ザ・フー、ウェンブリー・アリーナ ライブに参戦! The Who, at SSE Wembley Arena 2016

a0060003_00553814.jpg昨年のライブよりズッポリとザ・フーにはまってしまい、後追いでCDやライヴDVDなどを取り寄せまくり恍惚と観てるうちに
「あぁ!!もう一度ライブ行きたい!前回のように、半分の曲しか知らない状態じゃなく、各曲の意味・メッセージ・バックグラウンドを把握した今こそ!!」
という熱が高まってしまった。

何しろ、6月のライブでは開始前のイメージ画像を見ても
「え?ジョン・エントウィッスルって誰?そういや地味な人が1人いたなぁ。変わった名前だな。50代前半で亡くなったんだ」
Baba O'Rileyも初めて聴き
「へ〜良い曲だなぁ。やけに合唱率が高いな。最近の曲かな?」
などとつぶやいたくらいのプチ・ファン。あの時、今と同じ知識を持って参戦してたら250倍楽しめたのに!と一人で残念がってた。

そこで…大胆にも、アメリカツアー参戦を密かに計画。
オークランドなら行きやすいかな?などと大胆なプランを練り始める。しかしあまりにも大胆すぎるかしら…と躊躇していたところに、ロジャーが急病で秋冬の全米ツアーは延期のニュースが。

その数ヶ月後、春に延期になったツアーの日程はどんなんじゃろ…とThe Whoの公式ページを訪問したら…なんと!!2月にロンドン、ウェンブリー・アリーナで追加ライブをするというではないか!!ユーロスターでわずか2時間半、これはもう行くっきゃない。

11月半ばの販売開始の朝、チケットマスターという「ぴあ」みたいなサイトで予約を試みるもソールドアウト…。一旦諦めたが、The Whoの公式Twitterがウェンブリー・アリーナのサイトでまだ買えますよ、とのツイートを。バレンタインデーの前日でもあるので、あ〜ちすとの分を含め2枚予約完了。ユーロスターも手配、宿泊は友人のGさんが一泊の居候快諾してくれた。後は直前に風邪ひかないよう気をつけるのみ〜 しかしこれって世間でいう追っかけ、ってヤツかなぁ…(照;

そして3ヶ月後、待ちに待ったXデーが。荷作りしながらついついニンマリ。17年ぶりに取り出したロンドンセット(地図とか電気アジャスターとか地下鉄パスとか)開けたら痩せたヲォットの20年以上前の写真が… 両替屋さんでポンドも入手。 窓口のおっさんに「え”、これだけ?これじゃ何も出来ないよー今ポンド高いよー」とからかわれた ww

早朝のユーロスターでセント・パンクラス駅に着き、Gさんにロジャーゆかりの地域シェパーズ・ブッシュを案内してもらう。

夕方、会場近くのウェンブリーパーク駅であ〜ちすとと合流。
a0060003_20440922.jpg

会場に向かう途中から、The Who色で一杯、ウキウキ感さらに高揚。アリーナ前は七色の噴水が。
a0060003_20440959.jpg

入場して、パリ公演の際買えなくて心残りだったTシャツを購入し、クアドロフェニア風のスクーターに乗って撮影。会場は斜面になっているので小柄なワテでも十分ステージが見える。
a0060003_20440912.jpg

前座の後、しばらく様々な時代のメンバーの画像が映し出され、そして会場が暗くなり「KEEP CALM HERE COMES THE WHO」の文字が。
a0060003_20451944.jpg

そして!!現人神たちの降臨!!!ヒゲを剃って髪を切ったロジャーは昨年よりずっと若々しい。

実は、予約してから開演までずっとロジャーのコンディションを心配してたが、全くワテの杞憂。ダルトリー絶好調!!ホームとアウェイではこんなにモチベーション違うのか…と感心しながらも、1分も逃すまい、と集中して体にサウンドを吸収。素晴らしい出来のイメージヴィデオ集を改めて堪能。特に、I Can See The Miles が素晴らしい。You Better You Bet では50肩も忘れ、いやっというほど手拍子して、喉が痛くなるほど一緒に大合唱〜。ゼニットとほぼ同じセトリだが、QuadropheniaからThe Rockが追加された。グループ結成当時の様子からジョン・エントウィッスルの死の2002年まで、ベトナム戦争、レーガン、ベルリンの壁崩壊、ゴルバチョフ、ブッシュ、クリントン…と政治的なネタを多く交えた濃いイメージ動画と共にプレイされる。6月からの様々な社会的事件を受け、このメッセージが追加されたのか?そしてラストのWon't Get Fooled Againのロジャーのライオンのような咆哮のところ、ドキドキしながら待ってたが…ロジャー、大成功!!!ピートも大満足で彼の肩を抱いていた。

a0060003_20440978.jpgあっという間の2時間。250%素晴らしいライブであった。ありがとう!!!

