最近の・・・dernierement・・・

タグ:ローマ ( 8 ) タグの人気記事

週末、ローマへ - 3/3

最終日は、大好きなビザンチン時代のモザイクのある教会がローマにもある…と知ったので、サンタ・プラッセーデ教会へ。
正面のモザイクは割と地味め、しかし横に小さな礼拝堂があり、そこのモザイクが見事。
1ユーロ入れると電気がつく箱があり明るくして細部までじっくり鑑賞も出来るが、電気がない方が往時の人々と同じ状態と見られる。暗い中浮かび上がる金色の深さ。
a0060003_05010656.jpg

a0060003_05010592.jpgその後、スペイン広場を通って

a0060003_05010501.jpgポポロ広場へ。双子の教会が可愛い。ここで、例によって自然観察をしていたあ〜ちすとと合流。

a0060003_05010504.jpg界隈のセルフレストラン(これがまたポイント高し)で軽くランチして、サンタンジェロ城へ。

その後ナヴォナ広場に寄ってお茶したかったが、さすがに疲れたのでまた次回という事に。そしてトラムでホテルに戻り荷物をピックアップ、そのまま、すぐそばのトラステヴェレ国鉄駅から30分ほどでフィウミチーノ国際空港へ。そしてお家へ。

a0060003_21450280.jpg

…というワケで、今回の戦利品はエクストラバージンオイルに白ワイン、トリュフ入りパスタに白トリュフオイル。もうすっかりハマってしまったイタリア…また節約して行きたい!
次回はアッピア旧街道をチェチーラ・メテッラの墓からサン・セバスティアーノ門までゆっくり北上したいな〜。
a0060003_05290335.jpg


[PR]
by j-suguita | 2014-11-10 05:05 | プチ旅行 | Comments(3)

週末、ローマへ - 2/3

翌日はトラム3号線でまっすぐカラカラ浴場の最寄り駅「Circo Massimo」に行こうと思いメトロ、バス、トラム、一日乗り放題券を購入。しかし、なかなか乗り場が見つからない。
そうこうするうち、「Pirapide」停留所まではトラムではなくバス3B線なのが判明。「Pirapide」駅で「Circo Massimo」方面に乗り換えられるようなので、とりあえず「Pirapide」停留所まで。

備忘録にトラム路線図をペーストしておこう。
a0060003_04314951.jpg
…で…急ぐ旅ではないのだが、「Pirapide」停留所に着き、心が馳っていたので何の注意もせず地下鉄A線のホームへと急いだら…20人くらいのジプシーの群れが!

なにせ我々は東洋人の個人旅行客、早速取り囲まれ「金くれ!金くれ!」とウザい…。
親切な初老の男性が「気をつけて!スリだよ。とり囲んでポケットを狙うんだ」と言ってくれたのでちょっとひるんだかな? まーそうこうしてるウチにあきらめてどっかに行ったが。

メトロやバスは、乗り降り時に気をつける、というのは前回学んだのだが、ホームに変な人がいないか、のチェックもせんといかんな。まー今後の勉強。
あとから、駅前からほんの少し歩いたところからトラム3号線の駅があり、ここからもCirco Massimoに行けるのも知った。なんだ、トラムからなら外の景色を楽しみながら行けたのに…ってこれもまた次回の勉強。

…で、前回は定休日で外から指を加えてみたカラカラ浴場に入る。
a0060003_04332265.jpg
でかっ!
遺跡というよりは山のよう。。この中に浴場、マッサージ施設、図書館等があり総合レクリエーション施設になっていたとは。。

a0060003_06145269.jpg韓国の団体さんが記念撮影をしていて対比が思い白かったので記念撮影を記念撮影。ヘンテコ生物みたいな木の枝が落ていて、全体の雰囲気に不思議にマッチしていたのでこれも記念撮影。しかし、昨年はここを訪問出来ずザンネンだったんだけど、結局今回にして良かった。初めてのローマで、コロッセオ、フォロロマーノetc...と同じ時に見ても、もう吸収出来なかっただろう。
a0060003_06145244.jpg

a0060003_04314838.jpgゆっくり鑑賞して、今度こそトラムに乗ってコロッセオ方面へ。何回見ても心打たれる荘厳さ。




a0060003_04314890.jpgその後、観光地のど真ん中にあるわりには味も値段もナイスというアンジェリーナさんでパスタ3種を。

ローマ名物カルボナーラ(クリームは無い。卵黄だけ)とやはりローマ名物のチーズと胡椒のパスタ。手打ち麺がシコシコでなんとも美味しい!
それに比べてペルカトーレは麺がアルデンテじゃないうえ、味が雑でザンネン。

