最近の・・・dernierement・・・

タグ:パリ ( 6 ) タグの人気記事

最近行った展覧会 / Les Expos

しばらく海や野原ばかりで文化活動が無沙汰だったので、8月半ばのお散歩日和の日から展覧会に行き始めた。この日は素晴らしい青空…というより、ポンピドー・センターからの市内の眺めは絶景なので、天気の良い日を選んだ。

まずは文化活動の前はビストロで腹ごしらえ。久しぶりに肉をガッツリ。冷やした赤ワインが暑い日に爽やかだった。
a0060003_00250939.jpg

お散歩も楽しい。
a0060003_00250958.jpg


デイヴィッド・ホックニー展 / David Hockney

ホックニーさんが今も現役で活躍中とは知らなかった ^^;
ポップアートでありながら、スタイルを変えて追求する姿勢に感銘。撮影は禁止だったが、ホックニーさんのサイトで作品が観られる。
http://www.davidhockney.co/works/paintings/00s
有名作品の絵葉書を購入
a0060003_00270258.jpg


展覧会上から見えるモンマルトルの丘、相変わらず絶景。
a0060003_00251007.jpg

ホックニーでお腹いっぱいなので、次の展覧会に行く前にカフェで一休み。
高くてサービスが遅いけど、景色も値段のうちなので、仕方がない。水分を補給して次の展覧会、ウォーカー・エヴァンス展へ。
a0060003_00251057.jpg


ウォーカー・エヴァンス展 / Walker Evans

カフェで一休み、気分一新した後は、向かいの会場のウォーカー・エヴァンス展に。ポスターの作品からプロレタリア・アートの作家さんかと思ったけど、色々なシチュエーションで現実をそのまま切り取った外連味のない静謐な作風。そのスタイルが30年代のウォーキング・プアの人々を淡々と捉えるのに合っていた。初期のニュヨークのビル群の作品、50年代の地下鉄の乗客なども印象的。
ここのページの下部で彼の作品が鑑賞できる。
https://www.moma.org/artists/1777
a0060003_00270397.jpg


ミュージアムショップ、相変わらずcosy。
a0060003_00251174.jpg

a0060003_00251079.jpga0060003_00251141.jpg




後日、ヴァンセンヌの森の入り口近くの移民博物館「チャオイタリア!」展 / Ciao Italia に。
広々とした館内は相変わらず心地よい。
a0060003_00313115.jpg


19世紀からフランスにやってきたイタリア人移民のフランスでの活躍や統計がパネル展示されている。
入り口はイタリアを象徴する数台のベスパを輪にしたもの。作者の意図とは無関係に「むかで人間」を思い出してしまった ^^;
a0060003_00313039.jpg


イタリア系のクリエイターのマネキンなどが展示されている華やかなものを想像していたが、思ったよりずっと学術的だった。
ルノワール監督のイタリア移民を描いた映画の抜粋が面白かった。イタリア移民とスペイン移民が「あの外国人どもが俺たちの仕事を奪うんだよな」「食わせてくれりゃ、そこが自分の国、さ」「それでそんなに太ってるのか」

その他Yves Montandやリノ・バンチェラのパネルや動画の紹介、イタリア系アーチスト、モジリアニの伝記「モンパルナスの灯火」(演じるはジェラール・フィリップ、恋人はアヌーク・エーメ)の動画など。

a0060003_00313128.jpgこの日も快晴、帰りがけはカフェでアイスコーヒーを。
以前はフランスのカフェってアイスコーヒーは無かったけど、最近は流行りで、オシャレ系のカフェならメニューにある。暑い夏の日にはピッタリ。

a0060003_00313146.jpg
a0060003_00313157.jpg




Paysages japonais, de Hokusai à Hasui - Musée Guimet
ギメ美術館「日本の風景、北斎から巴水まで」
は、浮世絵回顧展。
a0060003_00350106.jpg


広重の七夕の作品「世界は美しい❣️」って教えてくれるのでスマホの待受にしてるが。大橋の夕立は「暗雲や豪雨も美しい❣️これらがあるから味がある❗️」とも教えてくれた。イヤ〜広重って結構、哲学だなぁ。
a0060003_00350255.jpg




