シチリア島旅行 - 備忘録と余談

備忘録 : なんといっても今回学んだのはLCCとの付き合い方!

a0060003_00034262.jpg荷物が一つでは厳しそうな場合。
easyJetは席の予約が有料だけど、その際1番安い5ユーロの席ではなく、足の延ばせる10ユーロの席なら機内持ち込み2つ可能に(ただし2つ目は45 x 36 x 20 cm以内)
Transavia、Vueling なら事前にネットで預け荷物の申し込みを。ネットで申し込むと空港カウンターで預けるより安い場合があるようだ。

服装は今までの旅で学び、薄物を重ねる事で(タンクトップ、半袖・長袖Tシャツ、長袖ブラウス、薄手カーディ、ウールセーター)様々な気候に対応出来た。

これまでの3回の旅でわかったが、イタリアのバス停、旅行案内所、チケット売り場などの重要スポットは、地下・映画館の裏・広場の外側の通り…と、周到に隠されているww。なんで、ありそうな場所の周辺を広い視野でグルっと見渡すのが必要じゃな。



余談
 : イタリア語

a0060003_00034292.jpgこれまでのイタリア旅行で、道に迷う…バス停がわからない…などで困ることが度々だったので、出発前に使いそうな文章のリストをgoogle翻訳で作っておいた。結構時間がかかりA4の紙一杯になったんだけど…なんの役にも立たなかったww。
役に立ったのは、辞書! B&Bで朝食の部屋がわかりづらく、管理人のおじちゃんに「ドヴェ・カメラ・マンジャーレ」(どこ、部屋、食べる)と言ったら通じて連れて行ってくれた。そこで単語の羅列で良いんだ!と学ぶ。 アグリジェントでもトイレに行ったあ〜ちすとを待ってもらう時に「ミオ・マリータ・トイレット・アテンデーレ・ペルフォボーレ!!」で通じた。(オット、トイレ、待つ、お願い!)次回は状況ごとの単語帳「買う」「払う」「後で」「先に」みたいのを作ろう。


余談
 :「海は、自分がこの世で唯一の魂である…と感じられる場所」

a0060003_23555652.jpgシラクサでのRelax In The Cityの日、青空の下で地中海で遊ぶ若者たちを見て、ピート・タウンゼントのQuadrophenia ツアーDVDのコメンタリーを思い出した。「英国は縦長の島国だ。人々は海に思い入れがある」イタリアも島国ではないけど縦長の半島。しかし暗い雨の大西洋に質素な食事、かたや太陽輝くターコイズの地中海に海と山の美食。似たDNA持った人でも、ロンドンに生まれるか、シラクーサに生まれるかで人生観、価値観、違うものになるんだろうな。そういや映画と美術以外、イタリア文化にはあまり触れてないので、ダンテの神曲読んでみよう。


[PR]
by j-suguita | 2016-04-30 18:51 | イタリア旅行 2016 シチリア島編 | Comments(0)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31