まーボーイさんがテキパキと気持ちよく、それに最高の立地にかかわらずパリのイタリア飯よりずっとお安いのでヨシとしよう。白ワインもパリと同じ価格で比較にならない美味しさ。



そのまま歩いて、やはり前回ザンネンだったフォロトロイアーノへ!
a0060003_05154468.jpg
道からも十分よく見えるとはいえ、屋上からならモアベター。
昨年ここを通った時に建物の屋上から鑑賞している人達を発見。それで、この中が博物館になっているのがわかったが、時間切れだったので、今年はリベンジ!
a0060003_04314905.jpg
絶景かな。入場料は14ユーロとお高いワリに博物館の所蔵品はあまり多くない(博物学の知識のある人なら別かも)。これはほぼ展望台への入場料と思って良いのかも。しかしそれだけの事はある!

その後、前回は夜に外からだけ見たパンテオンに向かうも「トレビの泉こっち」という標識を見て、つい行きたくなる。…で…行ったは良いけど…現在は改装中、泉は水が抜かれてカラカラな上プラスチックの壁で覆われている。
昨年見ておいて良かった。

そのままパンテオンへ。
a0060003_04404253.jpg
元の紀元前のものは火事で消失したけど、再建されたものも西暦25年頃のものだそうで。

早速中に入り有名な天井窓を見ると…質素な作りの丸屋根から入る光が心を浄化してくれる。なんとも言いがたい異次元の崇高さを感じる。

因みに、この直径9メートルもある天窓、ガラスがない吹きさらしなんだそう
20世紀に亘って床が雨で濡れたら拭く、というメンテをしてるとか。
で、帰ってからググったら、なんと、この天窓から入る光、毎年4/16に玄関を照らすとは!
古代ローマ人の天文学、建築学の知識、凄すぎ…
a0060003_04314891.jpg

…しかし…いちいちデカいよなぁ、ローマ...
a0060003_05462049.jpg



そのままホテルに戻る予定も貧乏性な私のこと、ついでにこの先のナヴォナ広場も見たくなり、更に寄り道。
う〜ん、相変わらず良い感じ。
ここはもとは競技場だったので細長いんだそう。
a0060003_05364845.jpg

ついでにカンポ・ディ・フィオーリを通って何ともいえないローマの雰囲気を楽しみながらトラム駅に着く。
一旦ホテルへ。
a0060003_05364899.jpg


で、この日があ〜ちすとの誕生日。こりもせずこの夜も「Ai Marmi Panattoni」さんへ。

a0060003_04485543.jpgこの日は8時過ぎに着いたせいか、すでに行列が。
外の席ならすぐ座れるものの、10月末のローマは朝昼は結構冷え込む。日中は汗ばむほどなんだけど。
寒さを気にしながらだとゆっくり味わえないので並ぶ事に。

a0060003_05462022.jpgボーイさんがテキパキ案内してくれるので、あまりストレスも感じず席へ。


昨日同様、スープリ(ご飯の唐揚げ)とクルジェットの花の天ぷらを前菜に。
そして、以前から挑戦したかった、チーズ無しピザ、マリナーラを。ホントあっさり!

a0060003_05385337.jpgおかげでバースデーデザートも食べられた〜。

そして「トラステヴェレ」界隈を散策。
ここはパリでいえばサンミッシェルやシャトレみたいにレストランが多いところ。
ただパリと違って「レストラン」が多く「カフェ」は少なめなので、昨日と同じカフェを再訪。
その後サンタマリアイントラステヴェレ広場の方までブラブラしてホテルに。

[PR]
by j-suguita | 2014-11-10 04:50 | プチ旅行 | Comments(2)

