イタリア旅行 アッピア旧街道を散歩

6日目はアッピア旧街道を散歩。
地図とハイキングの達人、あ〜ちすとの提案で、サン・セバスティアーノ門から南下する…という一般的なルートではなく、テルミニから7駅のコッリ・アルバーニ・パルコ・アッピア・アンティーカからサン・セバスティアーノ門に北上するルートで。

a0060003_5402299.jpgローマからたった7駅離れただけで、すでに郊外の日常生活の雰囲気が漂ってる。感じの良いお惣菜屋さんでお弁当調達。

馬や羊がいたりする。
a0060003_23555596.jpg



ここ国立アッピア公園は、どこまでいっても春の野原が広がっていて本当に気分良い。ところどころに遺跡があって、すでに街道気分。
a0060003_5404811.jpg

a0060003_5414087.jpg…で…旧街道に繋がる道をたどったら、なんとフェンスで閉鎖されてる…

気を取り直し別ルートで脱出、チェチーリア・メッテラ廟に向かう。
そして無事アッピア旧街道に到着!

廟はこの日、幸か不幸か休館日。ちょっと博物館疲れしてたので、丁度良かった。

a0060003_5421820.jpgロムルスの廟を横目にお弁当を食べてまた北上すると、車の通行が激しくなってきた。ギッド・ドュ・ルタールにも書かれてる通り、アッピア旧街道は週末は全体が歩行者天国だが、週日に歩行者天国になっているのはチェチーリア・メッテラ廟付近のごく一部だけ。

a0060003_543443.jpgなので、途中でちょっと脇道に逸れ、街道沿いの墓地を通る。

ここも春らしい気持ちよい道!
a0060003_544937.jpg
墓地を出ると、ローマを逃れたペトロがキリストにバッタリ会い「キリストよ、ここで何をなさっているのですか?Quo Vadis?」と聞いたと伝えられる場所に立つクオヴァディス教会が。(ちなみにペトロは「また十字架に架けられに行くのだ」という言葉に逃亡する我が身を恥じ、またローマに戻り殉教したそう)
キリストの足跡の複製。
a0060003_5445133.jpg

a0060003_5452447.jpg少し行くと、ローマ市内まで戻れるバス218の停留所がある。

a0060003_546855.jpgサン・セバスティアーノ門の前を通り、San Giovanni駅まで。ここのSan Giovanni門が、遺跡ではなく日常生活の風景の中に溶け込んでるのがスゴい!この近くのサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂もローマ4大聖堂の1つだったらしいが、その時点では知らなかった。てか、知ってても行く元気はなかったであろう。

a0060003_5465349.jpgこの後はアッピア旧街道のスタート地点カラカラ浴場まで行く予定だったが、ついでに初トラムも経験!方向を間違ってちょっと遠回りになったが、まー沢山乗れて得した、と思う事にしよう。


カラカラ浴場も、幸か不幸か休館日。外観のみの見学になった。しかし、壮大。
a0060003_5475541.jpg
a0060003_5473315.jpg
北上する行き方は面白かったけど、これも地図とハイキングの達人、あ〜ちすとがいての事。
他の人にはお勧め出来ない。


[PR]
Commented by moグ at 2013-05-10 17:14 x
カラカラ浴場 外から写したの観たこと無いから 貴重だと思う。
反対に壮大な建築物なのが解る。
変に関心してるのは・・・私だけかもしれないけど。

石畳の ローマ郊外の路。
いいねぇ~~~
素敵な画像ありがとう!いやぁ~~~なんか空気感まで伝わってくるよ。
Commented by j-suguita at 2013-05-11 06:35
> 外から写したの観たこと無い
あれ、そうなんだ。あまり下調べしなかったので、逆に衝撃が大きかったよ。内部もググってみたけど、ホンマ、すんごい豪華巨大スパ施設だったのね!ワテらが子供の頃あった船橋ヘルスセンターを10倍くらい大きく高く、100倍くらい高尚なところだったんだね、きっと。

> 空気感まで伝わってくるよ
いあ〜moグさんのように文化レベル高い方から言われると、照れるぜ!
by j-suguita | 2013-05-08 05:48 | イタリア旅行 2013 | Comments(2)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30