最近の・・・dernierement・・・

タグ:チュニジア旅行 ( 5 ) タグの人気記事

チュニジア旅行 / チュニス、バルドー博物館

最終日はモザイクで有名なバルドー博物館へ。

a0060003_08270597.jpgトラムの4号線にのって国鉄前駅から6駅目、20分ほど。車窓の景色も楽しい。バルドー駅で下車、右に白い大きな建物が見えるので、あれだな…と歩いていったら、カフェのおじさんが「バルドー博物館に行くんでしょう?こちらではなく左の道ですよ」と親切に。「シュクラン、フィラメン(ありがとう、さよなら)」と挨拶して美術館に向かう。

入り口が駅から反対方向なので8分くらい歩いて入場口に到着。
モダンな白亜の大きな建物。機関銃をもった警備員がいたりして物々しい。。今年リニューアルしたというバルドー美術館は入り口が大きな吹き抜けとなったゆったりした建物。

カードが使えないので焦ったが、ミュージアムショップで両替が出来るので一安心。大きなクロークもあったので旅行リュックも預けられゆったりの見られた。

マグレブ圏でもっとも重要な古代博物館であり、世界で最も重要なローマモザイク博物館の一つである同博物館。広大な建物の中に、膨大な数のモザイクが展示されている。モチーフは土地柄、海老や蛸、魚やイルカなど海のものが多くすごいキュート。幼い頃遊んだ九十九里を思い出した。
a0060003_08270551.jpg
展示物そのものも素晴らしいんだけど、場所によっては古代フェニキア、ローマ人が歩いたのと同じモザイクの床を歩けるという贅沢さと空間が雄大な気持ちにしてくれる。
a0060003_08423048.jpg
そういや80年代にベルギーの音楽レーベル「Crépuscule」からIsabelle Antena というフレンチボサノバのCDが出て日本でもスマッシュヒットしたっけ。ワテもレコードもってたなぁ。その中の「Toutes les étoiles de Tunisie チュニジアのすべての星」という曲を思い出した。
a0060003_09165316.jpg

カフェの案内があったのでミュージアムカフェでお茶して空港に直接向かうか…と思いきや、準備中でザンネン。
駅前の庶民カフェでミントティーを。蠅が飛び交っていたけど、お店のイケメンのお兄さんの笑顔がさわやかだった。taxiは沢山走ってるのに、みな乗車中で10分くらい待ってもつかまらず。で、またトラムで4つ先の大きな駅Répubuliqueまで戻りそこのTaxi乗り場から無事空港まで。

カルタゴ空港内もアラブ風装飾。
a0060003_08270599.jpg
パスポートコントロールが一人5-10分という長さなので、乗り遅れそうで走ってる人達もいた。空港内の免税品店はチュニス菓子店MasMoudiと一軒ガラス細工屋があったのみで欧米のありきたりなものしかなくてガッカリ。もっとチュニジアの工芸品なども置いて観光収入を伸ばせば良いのなぁ。2時間半で無事オルリー空港に着き、オルリーバスでパリ南部の自宅まで。中距離線だと空港と自宅が近いのがうれしい。

あくまで個人的な経験からだけど…
出発前の心配はどこへやら、ローマやナポリの様にジプシーもいないし、人々は親切でオープン、外人慣れしてる。犯罪も以前に比べたら増えた、という話ではあったが、基本イスラム教の真面目なメンタリティーで、倫理・戒律が守られている…という印象であった。もちろん、自分が偶々運良く、無事に楽しくすごしたから…かもしれないが。

単純なワテはしばらくはチュニジア風クスクスやチュニジア風サラダを作って現地で買った素敵なお皿でお菓子を…などという事をしてウットリしていたのでした。

a0060003_09165325.jpg

ところで、15ユーロのホテルのお向かいに、きれいで清潔そうなホテルがあったので次回のために値段などを聞いたら、一泊2人で40-55ディナールとの事。つまり約18ー22ユーロ。場所も良いし次回はここに決まり!
a0060003_20284258.jpg