週末、ローマへ - 1/3

a0060003_04160311.jpgこの10月末は、あ〜ちすとの誕生日をローマで祝った。なぜ又ローマかというと…
街としてはヴェニスやナポリの方が気に入ったけど、遺跡の多さがただ事じゃなく、2013年には「行きたいところリスト」の何ヶ所かは行けなかった。
そしてこの4月の里帰りはアリタリア航空っだったのでローマで2回乗り換え、しかも行きは晴天の日中に素通りしたので、後ろ髪ひかれるような気持ちに。そしてローマの最後の夜に行ったピザ屋「Ai Marmi Panattoni」さんの美味しさと、庶民的なワイワイした雰囲気が忘れられない!で、このバースデー旅行を敢行することに。

今回お世話になったのはVilla Rosaさん。ローマ中心からは離れているんだけど、ローマの中心ヴェネチア広場まで行くトラム8号線の駅が目の前なので、交通はとても便利だった。しかもローマと空港を結ぶ国鉄は鈍行だと1時間くらいかかるんだけど(特急は30分だけど高い)途中の駅なので30分強で行き来出来た。階段をちょっと登ったところにあるのもよい感じ。
a0060003_04160243.jpg

まずは荷物を置いてまっすぐヴェネチア広場をめざす。
トラム8号線でテヴェレ川を渡ると「あぁまた来ちゃったなー」と感慨無量。
a0060003_04160361.jpg

見逃したジェズ教会へ。色とりどりの絵画に天井や壁にへばりついた彫刻、と派手っ!
あ〜ちすとが「やりすぎ!!人々の幸福の為の教会が民衆から搾取した資本で金ぴかになるのはおかしい!」
とまた難しい事を言い出したので、バロック様式なんだからしょーがねーよ、と思いながらも早めに出る。
a0060003_04160274.jpg

その後ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂横の急な階段を登ると、絶景かな!
しばし「う~んローマ」…な気分を味わう。
a0060003_04160388.jpg

記念堂後ろのカピトリーノ広場を抜けると、フォロロマーノが目の前に広がる。
(写真撮り忘れたので、これは2013に同じ場所で撮ったもの。夕暮れのフォロロマーノ撮らなかったの悔やまれる…)
a0060003_04160341.jpg

a0060003_04160340.jpgカピトリーノ広場にはローマの象徴、狼に育てられるロームルスとレムスの彫像が。象徴だけあって厳重な警備。




a0060003_04160280.jpgその後ちょっとカフェで一休み、トラムに乗って本来の目的「Ai Marmi Panattoni」さんへ向かう。ローマはパリより南なので19h30にはもう夕闇。


テヴェレ川を渡ってほぼすぐ。相変わらずのイキの良い空気!
a0060003_04160349.jpg


a0060003_04494290.jpgまずはスープリ(ご飯の唐揚げ)とクルジェットの花の天ぷらを。スープリはナポリでは「アランチーノ」という名前で売ってたけど唐揚げではなくパン粉のまぶしたコロッケだった。
ここのスープリはカラっと揚ってカリカリ!クルジェットの花の天ぷらは白身魚も入っててあっさり。


a0060003_04203301.jpgそしてイタリア人同僚が「パリはひき肉のピザはあるけど、ソーセージのみじん切りのピザがないんだよね。あれ、美味しいんだけどなぁ」と言ってたのでSassicca e fungiを。あ〜ちすとはめずらしくあっさりとタマネギのピザを。

前菜のあとかなり待たされたけど、それだけのことはある。昨年同様、薄ーいピザのカリカリした香ばしさ…。

ソーセージのピザは美味しいけど日本人の胃には結構ずっしり、おかげでデザートは食べられなかった。
でもともかく食べられてあ〜ちすともご満悦。


ここのピザ屋、回転を良くする為かコーヒーはやってない。
ので、界隈をウロウロして感じよいカフェ発見、そこでカッフェとグラッパ(食後酒)を。

そしてちょっと夜のお散歩を。このあたりのレストランって、壁に松明が炊かれててワイルドかつ洗練された感じ。(左、中央。右は普通の街灯)

a0060003_04160394.jpg


「Ai Marmi Panattoni」さんは、トラムの駅のすぐ近くなので、散歩の後そのままスーっとホテルに帰ったのでした。
[PR]
by j-suguita | 2014-11-10 04:21 | プチ旅行 | Comments(0)

