最近の・・・dernierement・・・

シチリア島旅行 - シラクーサ3日目  丸一日、Relax In The City

シラクーサ3日目、あ〜ちすとは1日自然観察、私はなーんもせずマッタリする日に決定。

バスで近くの街を見る、などの選択肢もあったが、ともかく前半が充実してた分あまりにも忙しかったので、ここらへんで小休止しようと。ホテルのすぐ裏の1番のバスで先端のお城に行ってみると、あいにくこの日は午後のみの会館。
a0060003_17364239.jpg


午後また来ることにして予定通り、島をただブラブラと、何の目的もなくお散歩していく。ここの街はテンション低くマッタリしてて「何もしない」のにちょうど良い…というか「何もしないということをしている」という気になる不思議な空気。路地裏を、海岸沿いを、思いつくまでに何の目的もなく歩いていく。
a0060003_17364301.jpg
a0060003_23542151.jpg

すると、海の見える路地沿いに素敵なカフェを発見!なんと、ラヴェンナ名物のピアディーナがある。東洋人の私が「ピアディーナですね!」と言ったら、お店の人たちが嬉しそうに驚いてくれた。ここでランチして読書。外の席なので、しばらく動かないでいたら少し体が冷えてきたのでまたブラブラ歩き出す。
a0060003_17364349.jpg
a0060003_17364332.jpg


そろそろお城の開場時間なので、そちらに向かう。お城の屋上から見渡す海。
a0060003_17364359.jpg
a0060003_17364356.jpg

地下も面白い。天井や壁のレンガ模様は何か構造上の意味があるんだろう。
a0060003_17415154.jpg

その後また別の広場で読書の続き。そうこうしているうちに夕方に。橋を渡って本土側へ戻りあ〜ちすとと合流。
a0060003_17364308.jpg

a0060003_17364476.jpg着替えてひっさし振りにハイヒールのサンダルを履いてお出かけ。再度、島に向かって歩いていると、なんとホテルと橋の間にコインランドリーがあるではないか!何度も通ったのになぜ気がつかなかったんじゃろ…でもまー気がつかなかったのでシラクーサの洗濯女になれたのだが。
a0060003_17364493.jpg

来る前は、オルティージャ島内で予算に合うホテルがなく、陸側のB&Bしか予約できず残念に思ってたけど、結果、この素敵な橋を何度も渡る事になったので、むしろ陸側で良かった。家族的で親切なスタッフがとても良かったし。
Le Grand Bleu Siracusa
Via Senatore Giuseppe Maielli 12, 96100 Syracuse, Italie



シラクーサ最後の夜なので、ペッペさんに教えてもらったCabour通り44のLa Taverniaさんに。下見したところ、ここは何とウニのリングイネがある!しかも僅か13ユーロ!!

とっても庶民的で暖かい雰囲気、サービスもとても感じが良い。しかし、早く来て良かった…19:00過ぎで既に一杯、我々が案内された外の席が最後だった。
いつもは外の席好きじゃないが、こんな素敵な路地にあるので全然オーケー。前菜は南イタリアでの定番、海の幸のミックスフライにタコのオリーブオイル・マリネ。タコ、すんごい柔らかい。特別なテクがあるんじゃろな。そして私は勿論ウニのリングイネ、ご飯に飢えていたあ〜ちすとはイカスミのリゾットを。美味しい…ウニの量もたっぷりで、普段は残す私も完食してしまった。お腹いっぱいだし、デザートはパス、と思いながらもやっぱりカンノーロを頼んでしまう。あ〜ちすともご満悦。
a0060003_17442192.jpg


シラクーサ最後の夜の散歩を。
a0060003_17442073.jpg
a0060003_17442164.jpg

何度も「わざわざ来るほどじゃなかった」と思ったシラクーサだけど、日程的にラグーザからタオルミーナに行っていたとしたら、あまりにもタイトで密度高だったと思う。やはり来てよかった。それに、 このテンションの低さ、とても気に入ってしまった。ハイシーズン以外にお天気を確かめた上で又来たい。


[PR]
by j-suguita | 2016-04-29 17:50 | イタリア旅行 2016 シチリア島編 | Comments(0)