[PR]
by j-suguita | 2014-07-06 08:26 | チュニジア旅行 2014 | Comments(0)

チュニジア旅行 / シディ・ブ・サイドで買い物、チュニスの夜

朝食は素敵なプ-ルサイドで。。。昨日同様とてもデリケ-トなサ-ビスで満足。
a0060003_08045058.jpg
a0060003_08053976.jpg午前中、やはり食器を買ってしまう。どこの店もちょっと見てるだけで「安いよ安いよ!」とうるさいのに、ちょっと奥まったところに珍しく値段が明記してあるお店を発見!
もの静かな店主がゆっくりと選ばせてくれる。あれこれ迷って予てから買い替えを予定していたパスタ皿、小皿、一目ぼれしたオ-バル型皿を入手。

もっと買いたかったんだけど、手荷物で飛行機に乗ることを考えたらちょっと躊躇(そして後悔...)革のバブ-シュもほぼ理想のがあったけど、チュニスのスークならもっと選べるだろう、と見送り(そして後悔...)
店主と少し話したが、彼もやはりチュニジアの安定が一日も早く戻ってくる事を、皆に仕事があって人々が満足して暮らせる社会に戻る事を強く願っている、という事だった。9月に選挙があるそうなので、その後の安定に期待をしているそうだ。
「そのためにも是非フランスや日本の皆さんにチュニジア旅行の楽しさを伝えてください」と頼まれた。

a0060003_08051818.jpg昼前にチェックアウト、そして「カフェ・ド・デリス」に。ここは是非行きたかったところ。シディブサイドの観光の目玉、という事もあるんだけど、私は旅行関係のサイトの仕事をしているが、チュニジア旅行プロモの写真に使うのは必ずここ。
たまには別の写真を...と提案するんだけど、担当者は「いんや、ここの写真!」という事になる。なんで、これは是非行って自分の目で見なければ!と思っていた。

7-8月は常に一杯らしいが幸いすぐ座れた。そしてミントティ-をいただきながら絶景を楽しむ。
ちなみにミントティ-のお値段は下界の10倍ほど...ま-そうは言っても500円くらいなので席代と思えば安いもの。松の実もたっぷり入ってたし。

その後、昨日と同じカフェの、今度は冷房のきいた奥の部屋でランチ、一番暑い時間が過ぎるのを待って、タクシーで下界のチュニスに。


運賃は30分で600円ほど。夢のホテルから1500円のホテルへ。。。

再チェックインの際に
「前回の部屋、バスル-ムがアレだったんだけど、もうちょっと良い部屋ありませんか?」
と聞いたところ
「お湯と水は出たの?」と。
「ハイ」と答えると
「じゃ、いいじゃん。ハイ、おとといと同じ部屋ね!」
と同じ鍵を渡される・・・昨日までのお姫様待遇とは大違い…
ま〜1/10の値段なので仕方がない。。

荷物を置いてスークに。革のバブーシュとサフランを買いに行くが。。。
一昨日沢山あったように見えたバブーシュはどこの店も似たようなもん、そして良く見ると人工皮革ではないか!!
これならパリで買った人工皮革バブ-シュの方が増し。。。次回シディブサイドで買う事にした。
買い足したかった食器も同じこと。次回シディブサイドで買おう。

a0060003_08053950.jpgサフランは実に調子の良いおっさんの店で値切りを楽しみながら家とご近所の方々の分を購入。
その後おなかが空くまで街をトラムに乗ったりしてブラブラ。夕暮になり、一昨日の夜見つけたブリック屋さんに。
ブリックとはアラブ風揚げ餃子。オリ-ブ、ツナ、茹でジャガ、刻みゆで卵などが具。パリパリですごく美味しい。。
パリにもチュニジア軽食屋さんはあるけど、ずっと美味しい。。。

a0060003_08053979.jpgブリックの横にミニサンドイッチを見つけお兄さんに注文したら、「もう少しすると揚げたてのパンが来るのでお急ぎでなければ少し待ちませんか? もっと美味しいですよ。すごく熱いですが」と、一昨日のチャパティ屋さん同様、アジア人の初老夫婦に暖かいもてなしを。モチロン時間など自由自在なので、少し待って挙げたてを。美味しい!!!
これで二人合わせて150円!
写真を撮らせてと頼んだら「じゃご主人も一緒に」と言ってくれたので、お兄さんとおじさんのツーショット。
それから界隈を再散策。



