イタリア旅行 - 最終日: サン・ジョヴァンニ洗礼堂、空港へ

そして、パリに戻る日(涙;

最後なので、中心地の近場で有名どころを観ておこうか…くらいの気楽な気持ちでまずドゥオモ横のサン・ジョヴァンニ洗礼堂に行ったら…
なんと!!!ルネサンス様式かと思ったら、中はビザンチンのモザイクではないか!!!
今回の旅はモザイクに惹かれて…が発端だったので、最終日に初心に戻った。偶然とはいえ、見事な締めくくり方だなぁ。
a0060003_1943197.jpg

1週間ぶりに観るモザイク、もうしばらく観られないので、満腹になるほど鑑賞~。

その後メディチ家礼拝堂に。ミケランジェロの彫刻、40メートルほどの高さの君主の礼拝堂は、床から天井まで数百種類の大理石、半貴石の象眼細工で埋め尽くされていて、圧倒的。
撮影禁止なので、中の様子はこちらから »

そして例の美味しいケータリング屋さんでイタリア最後のランチを。よくみたら、ご主人が笑顔を魅せてくれてる!イタリア人は役者じゃのぉ。
a0060003_1949566.jpg
12h前に行ったので私達が食べ終わってから海鮮スパゲッティがケースに!!!
こういうの食べはぐれると…一生の後悔になるのは経験上わかってるので(大げさ)テイクアウトして、公園で第2昼ご飯を。唐辛子とニンニクが控えめにスパイシーで、パスタにまで海の味が染込み、何とも言えん。茹で汁に海老や貝を入れるのなぁ?


a0060003_19494740.jpg幸い、夕方発のゆっくりした便だったんだけど、ずっと移動が呪われていたので(笑)早めに空港に着く様に、また国鉄サンタ・マリア・ノヴェッラ駅左横のSITAバスからフィレンツェ空港行きに乗る。今回は市営バスみたいな黄色いバス。車内の行き先パネルに”ヴェスプッチ空港行き”と出てたので、一瞬「あぁまた呪われた移動か!?」と焦ったが、フイレンツェの空港は(A.Vespucci:アメリゴ・ヴェスプッチ空港)という名前なんだな、、、(照; 
20分で到着。

…で、アリタリア航空で予約してたんだけど、手続き時間になっても何も始まらない。まーここはイタリア…と思ってたが、いくらなんでも不安になってきてパネルを見たら、エールフランスとの乗入れ便とのこと。エールフランス・カウンターに行ってみたら、手続きとっくに始まってた。。。
なんの案内もないのも最後までイタリアらしいのぉ。ここは本当自己責任の国!

ラウンジからの景色もトスカーナらしい。
a0060003_19502449.jpg


さようなら~
a0060003_19505715.jpg


a0060003_19514129.jpgここはまだアペニン山脈?


アルプスを超えて。
a0060003_19521394.jpg


a0060003_19525431.jpg光の街、原発依存率75%の国に~


a0060003_19532567.jpg今まで古都だと思ってたパリが、急にモダンに見えるのだった。



帰って来てからもう3週間経つけど…まだ頭は夜の運河、モザイクの聖堂、トスカーナの緑、我々を見つめるドゥオモ…で満たされてるぜ!
今回は、行く前のワクワク、行ってる時のドキドキ、帰ってからのウットリ…で「旅行は300%楽しむ! 」が実践できたなー。
[PR]
Commented by たじまもり at 2011-10-20 21:00 x
>旅行は300%楽しむ!

こうして素敵なレポートに残せば、この先、何度も何度も旅の味わいを反芻できますね。
Commented by j-suguita at 2011-10-20 21:20
ハイ、怒濤のアップしてしまったのも、記憶がフレッシュなうちに焼き付けたかったからだと思います。
Commented by Moグ at 2011-10-20 21:35 x
ビザンチンの時代って・・・
聖書という、一般の人が読むということが無くて
一般の人は、教会でのお坊さんの説教でこの宗教を理解していく
ということで
とーっても、モザイクとか、イコンとか重要だったのではないでしょうか。
迫力違うのでは。
Commented by 管理人S at 2011-10-21 03:36 x
おぉ、言われてみたら、5世紀当時の識字率なんて、たかがしれてただろうから…そうだろうね!
世界最古で最強のマーケティングはキリスト教だな〜とつくづく思ったよ。
Commented by Moグ at 2011-10-21 21:04 x
識字率も低かったかもだけど・・・聖書って1445年の『グーテンベルグ聖書』以前は、写本だったそうだし・・・
何年もかけて写本した聖書は貴重で一部の『聖職者』しか読むことができないし・・・・
どういう教義なのかは教会だのみだったんだし・・・・
聖職者は、思いっきり『演出』だって_できるわけだもんね!

と、横道それた感動する私です。
ごめんね。。。。
Commented by 管理人S at 2011-10-22 08:07 x
> 何年もかけて写本した聖書は貴重で一部の『聖職者』しか読むことができないし

おぉ〜〜〜〜〜 そういやそうだ!!!
5世紀にはブックオフもないし〜。
そういや、西洋人が聖書の事良く知ってるのは、聖書が読み継がれたから…というより、モザイクやフレスコ画を元に語り継がれたから…かもね。

横道の話は大好きなので。てか、私もmoグさんちでいつも話そらしてるしー。

ついでに私も横道それるけど「怒りと響き」難解な箇所は飛ばして最後の章だけでも読むと良いかも。伝道師の説教のシーンが…まるでゴスペルのコンサートみたいだぜ!
Commented by Moグ at 2011-10-22 12:03 x
『怒りと響き』
伝道師の説教のシーン (得意のとばし読み)読んでみるぜ!
Commented by freepa at 2011-10-22 14:25
モザイクなんですかぁ!!
天井画、すごいですねー!!
いいなぁ・・・・旅したくなります。
Commented by 管理人S at 2011-10-22 20:03 x
Moグさん
「怒りと響き」難解すぎ、バラバラっ!と飛ばし読みしたんだけど、その説教のシーンでは思わず目が止まって。。。
うまく言えんが、何か人生のヒント(大げさ?)が込められてる気がしたっす。
Commented by 管理人S at 2011-10-22 20:06 x
freepaさん、
それが…出かける前に「モザイク」でググったらfreepaさん好みのサイトばかり出て来て…(笑)

イタリア旅行、良いですよ〜。次回はローマ!と思ってます。
Commented by j-suguita at 2011-10-23 00:58
ま〜何にしても、
こんな長々、ダラダラとアップしたエントリーに付合ってくれてありがとう〜〜!
by j-suguita | 2011-10-20 20:06 | イタリア旅行 2011 | Comments(11)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30