最近の・・・dernierement・・・

タグ:フランス ( 3 ) タグの人気記事

2015年の夏休み Trouville-Deauville

この夏は諸事情で、まったく日程が立てられないので、下手すると、まったく海に行けないという懸念が…
なので、ある晴れた週、天気予報とにらめっこしながら「えぇい、行ける時に一泊だけでも!」と、昨年同様、パリから2時間で駅からビーチまで歩いていけるノルマンディーのTrouvilleに。

a0060003_03012199.jpg
SNCFの駅についた時点でコーフン。

a0060003_03012168.jpg
Trouvilleの駅ではすっかり海仕度のギャル達が記念写真を。


ここの川沿いの魚屋街は、昼は生または茹でただけのシンプルなものをワインとマヨネーズで軽食が取れるコーナーがある。
(夕方は近隣のレストランとの兼ね合いから、魚を売るのみ)
昨年は夜ホテルでお持ち帰りを食べたんだけど、やはり人にサーブしてもらうと3倍美味しい…ので、ホテルに荷物を預け海辺のお散歩のあと、ランチにやって来た。

ここの魚屋街、大通りと川の間なんだけど、仏人って車道の真横で食べるの、平気なのよね。。ワテ達は抵抗があるので、キョロキョロと探したら、端っこのお店はちょっと離れたところにもコーナーがあるのを発見、早速この店に。

たっぷり頼み、ワインも3杯、結局1万近くかかった…。大幅予算オーバーだけど、この気分の良さ、でコスパから言えば満足。
アサリやハマグリも美味しかったが、これはパリでも生きてるのを買えば美味しいし、何しろ値段を押し上げるから 、次回はパスしよう。アカザ海老と巨大蟹のハサミ、ツブ貝は文句なく美味しかった。
a0060003_03012137.jpg

昨年のように渡し船でTrouvilleより空いているDeauville側に行こうとしたら、干潮なので、足で渡れた。楽しい体験!
a0060003_03012264.jpg

ビーチは…えぇなぁ。。勉強のため本も持ってきたが、潮風に吹かれると、脳が(ますます)空っぽになる体質なので、全然ムリ。この日は暑く、大西洋とはいえ浅瀬は水もそれほどは冷たくないので、海に入り、甲羅干し、昼寝、海に入り…を繰り返し、たっぷりの太陽を吸収。
a0060003_03012266.jpg

帰途は満ちていたので、渡し船で帰る。
a0060003_03012116.jpg

a0060003_03012295.jpg
あ〜ちすとは初めての渡し船なので、ご満悦。


ホテルは昨年と同じHotel Le Reynita さん。
高い部屋しか空いてなかったが、昨年と16ユーロの違いですごい快適で満足。一泊だし。欲を言えばバスタブが欲しいけど、まぁTrouvilleのビーチに5分の立地、すごく感じ良いスタッフ…で贅沢はいえん。

シャワーを浴びて軽くドレスアップして、またまた昨年と同じCentralさんへ。相変わらずの文句な美味しい海産物、 イキの良いキビキビした給仕!
a0060003_03012220.jpg
a0060003_03130679.jpg
その後、昨年同様に塩バターキャラメルアイスを食べながら夜のビーチを散歩。


a0060003_03012236.jpg
翌日はこれもまた昨年同様、美味しいケータリング屋さんでパテやソーセージを買い桟橋でランチ。
そしてパリに戻る電車に。



昨年同様」が多くすっかりTrouvilleでの過ごし方スタイルが確立したカンジ。
たった一泊なのに、パリに戻ったら久しぶりに感じられ、数日行ったような気分(安上がりな体質…)
いんや〜行ってえがった。やはり九十九里人は年に一度は潮風に吹かれると、大いにリフレッシュ!
a0060003_03151034.jpg

[PR]
by j-suguita | 2015-07-19 03:15 | プチ旅行 | Comments(4)

ナントで「ドゥニ・クラブルール展」そしてル・クロワジックへ

ドゥニ・クラヴルール展 Expo Denis Clavreul
あ〜ちすとの長年のアニマルアート仲間、ドゥニ・クラブルールさんが回顧展を開いたので、代休を利用してブルターニュ地方ナントの画廊に。素晴らしいデッサン力、ミニマルな線ですべてを魅せる表現力…と充実した展覧会であった。



ナントの街は丁度この日、新空港建設反対の大規模デモが行われていて交通がマヒ、ちょっと大変だったが、まー今にして思うと面白い経験だった。

翌日はナントから1時間の可愛い港町ル・クロワジックに。港をプラプラ散歩してから名物の塩キャラメル、そしてクレープをゆっくり味わって帰宅したのでした。

[PR]
by j-suguita | 2014-03-13 06:55 | プチ旅行 | Comments(3)

プチ・ヴァカンス 2011年8月/ メスケール(Mesquer)村

塩で有名なゲランド(Guérande)で無事に出向かえの友人とも会いメスケール(Mesquer)村の友人の友人の別荘宅に連れて行ってもらう。海岸まで歩いて5分という素晴らしき立地。ここは民家の裏の小道から行く海岸で国道からは見えないので地元の人しかいない。とっても静か。
a0060003_6493817.jpg


翌日はちょっと遠出して別の海岸に。地元のマルシェで買ったブタのタンの薫製、海を見ながら食べるとますます美味。
a0060003_6522324.jpg


セイタカシギと、その雛も。(雛と言ってもほぼ独り立ちしてる。人間でいえば高校生くらいだそう)
a0060003_6515256.jpg


友人の友人のお兄さんが炭火で鯖を焼いてくれた。新鮮!
a0060003_6581764.jpg


こっちはタラのムニエル茹でタラのパセリ・バターソースかけ
*9/3訂正。これはムニエル(小麦粉を付けて焼く)ではなく茹でタラでした。
a0060003_659299.jpg


ヨーロッパコマドリが訪れたりする素敵なベランダに面したテーブル。あ〜ちすともご満悦
a0060003_701446.jpg


ブルターニュ名物『ファー・ブルトン』…といっても、ここは厳密にはロワール・アトランティック地方…と始めて知った。
a0060003_712362.jpg


帰りはナントまで送ってもらい、TGVで戻り。ついでにナント城を見学。
a0060003_735146.jpg


…というわけでとても短い旅であった。まー今回は2つの大きな旅行に挟まれ、予算がアレで仕方がなかったが。
でも、海はやはり南仏が良いなー。「あじーーー!!早く海に入りたい!!」…というのが海水浴だぜ!
西フランスは気温が高くても太陽はすごくおだやかで柔らかいのであった。
[PR]
by j-suguita | 2011-09-01 07:07 | プチ旅行 | Comments(6)