大満足で会場を出ると、路上でパチモンのTシャツとか売ってる…。良くないと知りながらも、今まで沢山、正規品買ったから良いよね…と我田引水して購入…(汗;

駅の数の少ないメトロポリタン線が早いんだけど、大混雑なので、駅の数の多いジュビリー線で座って戻る。ビールで酔っ払ったフーリガンなノリなファンのおっさん達で一杯…。中にはウィスキーをラッパ飲みしてる輩も居る。My Generationなど階級社会への不満を歌ってブレークしたThe Whoだからこの手のファンが多いのか…それともこういう人たちは騒げるイベントがあればなんでも良いのか…とぼんやり想像しながら駅の路線図を見ると、途中にKilburn駅があるではないか!!ロックドキュメンタリーの佳作「Kids Are Alright」の為のライブが開催された土地。ハマースミス・アポロ劇場のあるハマースミスも通るし、すんごいロックな線だな〜と感心。(…てか、ロンドンがロックゆかりの地域満載なのか…?)
* 追記 :
1 ウェンブリー・アリーナの8つ手前のセント・ジョーンズ・ウッド(St.John's Wood)駅はアビー・ロードの最寄駅なのも判明。
2 Kilburnのゴーモン・シアターでは確かに「Kids Are Alright」の為のライブが開催されたが、結局久しぶりのライブだったためメンバー達が出来に不満を持ち翌年にシェパートン・スタジオで取り直されたものが同映画で採用されている、という事だった。
www.shibuyabunka.com/soft.php?id=6294

翌日は午後半ばの電車だったので駆け足でロンドン観光をし(ついでに駆け足ロンドン観光はこちら >>)自宅に戻ってから興奮を忘れないうちに、これまで取り寄せた伝説のライブDVDを脳内で生ライブに変換しながら改めて鑑賞。
70過ぎのじーさんとなった今のライブでさえこれだけのパワーなんだから、絶頂期のライブ参戦した人には一生の衝撃だったであろう。「The Whoが日本でブレイクしかなったのは来日して(ツェッペリンみたいに)伝道師を育成しなかったから…」という説、うなづける。

ともかくも…
素晴らしいライブにしてくれたロジャー、ピート、ザックと全てのメンバー、スタッフに感謝。
プチ迷っていたワテの背中を押してくれたmoグさんにも感謝。
そして、これからも出来るだけ長くThe Whoが活動できますように…と(ツアーは今回が最後だけど、単発コンサートなら可能性十分!)運命の神様にお祈りしたのであった。

========= 追記 ========

この夜のセトリ >>

FBの日本語版The Whoページに、このライブの詳細解説の翻訳が!
日本語訳 >>
全然リスニング出来ないワテは、MCで皆んなが笑う中、取り残されちょっと寂しかったが、これでスッキリ。
Picture of Lilly のバックの写真、6月はキースの女装姿だったけど、今回は知らないおっさんだった。誰かゆかりのミュージシャンかなー?と思ってたら、75年からのマネージャー、ビール・カービシュレイであった。映画「さらば青春の光 Quadrophenia」を(一時は暗礁に乗り上げた)頑張って実現させてくれたのも、79年ライブの悲劇的な観客の圧死事件をフォローしツアーを継続させたのも彼。
The Who公式サイト(英語) >>

この日の客たち、ビールを買いに会場 ⇄ 売店をずっと行ったり来たり。
それも時々ちらほら、なんてもんじゃなく、地下鉄の乗り換え駅みたいに常に誰かが通路を通ってるという感じ。約1万5千円するチケット、もったいなーと他人事ながら思ったけど、ロンドンに長期滞在して何度かコンサートも行った人に聞いたら、ロンドンでのライブって常にこういう風なんだそう。ライブ後にはビールでへべれけになってる客もいた。

ついでに駆け足ロンドン観光はこちら >>


[PR]
by j-suguita | 2016-02-21 20:57 | 音楽 | Comments(0)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30