夜のチュニスは相変わらず良い味出してる。
食堂街(美味しそうで女性客も沢山いた。次回行ってみたい!)や、夜の市場の楽しそうな活気を横目にホテルの方に戻る。
長距離線の駅とTGMの駅を間違えてこの庶民的な界隈にホテルをとったけど、怪我の功名であった。


最後カフェでミントティーを。


付記:たしかにシディ・ブ・サイドは風光明媚な街だったが、ちょっと人工的な感じがした。
1915にヨーロッパ人(画家のデルランジェール。銀行家の息子で裕福だった)の好みに合わせて作られた街だし、2007年に行った南仏のボルム・レ・ミモザを思い出した。
もちろん、あそこよりはずっと歴史があり、お店はちゃんとした工芸品を置いしてるし、シャトーブリアン、フロベール、ジィド、コレット、ボーボワール、フーコー、ポールクレーなどの文豪・画伯に愛されたという点ではずっと重みがあるのだが。
その点、ワテらのような混沌の好きな旅行者にはチュニスはぴったりだったのでした。
ホテルさえ、ケチり過ぎなければ…(苦笑

ただ、ワテやヲォットは、雑多で混沌とした場所が好き、ゴミなども旅の風情として楽しんじゃうが、
「休暇中くらいはキレイなモノだけ見たいぜよ!」という人は、TAXIでシディ・ブ・サイド直行が良いと思う。


[PR]
by j-suguita | 2014-07-06 08:17 | チュニジア旅行 2014 | Comments(0)

チュニジア旅行 / シディ・ブ・サイドの夕暮れ、ディナー

6月というのに真夏並みの暑さ、1h30には可愛い部屋に戻りシエスタ。

a0060003_07435994.jpgそして15hくらいに誰かが部屋をノックするではないか。不慣れなワテらは「掃除の時間?!それとも不審なワテらにホテルの探偵の追及が?」
とパニくったが、ドアを開けるとなんと....
メイドさんが素敵なお菓子を持ってきてくれたではないか!!

オレンジウォ-タ-やピスタチオの素材を生かした甘さかなり控え目のデリケ-トなお菓子。
いわゆるアラブ系の蜂蜜だらけの甘いだけお菓子とはまったく違う。

思いがけないティータイムを楽しんだ後はプ-ルに!
素敵な長いすに大判の綿のスカ-フを敷くと...(昨年シッチェスで、長いすに直接寝ないと学んだ)
ボ-イさんが急いでホテルのバスタオルを持ってきて敷いてくれるではないか!
普段の生活で誰かがワテの為になにかしてくれるなんてありえないので、カンゲキ。
プ-ルで体を冷やし、甲羅干しし、冷やし....を繰り返しているうちにすこし涼しくなってきた。

昨日と大違いの快適なバスル-ムでリフレッシュ、軽くドレスアップして夕方の散歩+ディナーに備える。
少し涼しくなったシディ・ブ・サイドを散策。

a0060003_07494054.jpg夕暮れ時も美しい。ディナーもガイドブックでチェック済み、ホテルから程近いAu bon viex tempsさんに。白黒衣装のベテランギャルソンが気持ちよく接客してくれる。
あ~ちすとはチュニジア料理のイカの詰め物を。これって日本のイカご飯をスム-ルで作ったもので親近感が沸く。ワテはあんこうのサフラン煮を。これに白ワイン、デザ-ト、ミントティ-で二人で5000円ほど。南なのでパリよりずっと日が短い。


夜の街を散策、暑さで疲れてるので快眠出来た。
[PR]
by j-suguita | 2014-07-06 07:56 | チュニジア旅行 2014 | Comments(0)

チュニジア旅行 / シディ・ブ・サイドへ!

