最近の・・・dernierement・・・

イタリア旅行 - ラヴェンナ:遺跡、ピアディーナ、アドリア海、ロマーニャ料理

ラヴェンナ3日目。
この日は、駅まで翌日のフィレンツェ行きの切符を買いがてら、駅の向こうのテオドリック王の霊廟を見学に。かなり地味でモザイクもない…そうなのでパスしようかと思っていたが、近くまで来たし、昨日のサンナポリナーレ聖堂と共通の券だしー、という事で行って来た。
で、駅から霊廟方面に向かうと…ムム、なんか広大な城跡が!ブランカレオーネ城塞というらしい。こんな立派なモンがなに気にあるラヴェンナって、さすが元西ローマ帝国の首都。
a0060003_5542882.jpg


城塞を右に、ずっと進んで線路を超す橋を右に曲ると、広大なテオドリック公園が。簡素なテオドリック王の霊廟内に入ると、石の棺桶が。ここに遺体が置かれていたのかと思うと、さすがに厳かな気持ちに。
a0060003_5551538.jpg

お土産物屋さんは、グッズがすんごい充実!!モザイク模様の絵皿、キッチンマグネット、エコバッグetc…お兄さんも英語堪能で、道で拾ったという日本お守りを見せるので、解説してあげたらとても喜んでた。
…というワケで、やっぱり行って良かった。

その後はネオニアーノ洗礼堂に。
a0060003_5572167.jpg

右の聖人のお顔がとても良かった。

その後は洗礼堂のお隣にある大司教博物館内のサンタンドレア礼拝堂へ。
ここは…密度がただ事じゃない…。すごく保存状態が良く、しかも聖堂と違い非常に小さな礼拝堂なので凝縮した美しさがスゴい。
残念ながら撮影禁止だったので、中の様子はこちらで »

その後、ロマーニャ地方名物のピアディーナを!
これはピザの原型…と言われているそうで、発酵はさせてなく小麦粉・水・塩・ラードやオリーブオイルを混ぜておまんじゅう状になったものをシニューラがその場で円形に薄く伸ばし、中に好きな具を入れてグリルしてくれる。木陰でビールとピアディーナ。あ〜ちすともご満悦。
a0060003_555457.jpg


a0060003_5563797.jpgそして、ラヴェンナは海水浴のメッカでもあるそうなので、ちょっと季節ハズレだけど、水着をもってアドリア海へ!インフォメーションでバスの乗り方を聞いて、時間までカフェで待機。ジュース2人分に15分くらいかかった。。。

そういや、やたら自転車の多い街だった。


無事ジュースも飲み、バスでマリーナ・ディ・ラヴェンナへ!
a0060003_5575669.jpg


アドリア海。。。ヴェネツィアもアドリア海だけど色が違う。
a0060003_603748.jpg


あ〜ちすともマドロス気分。マリーナ・ディ・ラヴェンナ停留所はヨットハーバなので、その後ビーチまで歩いたら20分くらいかかった。。。
海水浴だけなら、手前のバス停留所のプンタ・ディ・ラヴェンナの方が砂浜が目の前で手軽なようだ。
a0060003_5583643.jpg


で…海ですが…しぶきがベージュっぽく、イマイチきれいじゃない。。
でもま〜、とりあえず行きたかった場所に行けて満足。ゆっくりしてたら西日が差してきたので、ホテルに戻り。
a0060003_559693.jpg


ラヴェンナ最後の夜なので「地球の歩き方」でお勧めのトラットリア「ラ・ガルデラ La Gardela」に。ここも大当たり、手軽な価格でロマーニャ料理を堪能。2階のバルコン席に座れたのであ〜ちすともご満悦。
a0060003_5594132.jpg


トマトとバジリコのスパ、かめばかむほど味わい深く…。ブタのグリルは深い滋味が。メニューを見た時、「ちっグリルか〜自宅でも出来るぜ」と思ったが、大間違い! 地豚(?)を特別なマリネ液につけてるんだろうなぁ? 手前は薄切り牛肉のソテー、バルサミコソース。デザートはさくらんぼのプリン。
a0060003_60577.jpg


お世話になったホテル、チェントラーレ・バイロンは「地球の歩き方」と「ギッド・デュ・ルタール」のダブル推薦なので期待通りのコストパフォーマンス。受付の年配の女性が落ち着いてとても良い感じ。広々としたバスタブ付きの部屋、朝食は甘いもの・しょっぱいもの、盛り沢山! 尚、「地球の歩き方」読者割引もあり。(予約時またはチェックイン時に提示)
a0060003_5535768.jpg

Hotel Centrale-Byron
tél : 0544-212225
www.hotelbyron.com

当初、2泊3日の予定だったのだが、やっぱり3泊にして良かった。いくらほぼすべての名所が歩いて行ける範囲とはいえ、1日で観るのは吸収力の限界超える。。。

ともかく、ラヴェンナは宿泊も食事も最高のコストパフォーマンスであった。ま〜ラヴェンナはモザイクで有名とはいえ「観光都市」でも大都市でもない上品な中都市なので当然なのだけど。
[PR]
by j-suguita | 2011-10-12 07:56 | イタリア旅行 2011 | Comments(3)
Commented by Moグ at 2011-10-12 08:24 x
盛りだくさん!!
地球の歩き方・・・って、役にたつのね。割引あるし。
Codyさん
体力あるなぁ~~って そういうときは元気だしね。元気になるよ。
イタリアは、食べ物は日本人にとってわりと自然で、とてもおいしそう!量多い!

そして、遺跡とか・・・今のイタリア人と昔のイタリア人って違うの?ってくらい 威厳あるもの多そうね。そしてイタリアの人ってとってもフレンドリーね。
Commented by j-suguita at 2011-10-12 08:47
おぉ! Moグさん素早い!!!!
うん、本当「地球の歩き方」は凄い!と思ったよ。イタリアだけでな世界中の国のガイドをだしてるのに、かゆいところに手が届く情報が載ってるんだから。。。

この日は、多分2週間の旅行中一番歩いた、いや歩き疲れた日かもしれん。。。

日本人にはフランス料理よりイタリア料理の方が体に合うみたい。

そうね、イタリアの人ってフレンドリーだけど…やっぱり自己責任の国、あまりあてにしないようにしないとねー。ま〜仏人みたいにひねくれてたり、ツンツンしてない分気楽だけど。(もちろん人によるが)
Commented by クワ at 2011-10-13 14:40 x
>地豚(?)を特別なマリネ液につけてる
あんな美味い豚肉食べたのは初めて。
フランス料理より日本人に合うみたい、イタリア飯。