最近の・・・dernierement・・・

タグ:コンサート ( 1 ) タグの人気記事

2017年、1月〜7月の想ひ出


1月の想ひ出

a0060003_06092527.jpg
今年は7年ぶりに日本のお正月を満喫〜。
日頃不義理にしている私たちを暖かく迎えてくれたみなさん、ありがとうございます!

2月の想ひ出

a0060003_06092655.jpg今年も誕生日はLa Maison de la Truffeへ〜。変わらぬ美味しさ、心地よいサービスに満足感120%。あ〜ちすともご満悦。

3月の想ひ出

a0060003_06092683.jpg今年はお内裏様とお雛様を譲り受け、パリでひな祭り。

a0060003_06092668.jpg近所で新しいビストロ発見。あ〜ちすともご満悦。
ジュールダッシンの名作「トプカピ」鑑賞。子どもの頃日曜洋画劇場で観て、メルナ・メルクーリの日本人女性にはないヨーロッパ女性の大人な魅力がキョーレツだった。今見ると、ピーター・ユスチノフの良い味がこの作品の魅力の核だなーと気づく。

4月の想ひ出

a0060003_06092713.jpg故あって、パリから25キロのコンフラン・サン・トノリーヌという街に通うことに。当初、「遠いな、参ったな…」と思っていたら、乗り換えは一度だけ、始発なので座って風光明媚なJ線で景色を楽しめながら行けた。


a0060003_06092739.jpg4月は車窓から見える景色のあちこちに桜が咲いていて「あれ、昔からこんなに桜が植えられていたっけ?最近のはやり?」と思い仏人に聞いたら「昔からこうよ。私たちフランス人はさくらんぼが大好きでしょ、だから花より収穫目的で植えるのよ。いろんな種類があるわよ」と。ひとつ勉強。


5月の想ひ出

a0060003_06092763.jpg相変わらずコンフラン・サン・トノリーヌに通う。
桜が終わり、その代わり藤とライラックがあちこちで満開で、薄紫が絶景だった。(写真はパリ市内)

今年は長く寒い春で、冬物のクリーニングに出したのは5月末だった ^^;
やっと暖かくなった日にエソンヌ県にハイキング。あ〜ちすともご満悦。
a0060003_06092760.jpg


6月の想ひ出

a0060003_06092755.jpg今度は紫陽花の季節。

a0060003_06092896.jpg日が長いので夏至の音楽祭の他にもコンサートが多く、マラコフでSinsémiliaの無料コンサート!電気ダチョウのデコレーションが綺麗だった。

5月まで肌寒い春だったのに、6月は後半に1週間35度を超す熱波が続きつかれた。。
そして…Blondieのパリライヴ!!
a0060003_06162808.jpg
2014年の「ロック・シュル・セーヌ」フェスを別にすれば、40年来のファンにして初めての生ライブ。結構初期の曲もやってくれた。Union City Blueのイントラが始まった時は狂喜したー。

7月の想ひ出

a0060003_06162839.jpg
友人がヴィレット運河にうかぶ小舟レストランでジャズのライブを。普段あまり行かない地区で初の船上コンサート、新鮮な体験だった。その後運河沿いをブラブラ。

a0060003_06162884.jpg7月14日、パリ祭(正確には革命記念日だけど)の花火は、今年もまたまた穴場(?)のEcole militaire 裏のplace de Fontenoy広場に。
すっかり恒例に。(2009年2011年2014年
オリンピックをテーマにていた為か、ちょっと凝りすぎ?もっと素朴な「たーまやー」みたいので良いのだが。
フィナーレがちょっとあっけなくって、皆さんも「あれ、終わり?」という感じでなかなか芝生から立たなかった。
でも豪華できれいなのには変わりなし。

[PR]
by j-suguita | 2017-07-29 06:19 | おでかけ | Comments(2)