面所は一畳あるかないか。朝食はカサカサのロールパン2個のみ。でも、ヴェネツィアは狭いのにヨーロッパ第2の観光都市なので仕方ないみたい。経営のご家族は誠実で英語も仏語もペラペラだったし。

界隈はナイスだった。街の真ん中で水上バス(ヴァポレット)の発着所もすぐなのだが、観光スポットからはずれてるので土産物屋はなくPC屋さんや消防署があったりして、大学がすぐ側なせいか庶民的なカフェ、安くて美味しいピッツェリアなどがあり住んでる気分に。


a0060003_414239.jpgさっそく荷物を置いて夜のお散歩をしたけど、もうあっちこっちがまるでそのまま舞台美術のようで…
翌日からの観光にグッと胸が膨らむのであった。

[PR]
by j-suguita | 2011-10-06 04:16 | イタリア旅行 2011 | Comments(0)