最近の・・・dernierement・・・

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ダーウィンの悪夢」

a0060003_803994.jpg
イヤ、遅ればせですが日本でもフランスでも一昨年公開されたフーベルト・ザウパー監督「ダーウィンの悪夢」テレビで見ました。
プロバガンダだとか、賛否両論あるようですが、ウ〜ン、それでもすごい衝撃であった。

日本やEU諸国に輸出され、フランスのスーパーでも良く見かけるナイルパーチ、これは元は1954年頃にイギリス人による乱獲で減少したタンザニア、ケニア、ウガンダにまたがるヴィクトリア湖の漁獲高向上のために放された外来種だそうな。
で、もともと生物多様性の宝庫として「ダーウィンの箱庭」と呼ばれていた琵琶湖の100倍の広さのこの湖の生態系が、この大型肉食魚の為、固有種が激減し大きく崩れている。。

そして

打撃を受けているのは湖だけではなく、湖畔の人達の生活も、なのであった。本作ではタンザニアのムワンザの荒廃が描かれている。
ともかくも漁獲高は向上したにもかかわらず、この魚、地元の人には高くて手が出ない。切り身は地元民を素通りして日本やEUに切り身となって輸出される。利益はごく一部の資本家の元に。でも工場で働ける人はまだ良いけど、あぶれた人は戦争を待ち望んだり、売春をしたりして糊口をしのいでいる。・・・そしてエイズの蔓延、ストリートチルドレンの増加。

わずかな食物をめぐって拳骨で殴り合いをする小学校高学年くらいのストリートチルドレンがすごい痛々しい。日本だったらピコピコとゲームをやっているのような年齢なのに。。

まー、圧巻はやはり残骸の集積場でしょうか?
切り身は輸出されるが、アラは残る。それらは一カ所に集められ骨にのこった身を乾かして食べたり、頭部を揚げて売られたりする。画像を見ただけで臭気が漂って来る様なおっそろしい場所。
強いアンモニアガスが発生するため、ここの人達はみな咳をしている。そして、なんと眼球が落ちてしまった女性も。

個人的には、「プログラマーの学校に行きたいけど無理よね。。」と言っていた、売春婦のエルザのインタビューが印象に残った。私もwebデザインの学校に行きたくてお金を貯めてたのでウ〜ン...というカンジ。。。(ちなみに彼女の”料金”は1回10ドル。。。。。)そんな彼女も撮影中に客に殺害される。

しっかしもうナイルパーチはコワくて食べられん。。。
作品中には出て来なかったけど、あの状態なら抗生物質の投与や必要以上の餌による水質汚染とかありそう、、って、今時の安い食べ物はみな似たり寄ったりなんだろうけどね。

日本では西京漬け、味噌漬け、そして給食でも出されてるとの事なので今度スーパーに行く時は気をつけよう〜〜〜。。

公式サイトはこちら →

(*以上、色々ググってみたところ様々な意見の方々がいるようですので、上記あくまで私の個人的感想、ってことでご了承を!)
[PR]
by j-suguita | 2008-04-29 08:13 | 映画 | Comments(7)

カワセミの営巣観察のはずが...

目的の観察は出来ず、すごすごと引き上げようとしたら、なんと別のものを観察してしまった。
エッフェル塔のたもとで人々がやたら集っちょる、と思いきやその日は「オリンピック聖火リレー」の日なのであった!

で、面白がっちゃいけん、と思いながらもキョロキョロと見回すと、いやー、いたいた、応援派よりも多くの「反対派」が!手錠を五輪に見立てた旗を振ってシュプレヒコールする仏人ヤング、ひとり静かにチベットの旗をひろげる人など。
そしてそんな彼らに混ざって、希望に燃えながら中国の旗を振る留学生とおぼしき優等生風の中国ヤング達の姿も見られたのでした。
a0060003_9275235.jpg


何しろ全く知識が無いのでエラそうな事は言えないのですが
反対派の仏人のヤング達は、決してマスコミに踊らされて「正義の味方な自分」に陶酔してるのではなく、アメリカのイラク侵攻や仏の植民時代の蛮行と同じ様に中国の暴力が許せない、という認識で異議を唱えてるのなら良いな、と思いました。
そして大国でありながら阿片戦争以来列強に支配され、ここにきてようやく一等国(やな言い方だな。。)の仲間入りをはたそうとしたところで躓づいた中国のヤング達も、これで欧米との溝を作るのではなく、国際社会の中での対話のきっかけに転じて欲しい...などと言うのは簡単、実行はとってもムズカシー事を願ってしまったのでした。
a0060003_9282560.jpg


*エッフェル塔を入れた角度、中国のヤング達も撮りたかったけど電池が切れてしまったのでした!
[PR]
by j-suguita | 2008-04-11 09:40 | 街角 | Comments(15)