最近の・・・dernierement・・・

ナントで「ドゥニ・クラブルール展」そしてル・クロワジックへ

ドゥニ・クラヴルール展 Expo Denis Clavreul
あ〜ちすとの長年のアニマルアート仲間、ドゥニ・クラブルールさんが回顧展を開いたので、代休を利用してブルターニュ地方ナントの画廊に。素晴らしいデッサン力、ミニマルな線ですべてを魅せる表現力…と充実した展覧会であった。



ナントの街は丁度この日、新空港建設反対の大規模デモが行われていて交通がマヒ、ちょっと大変だったが、まー今にして思うと面白い経験だった。

翌日はナントから1時間の可愛い港町ル・クロワジックに。港をプラプラ散歩してから名物の塩キャラメル、そしてクレープをゆっくり味わって帰宅したのでした。

[PR]
by j-suguita | 2014-03-13 06:55 | プチ旅行 | Comments(3)
Commented by moグ at 2014-03-13 14:32 x
デッサン力ある人~~ドゥニ・クラブルールさん。

ところで・・・上のナントの画像良いね。ピクチャーに入れさしてもらいます。よろしく。
Commented by 管理人S at 2014-03-14 08:38 x
昨年9月以来パリを出てなかったので(週末の郊外散歩は別として)とてもリフレッシュした。…って、昨年前半取り憑かれたように旅行しちゃったからなんだけどさ。へへ!

ナントは奴隷貿易で栄えたけど、今では川縁に大きな「奴隷貿易博物館」があって、当時への悔恨がなされている。そしてそれぞれの貿易船の名前と年代が入り口の敷石に記されて夜はライトアップされる。
…と、ドゥニさんのインテリで優しい娘さんが誇らしげに教えてくれた。

恥ずべき過去は悔恨して清算する…のがヨーロッパのスタイルなんだよね。
Commented by moグ at 2014-03-14 09:51 x
悔恨して清算することが大切なんだけどね。
水に流す。忘れる・・・では納得いかないよね。
戦争責任なんかも戦争してない国ないんだからな。すべての国が反省すりゃいいのにさ___