ルイ・ヴィトン財団美術館 / Fondation Louis Vuitton

そのうち行きたいけど、とっても高いので躊躇していたルイ・ヴィトン財団美術館。が、二つの展覧会の会期の間、展覧会場は準備で閉鎖だけど、建物そのものを2/3の値段で訪問できるのを知り、早速行って来た。

ブーローニュの森の中、威風堂々と超モダンな建物が。
a0060003_00400237.jpg

この建物は「水」がテーマのようで周囲がグルっとモダンなお堀に囲まれている。
a0060003_00520195.jpg


内部は広々と快適。ルーブルなど古くからの美術館を別にして、パリ市内でこれだけのスペースのある新美術館って他にあるだろうか?やっぱりヴィトンお金あるなーと感心。
a0060003_00400387.jpg
a0060003_00400238.jpg


まずはカンファレンス会場から。椅子はカンファレンスの時のみニュッと下から出てくる作りのようで、普段は体育館のように平坦。
a0060003_00400207.jpg


階段式の滝もあり、流れるタイミングがなんとも音楽的。暑い夏はさぞかし心地よいだろう。冬は冬で氷が凍った季節を感じさせるのだろう。


屋上からの眺めも素晴らしい。
a0060003_00423676.jpg
a0060003_00423684.jpg

Cosyなミュージアムショップ
a0060003_00434145.jpg

レストラン「ル・フランク」は建築家さんの名前をとったもの(フランク・ゲーリー氏)。食事ではなくお茶やケーキだけの人はテーブルではなくカウンター席になるけど、ちょっと奥まって落ち着いた場所なので全然オッケー。欧米人は主張激しいので「なんだ、カウンターか、じゃいいわ」と立ち去る人もいた。
a0060003_00434133.jpg

プラリネのカリカリチョコレートケーキは、すごい洗練された上品でオシャレな味… 
a0060003_00434108.jpg

a0060003_00434188.jpgあ〜ちすともご満悦。




[PR]
by j-suguita | 2017-09-14 00:24 | アート | Comments(0)

じじー ロック、健在!THE WHO 編(ゼニット・パリ)

6月の2回目のZenith パリ公演 は30年来のファンにして、初めての THE WHO ライブ!
これもKISS同様110ユーロという高額チケ…。パリ・ライブは中規模のゼニットなのでその値段になっちゃうのか。
しかし、行かないという選択肢はないので、あ〜ちすとと一緒に行ってきた。

30年…って年ごまかしてませんか?とツッコミ入りそうだけど、私がザ・フーのファンになったのは、80年代半ばに名画座で「さらば青春の光 Quadropheia」(英, 79)を観てから、と遅め。
この映画が根強い人気があるのは、ジミーという主人公の少年の不器用さに自己投入した人が多いからだろう。ワテもその一人、、、(照;

当日、ライブ会場ゼニット・パリに着くとKISSと違い、高齢者が目につく。
我々のような初老者の更に上をいくじっちゃん、ばーちゃん達が。
a0060003_10163469.png

a0060003_10163443.jpg親子連れが多いのはJacksonsと同じ。

前座が終わり、明かりが消えて、いよいよザ・フーの出番。
バックミュージシャンのおっちゃんたちが出てきたな〜…と思ったら…
ア、アレ!? なんかマイクに向かい、舞台中央近くでギターを抱え出した?
この何の変哲もないおっちゃん達がピートとロジャーなんだ!と気がついたときには、「科学捜査班」のテーマ曲に使われ、若い世代にThe Whoを知らしめた「Who Are You」が。71歳のロジャーは、痩せて細長かった顔にナイスに肉がついて、なんとも良い感じで別人のよう。

持ってる(た)のは「Singles」と「Quadropheia」だけというライトなファンだが、そんな私でも知ってる殆どのザ・フーのヒット曲をやってくれた。「Picture of Lilly」は少年の性への目覚めという微妙なテーマをユーモアと詩情たっぷりに歌う美しい作品だな〜と再認識。「 The Kids Are Alright」は初めて聞いたが、こんなキャッチーなイカした曲だったんだ!これを20代で聴いてなかったとは、人生損してた。。そして「Baba O'riley」も初めて聴く。人生損してた。。。