イタリア旅行 ローマ最後の夜、トラステヴェレに。

a0060003_5592441.jpgアッピア旧街道の旅から戻り、ホテルで疲れた足を休めてから、ローマ最後の夜に出かける。庶民的な雰囲気が魅力な川向こう、トラステヴェレに。古い橋を渡る。

むこうに壊れたままの古代の橋も見える。
a0060003_5595362.jpg

a0060003_60421.jpg途中で立ち寄った薬局も古く威厳ある趣。

a0060003_612978.jpg散策すると、確かに中心地にはない魅力が。

で、「地球の歩き方」で紹介されていた「アイ・マルミ・パナットーニ」に。ここは大当たり!
a0060003_62148.jpg
a0060003_6302.jpg
ピザは最高(最低?ww)の薄さ、給仕の人達のイキの良さ、そして真横でピザを捏ねてる職人達の真剣なまなざし!フライもおいしく、もしまたローマに滞在する機会があったら是非また行きたい。
Pizzeria Ai Marmi (Panattoni)
Viale di Trastevere 53/59
06 5800919
18:30 - 1:00
休 : 水、8/10 - 8/28

その後、ゆっくり夜のトレステレヴェ界隈を散策。
a0060003_635851.jpg

…しかし、この日ほどよ〜歩いた日は無い。。。
[PR]
by j-suguita | 2013-05-08 06:05 | イタリア旅行 2013 | Comments(4)

イタリア旅行 アッピア旧街道を散歩

6日目はアッピア旧街道を散歩。
地図とハイキングの達人、あ〜ちすとの提案で、サン・セバスティアーノ門から南下する…という一般的なルートではなく、テルミニから7駅のコッリ・アルバーニ・パルコ・アッピア・アンティーカからサン・セバスティアーノ門に北上するルートで。

a0060003_5402299.jpgローマからたった7駅離れただけで、すでに郊外の日常生活の雰囲気が漂ってる。感じの良いお惣菜屋さんでお弁当調達。

馬や羊がいたりする。
a0060003_23555596.jpg



ここ国立アッピア公園は、どこまでいっても春の野原が広がっていて本当に気分良い。ところどころに遺跡があって、すでに街道気分。
a0060003_5404811.jpg

a0060003_5414087.jpg…で…旧街道に繋がる道をたどったら、なんとフェンスで閉鎖されてる…

気を取り直し別ルートで脱出、チェチーリア・メッテラ廟に向かう。
そして無事アッピア旧街道に到着!

廟はこの日、幸か不幸か休館日。ちょっと博物館疲れしてたので、丁度良かった。

a0060003_5421820.jpgロムルスの廟を横目にお弁当を食べてまた北上すると、車の通行が激しくなってきた。ギッド・ドュ・ルタールにも書かれてる通り、アッピア旧街道は週末は全体が歩行者天国だが、週日に歩行者天国になっているのはチェチーリア・メッテラ廟付近のごく一部だけ。

a0060003_543443.jpgなので、途中でちょっと脇道に逸れ、街道沿いの墓地を通る。

ここも春らしい気持ちよい道!
a0060003_544937.jpg
墓地を出ると、ローマを逃れたペトロがキリストにバッタリ会い「キリストよ、ここで何をなさっているのですか?Quo Vadis?」と聞いたと伝えられる場所に立つクオヴァディス教会が。(ちなみにペトロは「また十字架に架けられに行くのだ」という言葉に逃亡する我が身を恥じ、またローマに戻り殉教したそう)
キリストの足跡の複製。
a0060003_5445133.jpg

a0060003_5452447.jpg少し行くと、ローマ市内まで戻れるバス218の停留所がある。

a0060003_546855.jpgサン・セバスティアーノ門の前を通り、San Giovanni駅まで。ここのSan Giovanni門が、遺跡ではなく日常生活の風景の中に溶け込んでるのがスゴい!この近くのサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂もローマ4大聖堂の1つだったらしいが、その時点では知らなかった。てか、知ってても行く元気はなかったであろう。

a0060003_5465349.jpgこの後はアッピア旧街道のスタート地点カラカラ浴場まで行く予定だったが、ついでに初トラムも経験!方向を間違ってちょっと遠回りになったが、まー沢山乗れて得した、と思う事にしよう。


