イタリア旅行 - 出発!:ヴェネツィアへ

イタリア旅行まで、まだ2ヶ月…まだ2週間…なんて思ってるうちに、ついに出発当日が!
私は何でも先に先に…が好きな方なのだが…あ〜ちすとは、旅支度がやや遅れ気味、、、(汗;

a0060003_491222.jpgエールフランスの空港バスで行く予定が、こりゃ間に合わん…という事で急遽タクシーに。

土曜なので楽々…と思いきや、ナントこの日は共産党の大集会でパリ市内、環状線とも大渋滞!

幸い運転手が臨機応変に、ラジオの渋滞情報を聞きながら空いてる方面に進んでくれたので、間に合った。いや〜手に汗にぎったなー。





…思えば、今回の旅行、移動は(ほぼ)常に難ありだった。これが、その前哨戦だったのか。。


a0060003_410424.jpg私は旅に出る前にいやというほどガイドブックをチェックするタイプなんだけど、地図でみたヴェネツィア がまったく同じ姿を立体的に表した時はカンドー。まさに魔法の浮き島。


a0060003_4103896.jpg空港は大陸側なので市内に入るには船がロマンチック…というのが定説だけど、船だと1時間20分。バスなら20分。疲れてたのでバスってことに。
AVTO社の空港シャトルバス(乗車券は空港内に売り場がある)で島の入り口、ローマ広場に到着!
なんだかヨーロッパとは思えないほど湿気があって気温も高く、今晩はここで納涼盆踊り大会…と言われても不思議じゃないカンジ。いきなり親近感。



a0060003_23352631.jpgホテルは清潔ながらも古ぼけていて、シャワー付き洗面所は一畳あるかないか。朝食はカサカサのロールパン2個のみ。でも、ヴェネツィアは狭いのにヨーロッパ第2の観光都市なので仕方ないみたい。経営のご家族は誠実で英語も仏語もペラペラだったし。

界隈はナイスだった。街の真ん中で水上バス(ヴァポレット)の発着所もすぐなのだが、観光スポットからはずれてるので土産物屋はなくPC屋さんや消防署があったりして、大学がすぐ側なせいか庶民的なカフェ、安くて美味しいピッツェリアなどがあり住んでる気分に。


a0060003_414239.jpgさっそく荷物を置いて夜のお散歩をしたけど、もうあっちこっちがまるでそのまま舞台美術のようで…
翌日からの観光にグッと胸が膨らむのであった。

[PR]
by j-suguita | 2011-10-06 04:16 | イタリア旅行 2011 | Comments(0)

日々の生活の中で、ふと思ったこと、感じたこと。


by hoooooh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30