最近の・・・dernierement・・・

カテゴリ:里帰り 2009 - 2010( 5 )

江戸川おにぎり - 里帰り正月2010-5

a0060003_6432447.jpg
前回あまりにも気持ちがよかった江戸川沿い散歩に、今回も行ってきた。

ここでお茶とおにぎりでピクニックをするのは気分良し。この日も雲ひとつない快晴、澄み切った青空の下川沿をプラプラしてるとあ〜ちすとが驚きの声を。なんと、百舌(もず)がハタネズミを捕食する現場に遭遇したそうで、とても貴重な観察なのだ、という事。おにぎりにつられ、しぶしぶやって来てたあ〜ちすとも大満足。私は近眼なのにメガネ嫌いでかけないので、見逃した。残念!!
こちらが観察記  ->

そんなこんなで今年も楽しい里帰りでした!!!
2週間といつもより短かったので、出来るだけ予定を入れないようにしたのが良かったみたい。
遊んでくれた方々、チケ手配をしてくれた方、ご馳走してくれた方々、ありがとうございました!!!
[PR]
by j-suguita | 2010-02-08 06:45 | 里帰り 2009 - 2010 | Comments(7)

紅白2009雑感 - 里帰り正月2010-4

紅白歌合戦を観るのもひっさしぶり。
Perfumeが連続二回目の出場決定した時点で、31日にはカレンダーに○をつけておいたぜ!

a0060003_1242455.jpg驚いたのは歌唱力のある若手の女性歌手がすんごく増えた事。一時は人気歌手と言えばひ弱な声量のかわい子ちゃんが音程はずして歌う、って感じだったが。いや〜月日が経てば世の中変わるな〜。作詞・作曲もやってる場合もあってオドロキ。このまま英語にすれば世界的に通用する??というアーチストが多数。倖田來未って始めて聴いたけど妹さんとの掛け合いがソウルフルでナイス。
Perfumeはもちろん良かったけど、欲を言えば「たぶん出来るはずって♪」の所で絶妙な足さばきをしてるのに、そっちを写さず顔のアップだったのが残念!NHKさんにはもっとカメラワークを研究して欲しい。一昨年は良かったのになぁ。。

a0060003_1244012.jpgすんごい驚いたのはTOKIO。長瀬が超唄上手いんでビックリ。表現もアーチスティックだし、もはやアイドルって感じじゃないね。超イケメンで歌唱力あり、となれば言う事ナシ!!!!イケメンといえば東方神起、長身の兄ちゃん達がスラッと並んでるというのはエ〜もんじゃのぉ。訴訟とかあるらしいけど、そう思って聴くと、去ってしまった元カノへの思い…というより分裂前のメンバーへの思いにも聴こえる。
…そして、キヨシ〜♪〜♪〜♪
イヤ〜〜〜きよしも30代になり、芸能界で不動の地位を築いた感あり。この路線やってる人誰もいないし。あえてベタな昭和っぽい歌謡曲にしてるマーケティングも巧みだけど、それもキヨシの歌唱力とキャラがあってこそ。思わずモニターに「あいしてキ・ヨ・シィ・ン〜!」とコールしちゃうぜ〜。

全体的に「感動系・熱唱系」のやたら前向きな歌詞多し。そら、後ろ向きより前向きが良いに決まってるけど、何気ない日常のひとこまを歌う曲がもっとあって良いかも。喧噪に嫌気がさして、夜中にフト恋人に電話をかけてしまう男を歌ったルー・リードの「New York Telephone Conversation」みたいな。
その点、お引っ越しの心境を歌ったPerfumeは良い意味でアウェイだったなーー。

追記:中島美嘉 さんが裸足だったのと吉田美和さんが露出度高いの良かった。
ボーカリストって精神的ストリップをする部分があると思うので、生々しさがナイス。
[PR]
by j-suguita | 2010-01-30 12:05 | 里帰り 2009 - 2010 | Comments(19)

展覧会 出光美術館の「麗しの器展」etc… 里帰り2010正月−3

展覧会は恵比寿の写真美術館「木村伊兵衛とブレッソン」展に。
ベタ焼き(死語?)も展示してあって興味深かった。恵比寿ガーデンプレースというところも初めての経験、バカラの巨大シャンデリアが飾ってあったりするゴージャスな場所。こういうとってつけたような「洋風」って日本独特でそれなり面白い。
a0060003_945671.jpg


