最近の・・・dernierement・・・

ついでに駆け足ロンドン観光記

1つ前のブログに書いたけど、The Who ロンドンライブは大充実、大興奮であった。
その分ロンドン観光の方は、ライブが一番の目的だし、安いチケットなので1日半しかないしで、サラッと1〜2ヶ所だけ訪れる事にしていた。

とはいえ、大好きだけどそうそう気軽には行けないロンドン、パスポート・コントロール(色々な事件の後なので厳しかった)を終えてピカピカのユーロスターに乗ったらすっかり旅行気分でウキウキ!あ〜ちすともご満悦。 
a0060003_05461262.jpg

ハロー、久しぶりの英国〜
a0060003_05461287.jpg

セント・パンクラス駅に着き、Day Travelcardを販売機で購入、チューブへ!この狭い感じ、独特だなーと異国情緒に浸る。居候のお願いに快諾してくれたGさん宅に向かう。
a0060003_05461231.jpg

荷物を降ろさせていただき、ロンドン在住の長いGさんに、ロジャーの出身地であるシェファーズ・バッシュを案内していただいた。食品、テキスタイルなどのマーケットがあって、確かに庶民的な界隈。マーケットはモスリムの人が多く、フランスでは禁止されている顔を隠すベールを見ると、ちょっとドッキリ。昔のトム ロビンソン バンドを思わせるポスターが貼ってあったので、何かの運動かと思ったらTV番組の広告だった。
a0060003_05480967.jpg

a0060003_05483057.jpgその後、ランチ。連れて行っていただいた和食屋さんは、パリの和食屋さんとは比較にならない品数の多さ!選ぶのに時間がかかってしまった。お寿司が単品でも選べる上、日本のお惣菜が数えきれないほどある。パリにもこんな和食屋さんがあったら嬉しいな。

a0060003_05492190.jpgその後、大好きなデパート、ピータージョーンズのティーサロンでアフタヌーンティーを。キャロットケーキがめっちゃ可愛い。「Milk Tea please」と言ったら通じなかった…こちらではミルクがついてくるのは当たり前なので、Tea pleaseで(darjeeling、earl grey、ceylonなど種類を明示して)十分だそう。

そして、日頃の行いの良い私とGさんのこと、サロンは土曜で大混雑だったが、運良く窓際に座っていた老年の紳士が「ここ空きますからどうぞ」と。ロンドンの街を一望する絶景を楽しみながら、午後ティーを楽しむ。
a0060003_05495327.jpg

a0060003_05501282.jpgそして、ライブ会場の最寄駅、Wembley Park駅であ〜ちすとと合流。ライブ前の腹ごしらえにカレー屋さんに。




素晴らしき熱狂のライブはこちらにレポート >>

ライブの後、スーパーでミネラルウォーターを。見たことのない銘柄のビールがあったりして、外国のスーパーっていつも楽しい。
a0060003_05511665.jpg

翌日は快晴!
Gさん宅でイングリッシュブレックファーストをご馳走になる。ベーコンやソーセージだけではなく炒めたトマト、マッシュルームも定番なんですね。朝からしっかり食べさせていただき、ご馳走様でした。

今回はいつものように走り回ってあちこち訪れず、一箇所でまったりしよう…という当初の計画も、駅に向かって歩いているうちに
「大好きなリトルベニスはマスト!そしてロンドンまで来てテームズ川見ないのはもってのほか!あ、ピカデリーサーカスも!」
という思うがムクムクと湧き上がり、結局走ってチューブに飛び乗り。乗り換え駅のパディントン駅は、ワテが初めてロンドンに来た時(当時は夜間バス+フェリーだった)泊まったB&Bはこの界隈だった…とウルウル、センチメンタルジャーニーな感傷が湧き上がり、ちょっとストップ・オーバー。てか、どっちにしてもここの駅の乗り換えは一旦外に出て国鉄構内を通るのであった。

…で…国鉄の列車を見ているうちに…無性に、どれでも良いから、汽車に飛び乗りたくなった!!
もちろん、無理なんだけどねww しかし、次回は英国国鉄の旅も良いかも〜などと。
a0060003_05525916.jpg

a0060003_05461188.jpg1987年にはここに、汚れた食卓の写真(注射器や血痕のある、麻薬中毒患者の家という設定)の上に「あなたが麻薬を注入する時、他のものも注入している危険があります」というコピーの大型ポスターが。つまり、麻薬を注射するとエイズ罹患の危険性が高い、という広報ポスターがあった。麻薬とエイズのダブル・トラブル…という事で、平和な日本から来たワテには衝撃だったなー。

そして、Warwick Avenue駅で下車、すぐ先のリトルベニスを散策。
a0060003_05461172.jpg

素敵なボート・カフェがあり、まったりしたかったが、テームズ川その他も駆け抜けたい…という誘惑の方が強く、またこの次ゆっくり…って事で、また早足で地下鉄へ、Embankment駅を目指す。久しぶりのテームズ川、広い!!高いところが好きなので、橋の上からビッグベン、ロンドンアイを見て、う〜ん、ロンドン…と1人で悦に入る
a0060003_05461167.jpg

a0060003_05461180.jpgピカデリーサーカス駅で乗り換えなので、またストップオーバー、一旦外に出てエロス像を激写。

駅であ〜ちすとと合流、ロンドン名物のフィッシュ&チップスを楽しむ。歩いてお店を探してるうちに駅からちょっと離れたので、一駅だけダブルデッカーに乗ってセント・パンクラス駅に戻る。(着いた時は気がつかなかったが、すごい豪華な駅)
a0060003_05461201.jpg

…と、駆け足の観光を終え、ユーロスターに乗って自宅に戻る。

単純なもんで、帰ってしばらくは普段の軽い朝食ではなく、マフィンとベーコンを買って英国風にしていただいたのでした。
快く居候を引き受けていただき、案内していただいた上、ランチやイングリッシュ・ブレックファーストもご馳走してくれたGさんご夫婦に感謝!

イヤーーー旅って本当に良いもんじゃのぉ


[PR]
by j-suguita | 2016-02-22 05:56 | プチ旅行 | Comments(2)
Commented by pot-eri at 2016-02-26 06:26
zunさん、はじけてますねー!
いいな、ロンドン、実は私行ったことないのです。。英国は数年前母と行ったジャージー島だけ、、(それで
英国に行ったと言って良いのだろうか...??)
The Whou とか私全然知らないのですけれど、そうか、zunさんにはそういう血が流れていたのね、と納得しております。
その気になったら手軽に行けそうなロンドン、クセになりそうですねー。
milk tea って言ってはだめなのね、勉強になりました 笑 (でもきっとearl greyでも私が言ったら通じないのだろうな。。。)
Commented by j-suguita at 2016-02-26 09:21
あらお久しぶり! お元気ですか?
pot-eriさんがロンドン行ったことないのは意外〜。シックでデリケートなフランス・ファンのpot-eriさんだけど、あの素朴で質実剛健な感じも変化球として、時々なら気に入るかも。
蚤の市は大きなポートベロはもちろん、あっちこっちでプチ市があり、きっと好きだよ〜。
milk tea、アメリカ人が言えば意味は通じただろうけど、普段聞かないことを日本語訛りで言われたので、おばさんもわからなかったのかも。