最近の・・・dernierement・・・

シチリア島旅行 - ラグーザ2泊目その2 イブラ地区の夕暮れ再び、と素敵なディナー

さて、シェスタ後、昨日に引き続きイブラ地区の夕暮れ2回目の鑑賞。
今度はさっき見つけた地点からウットリと眺める。あらためて、3年越しに憧れるだけの魅力のある街だなぁと溜息。仏語で、夕方とも夜ともつかない刻を「犬とオオカミの間」というが、暮れ始めて薄ピンクになるイブラ地区はまさにそれ。昨日同様、暮れ始めたら釣瓶落としのように真っ暗になる。
その間、微妙な移ろいを集中して味わう。
a0060003_22170262.jpg
a0060003_22170260.jpg
a0060003_22170204.jpg
a0060003_22170257.jpg
まだうっすらと見える青い丸屋根のサンタ・マリア・デッリトリア教会
a0060003_22170273.jpg
そして真っ暗闇に。
a0060003_22170376.jpg
その後、ラグーザ最後の夜だし(つっても2泊なんだけど)良い感じのお店を探してディナーに。
素敵なワインバーがあったので入ってみる。とてもセンスの良い店内、綺麗で控えめなお姉さんの給仕がナイス。パレルモで売り切れだったイカのフライ、牛すじのトマト煮込みリングイネ、そしてなんと白トリュフのリングイネがあるというので注文。わずか20ユーロ!もしかしたら廉価版なのかもしれないけど、初めて味わう白トリュフの繊細さにカンゲキ。あ〜ちすとは更にサヨリ(?)のオレンジソースを。なんとも言えない繊細な料理。あ〜ちすともご満悦。
a0060003_22170325.jpg

デザートは入らん!と思ったけどリコッタチーズのドルチェがあるというので別腹でオーダー。軽くて美味しい。腹ごなしに、ラ夜のお散歩。尚、この清潔な街で、夜になると生ゴミ(?)袋が窓から吊るされたり通りの角に置かれたりしてる。これは市がゴミを個別に集取してくれるシステムなんじゃろか…と不思議。
a0060003_21215320.jpg
ともかくも、3年ごしの恋が実って大満足でホテルに帰る。何度見ても飽きない美しさ。又来て今度は青屋根のサンタ・マリア・デッリトリア教会の中に入ってみよう。



[PR]
by j-suguita | 2016-04-28 22:19 | イタリア旅行 2016 シチリア島編 | Comments(0)