そして原美術館に。
ともかくここは行くだけで心が洗われる様な場所。コンテンポラリー美術館は現代の教会、という認識を新たに!!!
ここの2階テラスが大好きなのでいつものように外に出てみた。夕刻だったので暮れ行く山の手の空気を堪能。
a0060003_951775.jpg


仕上げは出光美術館の「麗しの器展」
いんや〜〜〜〜秀作ぞろいで圧倒されたーーーー。堪能したーーーー。
尾形乾山がすんばらしく、器の内側から発散される力のようなモノを激しく感じた。鍋島が超一級のデザインだとしたら乾山はもうアートの領域に入っているぅ!と一人感心したのであった。その他の茶器なども出色だった。描き人知らずの限りなく水墨画に近い屏風も深かった〜〜〜
a0060003_9173660.jpg


展示室を出るとひろーーーいガラス窓から皇居が一望できる無料セルフお茶コーナーが。ビルに邪魔されない風景は、「ウルトラマン」の頃の昭和、って感じ。目の保養の後に、ここでゆっくり余韻に浸れる、というニクイ構成。
a0060003_07581372.jpg
(お茶コーナーの写真は2014年4月のもの。新緑なのはそのためww)

残念なのは三井美術館の柴田是真の漆展を見逃したことと、サントリー美術館の宴の器展が私の帰国後のスタートだったこと。
次回は三井美術館参拝と、ずっと行ってない横山大観記念館から始めたい !
[PR]
by j-suguita | 2010-01-28 09:18 | 里帰り 2009 - 2010 | Comments(4)

日暮里銀座プラプラ : 里帰り2010正月-2

必ず行かなくては気がすまない場所の一つ、日暮里商店街に行ってきた。
いつものように小野陶苑さんで陶器を選んでブラブラ歩いた後、あ〜ちすとが洋食屋さんを発見。
a0060003_6344942.jpg
かなり年季の入ったメニューサンプルが結構インパクト。
a0060003_6351475.jpg
で入ってみるとこれが大当たり。下町価格でカキフライ、クリームコロッケを堪能 !
a0060003_635361.jpg
その数日後元旦を迎える。キャビア+シャンペンの”何ちゃって”おせち・お屠蘇は毎年だけど、まっとうなお節・お屠蘇は20年ぶりであった。
a0060003_63608.jpg

[PR]
by j-suguita | 2010-01-21 06:38 | 里帰り 2009 - 2010 | Comments(11)

Perfume - カウントダウンジャパン : 里帰り2010正月-1

いや〜今回の里帰りでひっさしぶりに日本の正月を過ごした。
関東の冬は暖かい!!!!という事を認識した。雪の当たり年のパリから青空の千葉に帰ったのでなんか春を先取りした気分。連日の青空がとっても快適であった。

まず最初のビッグイベントは、カウントダウンジャパン。Perfumeが出演!!!
a0060003_3373261.jpg

20年前は私の憩いの場所であった、なーーーーんもない鄙びた海も、今や”幕張メッセ”とやらに。
入場時にリストバンドと胸から下げる札がもらえてなんかスタッフ気分。
a0060003_3364995.jpg

会場に入ってみると、おーーーーーTシャツのヤングしかいないやんっ!!!パリでのロックコンサートならヤングから初老まで色とりどりなのに、浮いてるなーワシら、などとブツブiいいながらPerfumeの出演するアースステージに着くとすでにスゴイ熱気!!!
そして3人の天使が光臨、意外にも「I still loveU」からスタート!!!会場はコーフンのるつぼに。
生でみる3人はDVDで見るよりずっとエロチック。妖精のようなかしゆかは、オーラ出しまくり。のっちのダンスは指先までヘロヘロッとセクシー。あ〜ちゃんのトークもDVDで見るよりずっと素っ頓狂でパワフル。いンや〜行ってえがったーーー。
a0060003_3371062.jpg
アリーナは年齢的にキツイので次回はゆっくり座席で鑑賞したいっす。
[PR]
by j-suguita | 2010-01-18 03:40 | 里帰り 2009 - 2010 | Comments(3)