そして、高級リゾ-ト地シディ・ブ・サイドへ!

a0060003_07294961.jpg
チュニジア人の同僚は1000円足らずだからtaxiで行けばよい、と薦めてくれていたけどやはり外国で公共の交通機関に乗るのってすごく楽しいのでトラム、郊外線で行くことに。

前日にホテル横の国鉄長距離駅(写真上)の窓口で、シディ・ブ・サイドへは、国鉄前駅からトラムで2つ目の「マリ-ナ駅」で乗り換える、のを確認。

まずは初トラム。
トラムはいくつも線があるけどこの線はパリ並みに清潔で近代的。7-8分で広々したマリ-ナ駅へ。

日曜だけあって家族連れ、若いお兄ちゃんのイケイケな集団が。一等と二等があることが判明、二等はすでにアツい若者たちで一杯。
トラムからシディブサイドまでの通しの切符は買ってあったんだけど(こちらが言わない限り二等が渡される模様)交換は出来ないとのことなので、わずか100円足らずの切符だし、捨てて一等を購入。
一等には感じのよい家族連れやアベック、年配の方などが。

チュニス湖沿いに出発!
で、感じのよい家族連れが息子さんを膝に乗せワテのために席を作ってくれた。風光明媚な青空の下、30分ほどでシディブサイド手前2駅に着く。すると全員が降車、アベックの片割れのお兄さんが「今はここで終わりですよ」と教えてくれる。工事中なんだそう。幸い振り替えのバスは駅の出口すぐのところで待機。同じ切符でバスに乗車し10分ほどで夢にまで見たシディ・ブ・サイド駅に!!

ギッドドュルタ-ルの地図とgoogleMapを照らし合わせて予約したホテルDar Saideへ。
11hで結構暑く、風光明媚なだけあって高台にあるので、かなり急な坂をゼイゼイ言いながら昇る。
フランスと違い、かならずしも各通りに道の名が明記されていないので、暑い中荷物をもって結構迷う。すると、犬を連れたエレガントな女性が「ホテルをお探しですか?どこかしら?」と聞いてくれるではないか。親切に案内され、無事夢のホテルに到着!
当初booking.comで別のホテルを予約したが、、その後ここのホテルの写真が表示された。
わずかな違いでケタ違いの豪華さ。即、先のホテルをキャンセル、こちらのダブルをおさえたのであった。




a0060003_00240120.jpgサイトの写真と違わぬ豪華さ。。。(上の写真はラウンジ)客室はおそらく15位の小規模なホテルだけど、ピカピカで清潔なバスル-ム、手入れされた庭、海の見えるおしゃれな長いすのプ-ル、豪華なラウンジ...と予想以上のクオリティ。

私達は中庭側の可愛いお部屋。(さすが海側は満室、どちらにしても高い)
考えてみたら、人様のご招待でなく自腹で4星ホテルに泊まるのは初めてであった。

すごく丁寧に案内された後、荷物を置いてシディ・ブ・サイドの高台を散策。チュニジア人や西洋人の観光客、カフェ、お土産もの屋さんでいっぱい。絶景かな。
a0060003_08555806.jpg

a0060003_07294996.jpgそして...すごく素敵な食器屋さんがいっぱい!!!!!
買い物はバブーシュ以外しない、と決めていたが。。心が激しく揺れる。

ガイドブックで辺りをつけていたコスパが高く眺めの良いカフェでクスクスを堪能。ガイドブックには「あんまり美味しくないけどテラスが広く眺めが良くそんなには高くない」という事で期待してなかったが、お上りさんのワテ達にとっては充分美味しく、チュニジアにしては高いのかもしれないが、パリのカフェよりは2/3くらいの値段だし全然満足!
[PR]
by j-suguita | 2014-07-05 06:18 | チュニジア旅行 2014 | Comments(0)