バックに流れるイメージフィルムも、どれも秀逸で「The Kids Are Alright」の時は「さらば青春の光 Quadropheia」を思わせる断崖でスクーターを走らせるモッズ達。(追記、思わせる…というより、映画の抜粋であった)「I Can See for Miles」は目玉をモチーフにした歌詞にぴったりなサイケデリック風のショートムービー。
「Baba O'riley」では「It's only teenage wasteland」の歌詞が何度も大きくフィーチャーされる。

そして…これだけはやってもらわなきゃ!と思ってた「You Better You Bet」が。
この曲聞くと、異常なまでに根性が入る(照; 
この長い人生、特に辛いフランス人生、何度この曲に励まされた事か…(涙;
ロジャーと共に思いっきし、何度も「You Better You Better You Better You Bet !!!!!!!」とシャウトして、あ〜スッキリ〜。



映画「Tommy」の曲なども網羅して、「Won't Get Fooled Again 」で引き上げたので、アンコールは「Summer Time Blues」だな〜と思ってたら…電気付いちゃった。。。残念だったけど、アンコール無しという大胆で潔い構成、って事で、まーいいか。
ゼニットを出てから夜のパリを散歩しながらライヴの余韻にうっとりと浸る。

ともかくも、この夜は一緒にアツく歌いながら、ザ・フーは不器用なテイーンエイジャーの応援団だ…と再認識。
そういやSinglesの解説についてたピートの言葉を思い出した。
「ロックン・ロールは、一つの鍵だね。とても複雑な人生を解く多くの鍵の一つだ。その多くの鍵の全てに関わり合う事はない。ロックン・ロールに夢中になる。そうすれば、おそらくそれが最高の鍵の一つだってことがわかってくるはずだ 」

「さらば青春の光 Quadropheia」ラストに関しては当時ロキノン誌でも議論があったが、やっぱり http://goo.gl/UPjerq みたく、主人公は生き残りしょうもない大人として、しょうもない現実を生きてく…と思いたい。

生きてりゃ70過ぎたザ・フーのライブも行けるぜよ!

ザ・シングルス
ザ・シングルス
posted with amazlet at 15.07.18
ザ・フー
ユニバーサルミュージック (2011-06-22)
売り上げランキング: 285,923
Amazon.co.jpで詳細を見る

さらば青春の光 [Blu-ray]
さらば青春の光 [Blu-ray]
posted with amazlet at 15.07.18
ザ・フー
ジェネオン・ユニバーサル (2012-12-05)
売り上げランキング: 23,803
Amazon.co.jpで詳細を見る

キッズ・アー・オールライト(数量生産限定) [DVD]
UNIVERSAL INTERNATIONAL(P)(D) (2013-06-19)
ザ・フー
売り上げランキング: 59,131
Amazon.co.jpで詳細を見る
* こちらに素晴らしい解説ページが!


付記:ザ・フーTシャツは人だかりの中、苦労して自分の番まで待ったけど(仏人並ばない)XLとXXLしか残ってなくて諦め。
a0060003_10163419.jpg

[PR]
by j-suguita | 2015-07-18 10:36 | 音楽 | Comments(2)

8月の思ひ出 2014 - ロックフェスで38年目のBlondie !

a0060003_18360147.jpg
コンサートインフォメのニュースレターから、この夏はBlondieがパリ近郊セーブルの街のロックフェス Rock en Seine に出演…というお知らせ! 狂喜して早速FNACのサイトでチケ入手、行って来た。
ブロンディ-の初の日本公演は1977年半ば頃。まだハ-トオブグラスでのブレイク前で、でもスタイリッシュなデビ-のスナップはあっちこっちのロック雑誌で紹介されていて知名度はそこそこあったように思う。私も行きたいな-と思ったけど、受験勉強中だったので願をかけるような気持ちで我慢した。....が....渋谷陽一によると「あんな空席の目立つコンサ-トはWAR以来、なのにメンバーは真面目にプレイしていた」...という事で、ああ行けばよかった!と後悔。その後、そのトラウマのせいか、大ヒットを飛ばし続けてからも日本に来る事はなかった。で、1986年ごろや----っと来てくれることになり、チケも買って楽しみにしていたのだが...デビ-の当時の恋人、ギタリストのクリスステインの病気でキャンセルに。
その後、私自身コンサ-トとか無縁になったが、数年前なんとなくコンサ-ト情報のニュ-ズレタ-に登録した。で今回の情報を得た!

