最近の・・・dernierement・・・

トリュフで新年 2006

a0060003_7431218.jpg

ついに新年!

例年はキャビアを開けるけど、暮れに買いに行ったら残念ながら売切れ。
そこで、どうせ蕩尽するなら普通は絶対買わないモノ、と思い
瓶入りトリュフを買ってみました。(写真一番上)

帆立貝のソテーのソースにしてみたところ、
香りはなぜか鰹節と檜を思わせる。
食感はごぼうの様にサクサク、
味は・・・使ったワインが酸味が強すぎよく分からなかった。(笑)
でも飲み込んだ後にカマンベールのような濃厚な感覚が残るのが不思議な感じ。
慣れたら堪えられないでしょうね。
日本酒との相性も中々です。

ともあれ、怪我の功名で良い経験でした。
・・でもでも、同じ値段ならやっぱりキャビアがモアベター。(笑)
今年の暮れは早めに買うように心掛けよー。
[PR]
# by j-suguita | 2006-01-02 23:48 | 生活 | Comments(10)

只1度の

a0060003_2125285.jpg先日はテレビでウン10年振りにオーストリア映画「会議は踊る」を鑑賞。

改めてみると、この作品のユーモア、人物描写の今日性にびっくり。
古びてない、ちょっとブラックな、又は脱力なユーモアにニンマリしてしまった。
主役のリリアン・ハーヴェイは可愛いだけではなく感情表現がすごく豊か。
こういうちょっとファニーで可笑しな女の子なので、逆に私達も彼女と一緒に恋の苦しみを味わってしまう。

脇役もみんなウマイ !
彼女に片思いしながら、使命で泣く泣くロシア皇帝(実は、その影武者なんだけどね)との仲をとりもつ幼馴染、しっかりものの皇帝の片腕、サディストの鞭打ち役人、悪役のメッテルニヒの憎々しさと凄みが映画を面白くしてる。

しっかし何と言ってもサイコーは、ロシア皇帝とその影武者!(1人2役)オンナ好きでユーモアもあるけど、ここ、という時はばっちり決める皇帝と、ひたすらドジでお馬鹿な影武者がすんごく上手く演じ分けられている!
強いて言えば美術がちょっと寒々しいかな〜?ま、それも目がピカピカのハリウッド映画慣れしてるせいかも。

「ただ1度の」と「ウィーンとワイン」の旋律が頭にこびりついてます。
[PR]
# by j-suguita | 2005-12-27 02:28 | 映画 | Comments(7)

クリスマスの電飾 : 備忘録

a0060003_9444478.jpg早いもので、あと2週間足らずでクリスマス、そして年末 ⇒ 新年です。
めったに行かないシャンゼリゼですが、たまたま通りかかったら今年も見事に電飾が点いていました。ヤッパリ本場はスゴイ!!家の近所なんかしょぼい雪だるまがカフェの上に乗っかっちゃったりしてるのに。それはそれで庶民的味わいがあるけどね。

Macメンテ:
NVRAMリセット
起動時に「comand + option + o + f」を押し続けにしておきグレーバックの画面に切り替わったらキーを離す → 「reset-nvram」とタイプしリターン押下 → 続けて「reset-all」とタイプしリターン押下。

(PMU) のリセットを参照
1. コンピュータの電源が入っている場合は、電源を切ります。
2. キーボードの「Shift」、「Control」、「Option」、パワーの各キーを同時に押し、“パワーマネージャ”をリセットします。このとき「fn(ファンクション)」キーは押さないでください。
3. 5 秒間ほど待ちます。
4. パワーボタンを押してコンピュータを再起動します。
a0060003_21230518.jpg

a0060003_04393643.gif

[PR]
# by j-suguita | 2005-12-14 10:10 | 街角 | Comments(0)