最近の・・・dernierement・・・

カテゴリ:プロヴァンス・アルル 2006( 6 )

バカンス-6: アルルの夜

a0060003_1435134.jpg
南仏の夏の夜は、お散歩に最高。地形的にこんもり小山型になっているので起伏のある楽しい夜景です。古代遺跡はしーんとした夜に、石の腔からかつての記憶を感じさせる。古都って、カンジ。

しかし、アルルは観光ずれしてないとこ、という印象を持ちました。ホテル街のちっちゃな食料品店とか、普通はまずいものを法外な値段で売ってるのですが、当地は良心的。(偶然良いとこにあたったのかもしれないが。)果物は新鮮、チーズも良いものを置いていて客にキチンとアドバイスもしてくれる。実際、私は在仏16年にも関わらずヤギのチーズってダメなのです。ところが!ここのはスゴく軽くて初めて本当にオイシい!!と思った。塩漬けアンチョビも薄塩で微妙なお味がたまらない。
・・・と食べ物の話に戻ってしまいましたが、楽しい夏休みもこれでお終い。ブログも8月は5回アップ、と普段は無い快挙でした。
では、みんな、秋を迎え、新たな気持で頑張りましょーー。次は11月のプチ秋休み!
[PR]
by j-suguita | 2006-09-03 02:37 | 南仏・アルル 2006 | Comments(3)

バカンス-5: アルルの昼

a0060003_1345051.jpg
気がつきゃ9月、もぉほとんど日常生活に舞い戻りました。パリのお空は早くもグレー色♪♪(って、もう自棄)それでも思い出されるのは目に沁みるアルルの青空。円形劇場の窓からは、アルルの町が見渡せ、古代の人は同じ窓から同じローヌ川を眺め何を思ったのか、って思いました。外に出たら初老の男性がしげしげと見上げていたので(左上)、おっさんは古代劇場を眺め、何を思うのかな、って思いました。
[PR]
by j-suguita | 2006-09-03 01:42 | 南仏・アルル 2006 | Comments(3)

バカンス-4: 南仏のヘルシーなお食事

a0060003_115936.jpg
南仏料理は美味しいだけでなく夏野菜だっぷりでとってもヘルシー。今回も舌鼓を打ちました。
左上、ライスサラダ 上中央、ちびっ子シェフ、カンタン君が作ってくれた夏野菜のひき肉詰め。オーブンでゆっくり焼いてくれたから、柔らかい野菜に南仏のハーブたっぷりの肉汁がよーくとけ込んで、う〜ん、熱いけどデリシャス! 右はオリーブの塩味ケーキ、中央はアンチョビとピーマンのタルト。左下、美味しいケータリング屋さんで買って、川辺で食べればモーターボートの上と変わらない?? 下中、南仏名物、牛のサラミ。右下 気持よいカフェで。マリネした海老のグリルの付け合わせは、なんとお豆ご飯でカンゲキ!
[PR]
by j-suguita | 2006-08-30 01:10 | プロヴァンス・アルル 2006 | Comments(12)

バカンス-3 : 雄牛肝試し

a0060003_19214115.jpg
今回初めて知ったけど、南仏には「プロバンス風闘牛」というのがあるんです。
着飾ったマタドールが剣で闘牛を刺し殺す、というものではなく、いわば 「雄牛肝試し」。町の青年達が、牛の額につけられたコヨリのようなものを取ると賞金がもらえる、という競技です。参加するのは、機敏さと体力に自信のありそうな運動部っぽいおニーサマ達。時には大けがをしたり、最悪の場合は死亡事故もあるそうなので、選手達も牛に向かったり、逃げたり、に必死。
命知らずなヤツは上の観客席ではなく、地面で見物します。もちろん、赤い柵の後ろで、です。でも、この牛さんみたく、気の荒いのは右下の写真のように柵の板をはずしちゃったりする-!赤い板が宙に舞ったときは息を飲みましたね〜。
この祭典、住民700人の村で競技場が写真のように一杯になるんだから、人気の程が知れようというものです。途中で激しい雨が降り始めましたが、濡れるのもモノともせず鑑賞しつづけてた。きっと、勇ましく戦った若者はしばらくの間、おねーちゃんたちにモテモテなんだろーなー。
[PR]
by j-suguita | 2006-08-26 19:20 | 南仏・アルル 2006 | Comments(14)

ヴァカンス-2: 1等車でぶどう畑へ

a0060003_22264489.jpg
今年は、フランス国鉄が1等車に格安で乗れるキャンペーンをやってます。時間帯によっては2等車より安く乗れちゃう! 利用しない手はないので、早速予約しました。写真右上のように、幅広の方が座ってもじゅうぶん余裕のあるゆったりさ加減、いーなー。ガラガラだったので中央の向かい合った席を独占出来ました。あんまりいい気分だったので、3時間弱あっというまに過ぎちゃいましたよー。アヴィニヨンに着いた時、降りたくない!このままあと3時間くらい座ってたい!・・・って思いました。 着いた日は快晴、ぶどう畑でゆっくりお散歩と昼寝。7月の猛暑の為、今年の葡萄は上々の出来だということです。
[PR]
by j-suguita | 2006-08-23 22:33 | 南仏・アルル 2006 | Comments(9)

ヴァカンス-1:アルルのデッサン

a0060003_5182998.jpg
この夏は4泊5日の短いヴァカンスでしたがそれなりに楽しく過ごしてきました。
お天気がいまいちだったり、移動が思うように行かなかったり、はありましたが
それでもパリを出るのと出ないのでは大違い。。。
まずパリューという田舎の村で2泊、地元の牛肝試し、(闘牛用の牛の額についたこよりを10人くらいのお兄ちゃん達が取る、というゲームです。闘牛場で行われ、地元中の人が集まってくる伝統的行事の用です。気の荒い牛もいて、囲いの板が宙に舞ったりする場面も。)を見学。
その後アルルに移動、古代競技場、古代劇場など見物しました。

一番うれしかったのは、とっても久しぶりにデッサンが出来たこと。
一時、とても自然にスイスイ描いていたのが、何故か描けなくなり、
それでも旅行の度に「きっとまた。。。」という淡い期待を抱いていつもデッサン用具は
持って行ったものです。
アルルのオレンジの屋根を見ていたら急に描いてみたい、という気持になりました。
[PR]
by j-suguita | 2006-08-20 05:17 | 南仏・アルル 2006 | Comments(10)