a0060003_22211342.jpgいんや〜ロックフェスなんて、4年前Perfume目当てに幕張カウントダウン参戦して以来。目的駅に向かう時点でメトロはすでに若いモンで一杯!セーブル駅で降りるとすごい人の流れが。恒例の「チケット余ってる人いませんか」のプラカードを持ったヤングを横目に会場に向かうとちょっとレトロにイカした入り口が。こういう場所に来ること自体ほぼ無いので、すでにコーフン。
会場には4つの大きなステージ、数え切れない飲み物、食べ物、グッズにスタンドが。コーフン状態で普段は締めてる財布も緩みTシャツを買ってしまったりする。。

で、興味津々にあっちこっち見学してるうちにブロンディーの開演時間がせまる。フェスだけあってフランスには珍しく時間通りにミュージシャン達がステージに。そして…ついに長年の憧れ、デボラ姐さんが登場!!
おとしを召したとはいえ、相変わらずの素敵な笑顔。元々ブロンディーは脱力と余裕が魅力だったけど、それが年輪と共にパワーアップした感じ。欧米では人気の「One way or another」で始まり「Don't leave me hanging on a telephone」「Atomic」「Call Me」カバーはThe Beastie Boys の「 (You Gotta) Fight For Your Right (To the Party)」で元パンクバンドの面目躍如。

そして…アレ、やってくれないかな…と思ってたら…「This is the last song !」のかけ声のあとに、チャカポコチャカポコ…とあのイントロがぁぁぁ!!!もちろん「Heart of glass」。デボラ姐さんは高音はちょっと苦しめだったが、ほぼ若いときと同じように歌い、本当たいしたもんじゃ。ラスト、みんなで何回デビーの「Give me more !」のリクエストで「Ooo ooo ooo whoa」をやったことか。
一時間のステージだったので、満足度も高し。

最初傘をさしてのライブだったのでザンネンだと思ったら、終盤近く雨が上がり二重の虹が!
デビーも「Oh ! double rainbow!! 」と喜んでたので私(達)もうれしかった。
a0060003_22211332.jpg
その後は名も知らないバンドのステージをチラ見したり、見学を続けたりミントティーを飲んだりで堪能したのであった。こちらの屋台も使い捨てはしないようになっているようで、有料のプラスティックのコップで、返却するとお金が戻ってくるシステム。私達は記念にもらってきた。
a0060003_22211375.jpg
しかし、幕張のフェスはほぼ20代、30代前半の人しかおらず、ちょっと居心地が悪かったが、Rock en Seineフェスは若者が主とはいえ、色んな年代の人がいた。Blondieのおかげもあったかもしれないが。日本も色んな世代の人が色んな場所にバラけて存在するようになってると健康的なんでは…などと思った

[PR]
by j-suguita | 2014-09-29 04:56 | 音楽 | Comments(1)

2013年末の思ひ出

もう年もあらたまってしまったけど、恒例の年末の思い出を。。

* 平日の代休日にパリから45分の郊外の街、Saint-Rémy-lès-Chevreuseへ。
駅から中心街までハイキング用の道を通ってゆっくり30分ほど歩きランチしてまたブラブラ。
ここには8世紀の城壁がありフランス国王軍(当時は小規模だったとはいえ)が攻めて来ても落城しなかったそうだ。


* 以前から気になってて行く機会がなかったムフタ-ル通りの人形劇シアタ-へ!

a0060003_0242045.jpgにぎやかな通りから中庭に入っていくと、入り口が。
予約してなかったので空席待ちをしなければならずちょっと心配したが無事入れた~
というワケで要予約。

