最近の・・・dernierement・・・

タグ:バカンス ( 2 ) タグの人気記事

2015年の夏休み Trouville-Deauville

この夏は諸事情で、まったく日程が立てられないので、下手すると、まったく海に行けないという懸念が…
なので、ある晴れた週、天気予報とにらめっこしながら「えぇい、行ける時に一泊だけでも!」と、昨年同様、パリから2時間で駅からビーチまで歩いていけるノルマンディーのTrouvilleに。

a0060003_03012199.jpg
SNCFの駅についた時点でコーフン。

a0060003_03012168.jpg
Trouvilleの駅ではすっかり海仕度のギャル達が記念写真を。


ここの川沿いの魚屋街は、昼は生または茹でただけのシンプルなものをワインとマヨネーズで軽食が取れるコーナーがある。
(夕方は近隣のレストランとの兼ね合いから、魚を売るのみ)
昨年は夜ホテルでお持ち帰りを食べたんだけど、やはり人にサーブしてもらうと3倍美味しい…ので、ホテルに荷物を預け海辺のお散歩のあと、ランチにやって来た。

ここの魚屋街、大通りと川の間なんだけど、仏人って車道の真横で食べるの、平気なのよね。。ワテ達は抵抗があるので、キョロキョロと探したら、端っこのお店はちょっと離れたところにもコーナーがあるのを発見、早速この店に。

たっぷり頼み、ワインも3杯、結局1万近くかかった…。大幅予算オーバーだけど、この気分の良さ、でコスパから言えば満足。
アサリやハマグリも美味しかったが、これはパリでも生きてるのを買えば美味しいし、何しろ値段を押し上げるから 、次回はパスしよう。アカザ海老と巨大蟹のハサミ、ツブ貝は文句なく美味しかった。
a0060003_03012137.jpg

昨年のように渡し船でTrouvilleより空いているDeauville側に行こうとしたら、干潮なので、足で渡れた。楽しい体験!
a0060003_03012264.jpg

ビーチは…えぇなぁ。。勉強のため本も持ってきたが、潮風に吹かれると、脳が(ますます)空っぽになる体質なので、全然ムリ。この日は暑く、大西洋とはいえ浅瀬は水もそれほどは冷たくないので、海に入り、甲羅干し、昼寝、海に入り…を繰り返し、たっぷりの太陽を吸収。
a0060003_03012266.jpg

帰途は満ちていたので、渡し船で帰る。
a0060003_03012116.jpg

a0060003_03012295.jpg
あ〜ちすとは初めての渡し船なので、ご満悦。


ホテルは昨年と同じHotel Le Reynita さん。
高い部屋しか空いてなかったが、昨年と16ユーロの違いですごい快適で満足。一泊だし。欲を言えばバスタブが欲しいけど、まぁTrouvilleのビーチに5分の立地、すごく感じ良いスタッフ…で贅沢はいえん。

シャワーを浴びて軽くドレスアップして、またまた昨年と同じCentralさんへ。相変わらずの文句な美味しい海産物、 イキの良いキビキビした給仕!
a0060003_03012220.jpg
a0060003_03130679.jpg
その後、昨年同様に塩バターキャラメルアイスを食べながら夜のビーチを散歩。


a0060003_03012236.jpg
翌日はこれもまた昨年同様、美味しいケータリング屋さんでパテやソーセージを買い桟橋でランチ。
そしてパリに戻る電車に。



昨年同様」が多くすっかりTrouvilleでの過ごし方スタイルが確立したカンジ。
たった一泊なのに、パリに戻ったら久しぶりに感じられ、数日行ったような気分(安上がりな体質…)
いんや〜行ってえがった。やはり九十九里人は年に一度は潮風に吹かれると、大いにリフレッシュ!
a0060003_03151034.jpg

[PR]
by j-suguita | 2015-07-19 03:15 | プチ旅行 | Comments(4)

プチ・ヴァカンス 2011年8月/ ゲランド(Guérande)の市場

5月に日本に行ったばっかりだし、9月はイタリアだし、でも夏なので、どっかでかけたい…という事で、今年の夏は3日のみのプチ・ヴァカンス、それも友人の別荘居候というプランであった。

西フランスはうちの近所のモンパルナス駅発なので、とっても気軽。
大きな時刻表を見るとすでにヴァカンス気分、盛り上がり。
a0060003_1441946.jpg


目的地はMesquerという村で、フランス国鉄駅ではパリから近い海水浴場として知られるLa Bauleが最寄り。La Baule駅に着くと、子供達と出迎えのじーちゃん・ばーちゃんが嬉しそうに頬にチュッチュしてるヴァカンス名物の光景が。いつ見ても良いもんじゃのぉ。我々は折角なので塩で有名なゲランド(Guérande)の市場を見てみよう、という事で約20分ほどバスに揺られてゲランドへ。
お土産物屋通りを抜けて市場へ。途中のショーウィンドウ。ブー子達と親分…ではなく焼き物の貯金箱です。
a0060003_1485254.jpg


マルシェは予想通り楽しい賑わい。生鮮食料品ではなく、塩田の塩やソーセージ等保存食品、衣料品、お土産が売られている。
a0060003_2473718.jpg


予定通りフルール・ド・セルも買えた。とっても感じの良い女性と記念撮影。後で名刺を見たら、この方自身が塩を採集しているようだ。
a0060003_1583835.jpg


お腹がすいて来たので、教会裏のクレープ屋さんに。食事中、向かえに来てくれる友人が携帯に電話してくれたが古い建物なので壁が厚く途中何回も切れたのには驚いた!
a0060003_1554021.jpg
a0060003_2185713.jpg


商店街をプラプラ。塩キャラメルのソフトクリームなんてあったけど、クレープで満腹、残念ながらパス。
a0060003_1593792.jpg


すると、海側リゾート地につきものの、お洒落な海テイストの雑貨屋さんが。。。
a0060003_2193243.jpg


普段は財布の紐が特に堅い方なのに、旅行中だと「一期一会」という言葉が頭の中を回転木馬の様に回りつい買ってしまうのは何故だろう。。。それぞれ
Linum, Jardin d'Ulysseというメーカーのもの
a0060003_231672.jpg


そして教会の前で出迎えの友人とも無事合流、海際の別荘へ〜 (写真は城跡のお堀)
a0060003_261736.jpg


…続く
[PR]
by j-suguita | 2011-08-29 02:06 | プチ旅行 | Comments(4)