最近の・・・dernierement・・・

<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

貨物列車娘バーサの駆け抜ける青春 『明日に処刑を』

明日に処刑を… [DVD]
スコセッシの初期長編作(72)、『明日に処刑を』(原題『 BOXCAR BERTHA』主演バーバラ・ハーシー、デビッド・キャラダイン)を見てきた。激しく暴力的な作品、と聞いてたんで身構えて出かけたが観賞後残ったのは「爽快感」と、目に沁みるようなアメリカ大自然の緑。

1930年代の大不況下、左翼労働組合員ビル(デビッド・キャラダイン)と、貨物車(BOXCAR)にただ乗りして各地を彷徨うバーサ(バーバラ・ハーシー)の、放浪と戦いの物語です。途中からイカサマ賭博師、脱獄囚も参加し4人でゴッコ遊びをする子供のように強盗を働いてく。段々エスカレートして、はては知事宅パーティー襲撃まで。
勿論そんな日々は長くは続かない。ある日列車強盗に大失敗した彼等は射殺、逮捕、逃亡と散り散りに。そして。。。

タイトルロールのバーバラ・ハーシーはハマり役。ドン底の日々の中、思うがままに生きるバーサを好演。ポスターどおり、能天気ギャングなカンジ。脱ぎっぷりも良く、モデルの様に矯正されていないノビノビした裸体が美しい。エッチも健康的に、爽やかに描かれてる。

ビルを演じるのは「キル・ビル」でカムバックしたデヴィッド・キャラダイン。(「キル・ビル」の役名はここから来てるのかな?と思いググッてみたけど、わからずじまい。)長過ぎる顔は若い時からだけど、社会に反抗する風来坊のカンジ、巧く出してた。組合ミーティングを監視に来ていた警察官をボコボコにしちゃうわ、「俺はギャングじゃない、組合員だ!」と強奪金を組合に持ってっちゃうわ、(組合に受け取り拒否される)相当ズレてる…。ま、そこが良いのか。
ラストでキリストになぞられているのは、それでも彼は殉教者、という製作者の意図なんだろう。

しかし「明日に処刑を」という邦題は、よくわからん。もしかして当時のニューシネマブームにあやかり「明日」、ラストにちなんで「処刑」、でつけちゃったのか?
明日に処刑を… [DVD]
明日に処刑を… [DVD]
posted with amazlet at 15.07.21
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-08-25)
売り上げランキング: 71,520

[PR]
by j-suguita | 2006-01-29 08:50 | 映画 | Comments(29)

謎のX

a0060003_10204599.jpgパリ郊外のイヴリー市をプラプラと散歩していたら....
謎の物体Xが!
宇宙から来たんかいな、と思い近づいてみるとそれは古い風車でした。

ルイ14世の時代に当時の大名が建立、1975年には撤去されかかったそうですが、イヴリー市と“守る会”の尽力で今も残っているそうです。
...しかし、古き良きモノがどんどん壊される日本ならいざ知らず、ちょっと田舎にいけばレトロな風景にお目にかかれるフランスで、背後の無味乾燥なアパートとは見事なミスマッチのこの風車をわざわざ残す、、というのもイヴリー市民の心意気でしょう。
[PR]
by j-suguita | 2006-01-17 10:21 | 街角 | Comments(29)

1日だけの王様

a0060003_883676.jpg1月上旬は”ガレット・デ・ロワ”というお菓子を食べる習慣があります。
元々はエピファニー(イエスの誕生を祝福する為に東方の三賢人が訪れた日)を祝うためのものだそうですが、クリスチャンではない私には、そろそろシャンペンやお餅も飽きたなー、という次期にやってくる楽しい行事。サクサクで軽いのでつい食べ過ぎてしまいます。
しかし中にはアーモンドペーストが。。。「明日から体も財布もダイエット!」という気分になる、正月気分を締めくくる習慣でもあります。
中には可愛い陶器のお人形が入っていて(写真左上)これがあたった人は、その日1日だけは王様、女王様になる、というゲームでもあります。
この期間は街で嬉しそうに金の王冠をかぶった子供達が見受けられます。

しかし、、、キツネ色にこんがり焼けていたガレットを半分残しておいたのが、翌日は更に濃い茶色になっている。よく見ると昨日のより若干大きいような気が・・・まさか同居人が。。。
[PR]
by j-suguita | 2006-01-10 08:08 | グルメ | Comments(11)

トリュフで新年 2006

a0060003_7431218.jpg

ついに新年!

例年はキャビアを開けるけど、暮れに買いに行ったら残念ながら売切れ。
そこで、どうせ蕩尽するなら普通は絶対買わないモノ、と思い
瓶入りトリュフを買ってみました。(写真一番上)

帆立貝のソテーのソースにしてみたところ、
香りはなぜか鰹節と檜を思わせる。
食感はごぼうの様にサクサク、
味は・・・使ったワインが酸味が強すぎよく分からなかった。(笑)
でも飲み込んだ後にカマンベールのような濃厚な感覚が残るのが不思議な感じ。
慣れたら堪えられないでしょうね。
日本酒との相性も中々です。

ともあれ、怪我の功名で良い経験でした。
・・でもでも、同じ値段ならやっぱりキャビアがモアベター。(笑)
今年の暮れは早めに買うように心掛けよー。
[PR]
by j-suguita | 2006-01-02 23:48 | 生活 | Comments(10)