この時は3歳からOKというプリミティブな可愛い演劇で、人形劇...というよりは女優さんたちが棒の着いた人形を持って演じる、というスタイルだった。子供たちで一杯、チビっ子たちが喜んでて可愛かった。次回はもう少し大きい子向けの劇が見てみたい。

LE MOUFFETARD
THÉÂTRE DES ARTS DE LA MARIONNETTE
73 rue Mouffetard, 75005 Paris
www.theatredelamarionnette.com
上演カレンダ- »
[PR]
by j-suguita | 2014-01-08 00:23 | おでかけ

アンリ・カルティエ・ブレッソン財団 と ル・コルビュジエのアトリエ

最近行った美術館、アトリエは

* アンリ・カルティエ・ブレッソン財団
a0060003_8104089.jpgすぐ近所なのに入ったことがなく(一度行ったら長蛇の列、並ぶと鑑賞するエネルギーがなくなるのであきらめた。)先日初訪問。

現在は Harry Callahan ハリー・キャラハン展が開催中 (ダーティ・ハリーとは無関係)。
1912年生まれの写真家で、主に彼の妻の硬質で構築的なヌード、それと道行く人々の表情のスナップショット作品群が展示されていた。人々をこっそり瞬間的に捉えた写真の中に、1950年のNYの街角が「今」として生き生き存在してた。

美術館は小ぢんまりしていて光いっぱいの階段、最上階のガラス張り屋根のアトリエがなんとも気持ちよい。
ここにカフェでもあったらいうことないんだけど。

Fondation Henri Cartier-Bresson
2, Impasse Lebouis 75014 Paris
tel : 01 56 80 27 00
月休、水曜は20h30まで。

* ル・コルビュジエのアトリエ
以前訪れたジェンヌレ邸とは別にル・コルビュジエの絵画用のアトリエがあったとは知らなかった。パリ16区、PC停留所から7分ほど。 (Porte Molitor)

一般アパート内なので、アトリエ見学者はエレベーター使用禁止なので(身体障害以外)7階まで足で上る。
入ると数メートルの天井のアトリエが迎えてくれる。ため息。。。
風呂シャワー付マッサージ室、いくらでも料理が出来そうな天井に明り取りのあるキッチン。。残念なのは最上階の典型的屋上庭園が立ち入れないこと。
コルビュジエ財団サイトの写真  »

Immeuble Molitor - Appartement de Le Corbusier
24 rue Nungesser et Coli 75016 Paris
tel : 01.42.88.75.72 / 01.46.03.32.90
土曜のみ : 10h - 13h00 / 13h30 - 17 h



いや〜、週末は必ずブンカに触れ、命の洗濯したいものじゃ。
[PR]
by j-suguita | 2010-10-29 08:20 | アート | Comments(4)

トラム開通!

a0060003_863552.jpg
某所で先を越されましたが(笑)、長〜い工事を耐えた甲斐あって、つ、ついにトラム開通です!
土曜日からオープン、しかも日曜日まで無料、ということもあって興味津々なヤング、家族連れで超混みでした。かつては総武線で通勤してたワタシ、この位のラッシュなら体をねじらせ巧妙に空き空間に入り込む、という技を持っているのですが連れのものがラッシュアワー知らずの巴里じゃんだったので3本は見逃すことに。4本目でやっと乗車。いやー新車両というのは気分良いものです。当然ですがバリアフリー。身障者に優しい作りは健常者にも心地よい、といのを痛感しました。
今朝は通勤のため駅まで乗りましたが本日から有料なのでヒドい混雑もなくカイテキ。
これまでPCというバスが走ってくれていましたが、トラムがとって代わりました。レールなので走りの安定してること!雨の日、大きな見本市のある期間などは運行にバラツキがあったけど、これからは大丈夫・・・と思いきや、夕方には早くも「運行が混乱中です」の電光パネルが。。。なんかちょっと心配になってたが、ま、取合えず目出たい!
[PR]
by j-suguita | 2006-12-19 08:31 | 生活 | Comments(36)