カラカラ浴場も、幸か不幸か休館日。外観のみの見学になった。しかし、壮大。
a0060003_5475541.jpg
a0060003_5473315.jpg
北上する行き方は面白かったけど、これも地図とハイキングの達人、あ〜ちすとがいての事。
他の人にはお勧め出来ない。


[PR]
by j-suguita | 2013-05-08 05:48 | イタリア旅行 2013 | Comments(2)

イタリア旅行 オスティア・アンティカ

a0060003_5261349.jpg5日目はオスティア・アンティカなんだけど、その前に、ついでにホテルとテルミニ駅の間にあるサンタマリアマッジョーレ教会に。
この聖堂はバチカン市外でありながらもバチカン管理下にある、ローマの4大聖堂のひとつ。度重なる改修を受け、5世紀のモザイク、17世紀の超豪華システィーナ礼拝堂が混在している不思議な聖堂。
a0060003_5251545.jpg

そして、本命のオスティア・アンティカに向かう。紀元前4世紀~4世紀に繁栄しながらも、泥土の浸食とその後の疫病の流行で見捨てられた街。
ここはティヴォリと違い、行くのがとっても簡単。ローマ市内のメトロから郊外にでたところで郊外線に乗換えるだけ。(しかもCIS券でオッケー)駅からはわずか徒歩10分。青空のもと、オープンな空間で、半円劇場や神殿を楽しむ。
a0060003_5271946.jpg

大雑破に言えばポンペイの小型?保存状態はずっと落ちるのでポンペイ旅行を予定に入れてる人なら無理に行く場所ではないと思う。でも、ポンペイと違ってここは殆どすべてアクセスオーケー。旅程に余裕のある人なら、天気の良い日にお勧め。テヴェレ川からローマまで戻れる船もあるんだけど、この日は休航という事でザンネン。こんな天気の良い日にローマ版バトームーシュに乗ったら素敵な想い出になったと思う。a0060003_5275485.jpg
床のモザイクも素晴らしい
a0060003_234924.jpg

a0060003_23485182.jpgイルカが可愛い!
a0060003_5284351.jpgこんなマッタリなカフェとブックショップが。



ローマに戻って「真実の口」を訪れるも又又長蛇の列。。。が、これは手を入れて写真を撮りたい人は別として、外からもばっちり至近距離で見られる!なので、格子越しに鑑賞、やっぱり良い彫刻であった。



この日はやはりガイドブックで紹介されていたピゼリアに。う〜ん、揚げ物もカリッと、ピザも薄くて美味しいし、お値段も手頃なんだけど、ここは大繁盛なせいか、ちょっと心がこもってない気がした。もちろん美味しくてコスパ良いのに代わりはないので、贅沢なんだけど。
a0060003_5323395.jpg


その後はまた夜のナヴォナ広場を散歩。ついでに良い香りのコーヒー屋さんに寄ったけど、後でガイドブックをみたら有名なお店だった。どうりでちょっと気取ってた。
[PR]
by j-suguita | 2013-05-08 05:32 | イタリア旅行 2013 | Comments(0)

イタリア旅行 - ローマの街

ローマの駅についてみると、案外モダン。大昔に観た「終着駅」ではクラシックな駅の印象だったが、あれはそういう風に撮ってたのね。でジプシーの数、ハンパない。ローマ駅はパリの北駅の2〜3倍はいそう。

一段と気を引き締めながら、プリントしておいたGoogleMapを頼りにホテルまで歩く。Booking.comでよ〜く研究した結果、中心地・バスタブ付・しかも我々の低い予算内に収まるのはHotel Imperoさんだけだった。で、なんと、ここ従業員は、24時間いるフロントの人達をのぞき、中国人だらけ!おそらく中国人の団体客を扱ってるんだろう。同じ東洋人のよしみで安心して部屋についてみると、注文通りバスタブ付の部屋で、ホッ。
a0060003_7465069.jpg

