週末、ローマへ - 1/3

a0060003_04160311.jpgこの10月末は、あ〜ちすとの誕生日をローマで祝った。なぜ又ローマかというと…
街としてはヴェニスやナポリの方が気に入ったけど、遺跡の多さがただ事じゃなく、2013年には「行きたいところリスト」の何ヶ所かは行けなかった。
そしてこの4月の里帰りはアリタリア航空っだったのでローマで2回乗り換え、しかも行きは晴天の日中に素通りしたので、後ろ髪ひかれるような気持ちに。そしてローマの最後の夜に行ったピザ屋「Ai Marmi Panattoni」さんの美味しさと、庶民的なワイワイした雰囲気が忘れられない!で、このバースデー旅行を敢行することに。

今回お世話になったのはVilla Rosaさん。ローマ中心からは離れているんだけど、ローマの中心ヴェネチア広場まで行くトラム8号線の駅が目の前なので、交通はとても便利だった。しかもローマと空港を結ぶ国鉄は鈍行だと1時間くらいかかるんだけど(特急は30分だけど高い)途中の駅なので30分強で行き来出来た。階段をちょっと登ったところにあるのもよい感じ。
a0060003_04160243.jpg

まずは荷物を置いてまっすぐヴェネチア広場をめざす。
トラム8号線でテヴェレ川を渡ると「あぁまた来ちゃったなー」と感慨無量。
a0060003_04160361.jpg

見逃したジェズ教会へ。色とりどりの絵画に天井や壁にへばりついた彫刻、と派手っ!
あ〜ちすとが「やりすぎ!!人々の幸福の為の教会が民衆から搾取した資本で金ぴかになるのはおかしい!」
とまた難しい事を言い出したので、バロック様式なんだからしょーがねーよ、と思いながらも早めに出る。
a0060003_04160274.jpg

その後ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂横の急な階段を登ると、絶景かな!
しばし「う~んローマ」…な気分を味わう。
a0060003_04160388.jpg

記念堂後ろのカピトリーノ広場を抜けると、フォロロマーノが目の前に広がる。
(写真撮り忘れたので、これは2013に同じ場所で撮ったもの。夕暮れのフォロロマーノ撮らなかったの悔やまれる…)
a0060003_04160341.jpg

a0060003_04160340.jpgカピトリーノ広場にはローマの象徴、狼に育てられるロームルスとレムスの彫像が。象徴だけあって厳重な警備。




a0060003_04160280.jpgその後ちょっとカフェで一休み、トラムに乗って本来の目的「Ai Marmi Panattoni」さんへ向かう。ローマはパリより南なので19h30にはもう夕闇。


テヴェレ川を渡ってほぼすぐ。相変わらずのイキの良い空気!
a0060003_04160349.jpg


a0060003_04494290.jpgまずはスープリ(ご飯の唐揚げ)とクルジェットの花の天ぷらを。スープリはナポリでは「アランチーノ」という名前で売ってたけど唐揚げではなくパン粉のまぶしたコロッケだった。
ここのスープリはカラっと揚ってカリカリ!クルジェットの花の天ぷらは白身魚も入っててあっさり。


a0060003_04203301.jpgそしてイタリア人同僚が「パリはひき肉のピザはあるけど、ソーセージのみじん切りのピザがないんだよね。あれ、美味しいんだけどなぁ」と言ってたのでSassicca e fungiを。あ〜ちすとはめずらしくあっさりとタマネギのピザを。

前菜のあとかなり待たされたけど、それだけのことはある。昨年同様、薄ーいピザのカリカリした香ばしさ…。

ソーセージのピザは美味しいけど日本人の胃には結構ずっしり、おかげでデザートは食べられなかった。
でもともかく食べられてあ〜ちすともご満悦。


ここのピザ屋、回転を良くする為かコーヒーはやってない。
ので、界隈をウロウロして感じよいカフェ発見、そこでカッフェとグラッパ(食後酒)を。

そしてちょっと夜のお散歩を。このあたりのレストランって、壁に松明が炊かれててワイルドかつ洗練された感じ。(左、中央。右は普通の街灯)

a0060003_04160394.jpg


「Ai Marmi Panattoni」さんは、トラムの駅のすぐ近くなので、散歩の後そのままスーっとホテルに帰ったのでした。
[PR]
by j-suguita | 2014-11-10 04:21 | プチ旅行 | Comments(0)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30