最近の・・・dernierement・・・

カテゴリ:映画( 32 )

貨物列車娘バーサの駆け抜ける青春 『明日に処刑を』

明日に処刑を… [DVD]
スコセッシの初期長編作(72)、『明日に処刑を』(原題『 BOXCAR BERTHA』主演バーバラ・ハーシー、デビッド・キャラダイン)を見てきた。激しく暴力的な作品、と聞いてたんで身構えて出かけたが観賞後残ったのは「爽快感」と、目に沁みるようなアメリカ大自然の緑。

1930年代の大不況下、左翼労働組合員ビル(デビッド・キャラダイン)と、貨物車(BOXCAR)にただ乗りして各地を彷徨うバーサ(バーバラ・ハーシー)の、放浪と戦いの物語です。途中からイカサマ賭博師、脱獄囚も参加し4人でゴッコ遊びをする子供のように強盗を働いてく。段々エスカレートして、はては知事宅パーティー襲撃まで。
勿論そんな日々は長くは続かない。ある日列車強盗に大失敗した彼等は射殺、逮捕、逃亡と散り散りに。そして。。。

タイトルロールのバーバラ・ハーシーはハマり役。ドン底の日々の中、思うがままに生きるバーサを好演。ポスターどおり、能天気ギャングなカンジ。脱ぎっぷりも良く、モデルの様に矯正されていないノビノビした裸体が美しい。エッチも健康的に、爽やかに描かれてる。

ビルを演じるのは「キル・ビル」でカムバックしたデヴィッド・キャラダイン。(「キル・ビル」の役名はここから来てるのかな?と思いググッてみたけど、わからずじまい。)長過ぎる顔は若い時からだけど、社会に反抗する風来坊のカンジ、巧く出してた。組合ミーティングを監視に来ていた警察官をボコボコにしちゃうわ、「俺はギャングじゃない、組合員だ!」と強奪金を組合に持ってっちゃうわ、(組合に受け取り拒否される)相当ズレてる…。ま、そこが良いのか。
ラストでキリストになぞられているのは、それでも彼は殉教者、という製作者の意図なんだろう。

しかし「明日に処刑を」という邦題は、よくわからん。もしかして当時のニューシネマブームにあやかり「明日」、ラストにちなんで「処刑」、でつけちゃったのか?
明日に処刑を… [DVD]
明日に処刑を… [DVD]
posted with amazlet at 15.07.21
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2007-08-25)
売り上げランキング: 71,520

[PR]
by j-suguita | 2006-01-29 08:50 | 映画 | Comments(29)

只1度の

a0060003_2125285.jpg先日はテレビでウン10年振りにオーストリア映画「会議は踊る」を鑑賞。

改めてみると、この作品のユーモア、人物描写の今日性にびっくり。
古びてない、ちょっとブラックな、又は脱力なユーモアにニンマリしてしまった。
主役のリリアン・ハーヴェイは可愛いだけではなく感情表現がすごく豊か。
こういうちょっとファニーで可笑しな女の子なので、逆に私達も彼女と一緒に恋の苦しみを味わってしまう。

脇役もみんなウマイ !
彼女に片思いしながら、使命で泣く泣くロシア皇帝(実は、その影武者なんだけどね)との仲をとりもつ幼馴染、しっかりものの皇帝の片腕、サディストの鞭打ち役人、悪役のメッテルニヒの憎々しさと凄みが映画を面白くしてる。

しっかし何と言ってもサイコーは、ロシア皇帝とその影武者!(1人2役)オンナ好きでユーモアもあるけど、ここ、という時はばっちり決める皇帝と、ひたすらドジでお馬鹿な影武者がすんごく上手く演じ分けられている!
強いて言えば美術がちょっと寒々しいかな〜?ま、それも目がピカピカのハリウッド映画慣れしてるせいかも。

「ただ1度の」と「ウィーンとワイン」の旋律が頭にこびりついてます。
[PR]
by j-suguita | 2005-12-27 02:28 | 映画 | Comments(7)