…で…その上、素晴らしいものが付いていた。それは(ほぼ)専用バルコニー!!!鍵はかかっていないので、どの宿泊客も来られるんだけど、プチ工事中だったせいか、あえて他の宿泊客には知らせてないようで、我々しかいなかった。ローマの絶景を観て「あ〜来ちゃったなぁ」と、やっと実感が湧く。
a0060003_7471761.jpg
a0060003_748034.jpg


で、荷物をおろしてとりあえずお上りさんコース、トレヴィの泉とスペイン階段に。
スペイン階段は道を間違えて上から降りる形になったので、イマイチ気分盛り上がらず。

トレヴィの泉、「甘い生活」で見た時は、広い大通りの突き当たりのような気がしたが、小さな広場の中に威風堂々と存在してる。
a0060003_749033.jpg

どちらも人で埋め尽くされていている。ピザを買ったけど、名所の宿命で当然、高くてイマイチ。そして歩いてるうちに気付いたけど…ローマ、高い所から見ると南欧らしいオレンジの壁、パリ以上に古い屋根…でエキゾチックだけど、道を歩く分には、素晴らしい路石は別としてパリとそんなに変わらん。無印良品があったりして、あ〜ここは観光地である前にヨーロッパの大都市なんだなぁ、と拍子抜け。

ローマはあっちこっちに丘があり思ったより起伏のある街で、疲れたので夜は外食する気にならず、スーパーで買った総菜をホテルで。たかがスーパーの総菜なのに、美味しい事!これは日本との共通点。フランスのスーパーの総菜なんて食べられたもんじゃない。フランス→グルメという一般認識だけど、本当のグルメの国はイタリアだと思う。

夜はまた素晴らしいバルコニーからお隣のオペラ座などを眺めて、白ワインを飲みながら夕暮れから日没までを楽しむ。
a0060003_7494742.jpg

[PR]
by j-suguita | 2013-04-30 07:49 | イタリア旅行 2013 | Comments(2)

イタリア旅行 - ローマ・ナポリ旅行へ出発!

2011年にヴェニス、ラヴェンナ、ピエンツァ、フィレンツェを訪れて以来イタリアの大ファンに。
で、今年又行ってしまった、イタリア!!

前回の旅行の際は、ローマは断念。なんで、ローマで始める、というのは決定事項。
「ナポリを見てから死ね」のナポリも一度は行ってみたいなぁ…でも治安が悪いと言う話だし…
と迷っていたが最近ナポリに行った人が
「20年ぶりに行ったけど、すごく良くなっていたよ。街はキレイで治安も向上」
という事で、ローマ・ナポリに決定。

当日は仕事のストレスでイマイチ気分が盛り上がらないまま出発。
飛行機もホテルも予約したし、有給も取ったから乗るか…って投げやりな気分。旅行は、行く前のワクワク、行ってる最中のドキドキ、帰ってからのウルウル、と3倍楽しむ主義なのに、今回は2倍になりそうで、チョッと損な気分。

でもまぁ、アルプスを超えて、碧い海、緑の大地が見えて来たら盛り上がって来た。そしてフィウミチーノ空港に到着!
a0060003_7364881.jpg


a0060003_7372520.jpgフィウミチーノ空港からローマ市内へ。特急「Leonardo Express」が一番楽だそうなので、空港から国鉄駅まで。
(歩く歩道で簡単に行ける)
で、窓口まで行ったら、係員の人が「ディスカウント、ディスカウント!!」と言っている。まるで夕方の魚屋の雰囲気(笑)。なんだか、10枚綴りのクーポン券だと2割程安くなるそうで、列を作っていた人達にまとめて買いを勧めてるみたいだった。すると、列の中のしっかり者、って感じの女子が仕切りだした。クーポン券を代表して買ってくれて一人一人に配り、おまけにおつりの小銭も配ってくれた。これで、1400円が1200円弱くらいになって、2人で4〜500円浮いた。感心して感謝しながら特急に乗る。


空港から市内までの景色を楽しみながら、1時間程で到着!
途中、大きな遺跡が普通に日常生活に溶け込んでいる姿を見て、既にスケールの大きさを感じさせられる。
さぁ、初めてのローマって、どんなところかしら。。。
a0060003_738984.jpg

[PR]
by j-suguita | 2013-04-30 07:40 | イタリア旅行 2013 | Comments(2)