チュニジア旅行 / チュニス、メディナ、スーク…

a0060003_07575842.jpg予約したホテルの界隈はかなり庶民的。安い洋服屋さんが並んでいるだけではなく、道ばたに延々と露天が続いている。

そして着いてみてわかったが、チュニスでは女性の半分はフランス人と変わらない服装を…
もちろん、タンクトップやスカートはNG(写真上のようなおばちゃんのダブダブロングは可)Tシャツにジーパンという出で立ちが最もポピュラー。
髪を覆う人も年配の人の半分くらい、チュニックとか必要なかった。。
(でも、その後に三ツ星ホテルで、プールと部屋の行き来に活躍)

そしてホテルは15ユーロほど(2000円弱)だったけど、さすがに節約しすぎた…。
部屋はペンキ塗り立てで清潔だけど、水周りがサビだらけでタイルが割れてたりすると…女性には凹む要素。
あと5ユーロ程足せばかなり清潔でコスパの高いホテルに泊まれたので、次回は5ユーロをプラス投資しよう。
駅前のホテルを予約したのは、翌日のシディ・ブ・サイド行きの為だったが、ここは長距離路線の駅であった。シディ・ブ・サイドに行く郊外線TGMはトラムで2つ先の駅、と判明。
でも、それが怪我の功名。TGM駅周辺はこぎれいにまとまっててあまり面白みがないカンジ。国鉄駅周辺は美味しい庶民的食堂が沢山で活気があって楽しかった。

a0060003_07585155.jpg荷物を置いて、とりあえずチュニスの顔とも言える旧市街、グランドモスクやスークのあるメディナへ。

フランス門というところが東京でいう雷門的な場所のようでここが入り口。

スークはアメ横のようなにぎわい、日本語で「高くないですよ」などという呼び込みも。とりあえず「ニーハオ」「こんにちわ」と、二カ国語で言ってくれるのが好感がもてる。どっちにしても皆フランス語はペラペラ。ともかくバブーシュを買うのが目的だったけど初日なのでとりあえず見るだけ。グランドモスクを目指す。

突き当たりのグランドモスクらしい地点に着きここかな〜?などと迷ってると、モスク脇の香水店のモハメドさんが「モスクをお探しですか?ここは朝しか入れないし、入っても観光客には中庭しか公開されてないんですよ」と親切に説明を。「でも折角だから、この先の絨毯屋の屋上からの景色をお見せしますよ!」と申し出てくれるので、ご好意に甘える事に。
a0060003_08130619.jpg

たしかにすごい迷路、地元の人の後をついていかないと全然無理。美しいタイルの屋上からグランドモスクとメディナを眺めながら世間話を。
「革命以来、経済は良くないけど…でも一番大事なのは健康と家族。悩んでも仕方がありません」
と。その後お店で蚊よけ効果のある室内香水を買って(これが効く!)記念撮影をさせてもらう。

その後さらにスークを進んで外に出る。少し進むと国会議事堂などがあるが、チュニジアでは政府機関の建物の撮影は禁止なので、残念ながら素通り

a0060003_07592841.jpg更に進んで行くとちょっとお洒落な画廊や立派なレストランなどがある界隈が。しかし地元の人に聞いたらかつて4軒あったレストランのうち革命後なんとか営業しているのは一軒のみということ。。

進んで行くとまた庶民的な界隈に。おっさんだらけのカフェ。
a0060003_07592876.jpg

革命の後。

更に回ってフランス門に戻り、お茶を。チュニスはアマツバメが沢山。



ホテル近くでチャパティというあっさりしたチュニジアサンドイッチを夕食に。(約100円!)

チャパティ屋さんのお兄さんは「チャパティを食べるのは初めてですか?」とアジア人初老夫婦に暖かい接客を。そしてホテル近辺を散策。チュニスの夜はかなりいい味出してる。

しかし、やはり公共サービスはかなり打撃を受けたようで道にはゴミ箱が無くビニール袋が直接捨てられている。朝にはゴミ収集車が来るようだが、散らばったゴミを完全に拾ってくれるワケではないので、清潔とは言いがたい状態。早く落ち着き観光客が戻ってくるような状態になると良い…と思った。
[PR]
by j-suguita | 2014-07-02 08:33 | チュニジア旅行 2014